2019年 7~9月期 ドラマ簡易感想というか自分用備忘録

夏ドラマざっくり感想でございます。
あな番、第1クールの序盤は登場人物の気持ち悪さに辟易だったのに、第2クールではすっかりどハマリしていた件w


月9:監察医 朝顔

初回から東日本大震災を絡めたガツンと頭を殴られる展開で、個人的にはお気に入りドラマでした。
上野樹里好きだと再認識。

監察医のドラマというよりかはホームドラマ寄りなんだけど、前半の父と娘の何気ない会話シーンがものっそ好き。

後半では桑原くんと朝顔の間に娘ができて、この子役の演技が自然であざとさゼロで、どえらい可愛かったです。

最終回は桑原くん死ぬ死ぬ詐欺なんて言われてたけど(土砂に埋まるシーンの既視感、コードブルー3の山Pだったw)、幼馴染みのお嫁さんが解剖質に運ばれて以来メスを持てなかった朝顔が、土砂災害で多数の被災者を前にしっかりとトラウマを克服し、被災以来祖父の故郷の駅から一歩も踏み出せないもうひとつのトラウマも克服した最終回は見応えがありました。

その1週間後に新撮をふんだんに交えた特別編がありまして、前半の新撮部分はおちゃらけた内容を交えつつ事件の振り返りで、課長のデスクの引き出しに眠る秘蔵の壺に入った何かが、ブレンドしたふりかけだったとかいうしょーもないオチだったり、新旧の鑑識マウント取り合い合戦だったりと、朝顔なのに随分くだけた内容で事件のことが殆ど頭に入ってこないというねw

実際ホームドラマとして見てたから、事件のことは幼馴染みのお嫁さんが亡くなった回くらいしかちゃんと覚えていないんですけどね←

後半は桑原くんとのなれそめをサラッとやった後に、東日本大震災絡みのお話をガッツリと。

朝顔が被災した時の様子が、新撮だったのかお蔵入りしていたのかは分かりかねますがかなり尺が増えていて、朝顔が祖父の故郷に足を踏み入れられなくなったというのも、そりゃそうだよね( ;∀;)と分かりやすい演出になっていました。

それはそうと原作が30巻も続いている事にビックリ!
原作ストック貯まりまくってるし、またやってくれていいんですのよ?


火9:TWO WEEKS

韓国ドラマのリメイクだそーで。

春馬きゅんもヒゲ面で父親役かよ…。
そんな春馬きゅんが歌えて踊れる人だとは思わなんだ。

こちらの子役も可愛い。

畳み方はなんだかな~だった。


火10:Heaven? ~ご苦楽レストラン~

第1話の過剰な演出に胃もたれして脱落者続出かと思われ。 

原作の佐々木倫子氏のマンガのノリを知っていれば、明朝体で「諦観」とばばーんと出る演出はいかにもなんだけど、演出くどかったな~。

初回からナレーションで出てた館ひろしはどういったポジションのキャラよ?と気になっていて、ラスボスだったらありきたりだなぁと思ったら、伊賀くんの数十年後の姿でなるほどだった件。


水10:偽装不倫

主人公よりもお姉ちゃんのピンク頭ボクサーとの不倫の方が俄然気になるドラマでした。

今年やたらとピンク頭男子が出てるけど、私的にははじ恋の横浜流星が不動の1位でずっと行くだろうなぁ。


木10:ルパンの娘

エロい深キョンが見れると聞いてシュバババですよw

内容自体は非常にバカバカしいんだけど、久方振りにBGMが良い仕事してて耳に残るドラマ見た希ガス。

ニーノ・ロータ版のロミジュリもどきなBGMはくどいけど(あ、最終回ではチャイコフスキーのロミジュリが流れてたやうな)、OP曲やてんとう虫出動のテーマとかカッコイイからサントラ欲しい。

OPタイトルバックもきっちり作り込んでいて、視聴率が振るわなくなるとタイトルバックを切ってしまうドラマ多くなる傾向があるのに、ラス前まで毎回エロい深キョンを流してくれて嬉しかったぞ。


金10:凪のお暇

ネット界隈ではあな番とコレが賑わっていたようですし、放送前は好きな役者ばかり出てるから期待値大だったものの、毒母に汚染されてビクビクしてる凪を見るのが辛かったです。

けれど脇が良キャラ多かったですねぇ。
スナック“バブル:”のママ(武田真治)の含蓄あるセリフなんか刺さりまくったですし(特にアンタは他人に興味がないのよ!のくだりは身につまされる)

モラハラクソ野郎の慎二も、メンヘラ製造機のゴンも、どっちとくっつくのもなんだかなぁ…と思って見てたけど、どっちかとくっついて欲しいと思って見てた人にとっては肩すかしなラストだったのではないかと。

そうそう、慎二が背負ってるリュックが可愛くて、一回り小さいのがあったらい欲しいなと思いました。


日9:ノーサイド・ゲーム

ラグビーW杯忖度番組なのか、池井戸潤原作にしては試練少なめでかなり薄味。

ホモにはウケてそうな気がしないでもないが、ラガーマンがうおおお!よりも、職人のおっちゃんたちがうおおお!なドラマの方が好きなもので。

そうそう、濱さんの中の人が元ラグビー選手だったとは知らなかったYO!
どーりで演技が棒だと…ゲフンゴフンw


日10時半:あなたの番です・反撃編

反撃編になってから投入された横浜流星でブーストがかかったかに見えたものの、新キャラ続々でコレちゃんと畳めるの?と心配してたら、伏線回収しきれずに終わったでござる/(^o^)\

結局安藤政信がただのワニ好きと判明した時の脱力感といったらw

↓以下あな番最終回当日に書いた感想文まるまるコピペ(ぉ

CMをすっ飛ばしたいから10分ほど録画を放置してから追っかけ再生で見ますたお。

何だか残念というか困惑しかない最終回だったわ。
来週から『あなたの番です~解決編~』やってくださらんか。

黒島ちゃんが犯人って、第1部から味方のフリして推理に参加してたから、ある意味犯人はヤスだった…ってコトデスカ…(混乱)
芝居が棒でしかも尺が長いもんだから、謎解明編なのに見ててキツかった。

ラスト5分のあれこれが訳がわからんすぎて、ツイ眺めてたら祭りになってて面白かったなぁ。
ツイッターで#検索してTL眺めるなんて初めてだぞ秋元め!

尾野ちゃんが序盤から怪しさプンプンだったのに、早々に黒島ちゃんが黒幕だと察知して、黒島ちゃんにPC投げつけたりマウスウォッシュで攻撃してた尾野ちゃん(でもナチュラルにサイコパスなんじゃが…)を褒め讃えるツイートに❤マークがリアルタイムで増える瞬間を何遍も目の当たりにしたわ。

私的には赤池のババァの孫が黒島ちゃんだった事の方が、黒島ちゃん犯人よりもビックリしたなー。

しかもババァ介護してる404号室の空気くん(空気過ぎて名前知らんw調べたら江藤くんだそうで)が、ラストシーンでババァ縛って放置してる犯人な気がするんですケド…。

会いたいよタイムでワニ愛でる安藤政信と(結局ワニ飼ってるの隠してただけかYO!)、ムショで『月間昇降機』読んでる袴田吉彦にじわったw
袴田は散々いじられたから、もうアパホテルの件は赦されてもいいと思うぞw(原田龍二は知らん)

半年もやってたドラマだけあって、あな番ロスが思ったよりもキてる件。
なんだかんだで第1部ラストの衝撃展開からどハマリしていたからなぁw

日テレに限らず半年スパン且つ1話完結じゃないドラマ増えて欲しいぞ。
10話で終わりなんて物足りなすぎるよ。

↑コピペ終了。
あな番大好きすぎかw


大河ドラマ:いだてん~東京オリムピック噺~ 3クール目

主役が中村勘九郎→阿部サダヲにチェンジしたら、更に見づらくなったでござる(ノ∀`)

阿部サダヲのシャカシャカしまくったセリフ回しとバタバタした動きは大河には合わんよ。コレ絶対年寄りセリフ聞き取れんと思う。


そうそう、今期は1話で切ったドラマは無かったです。
Heaven?はちとばかし悩みましたけどw

以上です。ご清聴ありがとうございましたm(_ _)m