2020年 5月期 ぼやき用ページ(5/31最終更新)

職場環境がどんどん締め付けが強くなってきて、コロナ鬱ってこんな感じなのかもしれんなぁといった5月のぼやきです。
( ゚д゚)ハッ!五月病待ったなし!?


◆5/31◆
札幌の紀伊國屋書店がいつの間にか日曜日も開いていたでござる。

という訳で、今年出るゆづちゃまの写真集第1弾『羽生結弦 SEASON PHOTOBOOK 2019-2020(Ice Jewels特別編集)』を買って来ましたよっと。

ギンガムこと田中宣明カメラマンによる写真集も今回で5冊目なんだそうですが、わし的にギンガムの写真は表情やアングルの切り取り方とかがあまりツボに来ないもんだから(スポニチの小海途神のお写真が好きすぎるもので)、今年はどんなもんかと思ったら、ファンタジーオンアイス2019の写真が多めで、初めてマトモに衣装の細部まで写っているクリメモ写真やら、バックヤードでのマスカレイドポーズやら首タオルやら、どこにこんなお宝隠し持ってやがった!?ってなショットが多かったですぞ。

一番好きなのは全日本選手権のエキシビション的位置付けでもあるメダリスト・オン・アイスでの雪が降り注ぐ中でのSEIMEIなんですけどね。
見たことないアングルの雪SEIMEIだったので、おおぅ…!と唸りました。

まぁこの写真集の最大の強みは、巻末にあるゆづちゃまの直筆メッセージなんですが、今年のメッセージかなり長いよ!

葛藤や懊悩が垣間見られる文章なのに、筆跡はそれを滲ませない並の女子より可愛い文字のギャップがなんとも…。

うむ、俄然小海途神と報知の写真集も楽しみになりましたわ。

◆5/30◆
5月も末となると日がかなり高くなって、夜7時でも明るいのが嬉しくもあり、日課のジョギングを明るい内にやるのは不審者丸出しで気が引けるのが、痛し痒しだったりする季節でございますな。

4月5月と薄ら寒い日々が続き、中々脱皮(薄着)が出来ずに過ごしてきたのですが、今日は春を通り越して初夏の陽気で、がっつり布団を干して、冬物のセーターとか全部洗って衣替えを敢行しましたよ。冷やし中華もはじめましたし。

おっ、久々にアニメ以外の事書いたなぁ。
HDDには地上波やBSで録った映画が沢山あるから、来週はその感想文多めになりそうな悪寒。

◆5/29◆
今週火曜日から毎日ハイキュー!!の劇場版総集編(全4作)をAbemaTVで見てて今日無事に見終えたんですが、テレビシリーズでやってたやつの総集編なんて意味あんの?って思ってた自分を殴りたくなるくらいどれも良かったです!

全4作とも約1時間半で、当然ながら試合シーンに焦点を当てているので、テレビで毎週ブツ切りになった状態で見るよりも没入感半端ないんですよ。

基本スポーツ観戦が好きなので、「一人時間差!」だの「どシャット!」だの、アニメなのにやたら力入って応援してしまいましたわ。
という訳でざっくりと感想をば。

・劇場版総集編 前編 『ハイキュー!! 終わりと始まり』(第1期の音駒との練習試合まで)

あぁ最初の頃こんな感じだったな~ってひたすら懐かしかったです。
第1期の作画ってアクが少なくて見やすいですね。

・劇場版総集編 後編 『ハイキュー!! 勝者と敗者』(第1期のインターハイ予選で青城に敗北するまで)

原作で青城に負けた時はうっかり寝込みそうになりましたが、この後編では青城戦よりも伊達工業戦で旭が壁をぶち破ったシーンが胸熱でした。

前編から見てると恐らく追加シーンがあったお陰なのか、3年生への感情移入度が俄然高くなってしまうんですよ。

・劇場版総集編 『ハイキュー!! 才能とセンス』(第2期の春高予選で青城にリベンジするまで)

青城リベンジマッチは、及川クッソイケメンってのは当然として、ピンチサーバーの山口が覚醒したのが今見ても熱いっす。

青城は及川以外のキャラがキャラ的にも弱いのがなぁ…。
というか狂犬要らない子すぎたわ~。

・劇場版総集編『ハイキュー!! コンセプトの戦い』(第3期の春高予選決勝での白鳥沢戦)

ジャンプ+でやってる『ハイキュー部!!』というユルいスピンオフギャグマンガでの白鳥沢担当回が、いちいち面白くてハズレ無しなもんだから、スピンオフでやっとこさ牛若以外のキャラの名前覚えたので(セッターの白布がいいツッコミするんよ)、白鳥沢戦を今見ると益々面白いですねぇ。

この試合ではやはりツッキーの覚醒がでかくてMVPでしたが、牛若の圧に屈しそうになる日向たち下級生を3年生たちが支える演出が鳥肌でもうね…。

というか4本ともいちいち泣けてしまってヤバかったです。
いやホント総集編とバカにせずに見て良かった!

これにてAbemaTVで見たいアニメは全制覇しました!
いいおうち時間を過ごせましたよ。
アベマさんよ、お盆の時期と年末年始もがっつりたのんます。

あ、FF7のサントラは買えずじまいでした。皆さん出足早杉ィ!

◆5/27◆
Σ(゚Д゚;エーッ!スポニチだけじゃなくて、スポーツ報知でもゆづちゃまの写真集出すの!?
コレで6月に出るソロ写真集3冊目らしい。

報知のカメラマンの撮る写真、色づかいが綺麗なのでこっちも( ゚д゚)ホスィ…
雨林早よページ完備( ゚д゚)ノ ヨロ

FF7のサントラ売ってなかったから、明日大通某所まで足伸ばすわ。

◆5/26◆
スポニチ小海途神と長久保爺が撮るゆづちゃま写真集第2弾『YUZU’LL BE BACK 2』が出ると聞いて、光の速さで雨林のカートにぶっ込んだわ!

昨年のも捨てカットがひとつもない神写真集だったので、今回のも超楽しみ!

◆5/25◆
今日はAbemaTVで最低限観たいと思っていた最後の一作『劇場版 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか -オリオンの矢-』を観ました。

TVシリーズ自体が地味作画なので映画版も派手さは無く、作画のみならずストーリーも平坦に進んでいったなぁといった印象。
先にノゲノラを観てしまったのもでかかったかも。

それからBSでやってた『エヴァンゲリオン新劇場版・破』も観たけど、ホンットどうして激熱な破から、「なにがQだよ!!」に続くんだか…。

あ、今週のジャンプで食戟コンビの読み切り載っていたけど、画力が高い人の描くホラーはどうにもダメで、これが連載候補にはならなければいいなと思いました。

あとはぼく勉でやっとこさ理系エピが終わってスッキリ~。

作者、理系持て余してた感アリアリだったなぁ。
関城と座敷わらし居ないと間が持たないってばよ。

文系ならピンで行けるから期待。
猪鹿蝶出張ってきそうだけど、どうなることやら。

◆5/24◆
明日から北海道も緊急事態宣言が解除されるらしいのですが、いい加減札幌地下街とかステラプレイスとか諸々開けて欲しいんですが。
コロナ禍でつくづく思い知らされたのは、独立型店舗は非常事態時に強いってことですな。

地下街やステラプレイスなど複合型施設内や直結だと利便性は高いけれど、こういった事態で全店休業となるとにっちもさっちもいかん訳で、Eエスタ(札幌地下街の中でも古株)直結のビックカメラは休業で、独立型店舗のヨドバシカメラは悠々と営業してる訳ですよ。

札幌駅周辺の本屋にしても然りで、三省堂書店(ステラプレイス内)、弘栄堂書店(アピアとパセオに1件ずつ)は休業で、紀伊国屋(現在土日は休業。クソが!)と文教堂は営業してるんですよ。

鬼滅の刃の20巻というビッグタイトルが出たのに売れんのは痛すぎじゃろって思ったんです。

そう言えば27日にFF7リメイクのサントラが出るとかで、どうせなら限定版が欲しいんですけど、ヨドバシとかで売ってるかなぁ。
水曜日に買いに行ってみようかと。

◆5/22◆
今日は回線が好調だったから、念願の『ノーゲーム・ノーライフ ゼロ』を観れました!

極彩色で目がチカチカするから見る人を選ぶTVシリーズの色彩よりも、世界観自体が滅亡後の世界でかなり暗いため、赤と黒と灰を基調とした色彩でそれでも暗すぎず見やすい印象。

空と白の前世のお話で、正直空と白よりも本作のリクとシュビィの方がキャラデザずっと好み。
それに劇伴音楽も好みでした。

滅びた世界の話だからもう後半ずっと鬱展開なんだけど(四肢欠損とかマジやめてくれ)、リクがシュビィにプロポーズするシーンとか結構泣けました。

レールガン2期も見終えたので(今回はアニオリ部分はイマイチだったかも。というか黒子が車椅子になったくだり、いつやったっけ?禁書3期?←トリ頭)、来週はダンまちとハイキューの映画版でも見てやろうと思います。

◆5/21◆
10万円貰える書類、アベノマスクよりも早くキタ――(゚∀゚)――!!
くれぐれも書類の書き方間違えるんじゃねーぞ。

今日は回線の具合がよろしくなく、Abemaに繋いでも録にアニメが見れんかったっす。
けれどもなんとか『衛宮さんちの今日のごはん』は全話見終えましたぞ。

ランサーがカフェでもバイトしてて、成り行きでアーチャーがヘルプに入ってオムライス作る回がものっそ好きでしたわ(この回どーゆー訳か再生回数多め)

というかこの世界線でのランサー、兄貴分増しててすこ。
カフェだけでなく花屋でもバイトしてて、何個バイト掛け持ちしてんのよ?

新妻なキャスターも健気でカワユス。
そして何よりも士郎、嫁に来てくれーw

◆5/20◆
昨日からレールガンの2期と並行して『衛宮さんちの今日のごはん』を見始めてます。

コレも無料配信が今週いっぱいまでなんで難儀だなぁと思いきや、15分枠(都合12分半くらい)で隙間時間に見るのにピッタリ!

Fate/stay nightのキャラたちが冬木市でのんびりと暮らし、士郎の料理に舌鼓を打つという本編の血なまぐささとは無縁のお話で、ランサーが商店街の魚屋でバイトしてたり、アサシン(佐々木小次郎の方ね)がサンドイッチ食ったり、美綴に弟が居たりと、あり得ないシチュであったり、細かな裏設定に新発見があったりで楽しいですぞ。

Ufotableの無駄遣いなほんわか省エネ作画かと思いきや、調理シーンの手順やレシピがガチですし(初回の年越しそばからして、しっかり出汁とかえしから作ってるのにビビる。道民は“めんみ"で楽をするというのにw)、士郎の家の襖が季節毎に柄が違ったり、調理シーンで壮大なゲーム音楽っぽいBGMが流れたり、ガチビーチバレーが始まったりと侮れん。

レールガン2期はシスターズ編が終わる第16話まで見ましたが、第2期は作画が神懸かってますな。
特に上条当麻とアクセラレータの戦闘シーンの第15・16話がJCとは思えないクオリティざます!

あと何気に黒猫ちゃんがすんげー可愛くて、鳴き声が何種類もあって可愛く、喉ゴロゴロ鳴らしてる時の鳴き声バージョンとか、音響監督が猫好きガチ勢なんじゃないかと思うくらい。

今月のぼやき、Abemaで見たアニメ感想しか書いてないなー。
まぁどこそこに出掛けたとか、いいアイテムを買ったとか、外食先のあれこれが旨いとか、髪を何センチ切ったとか、迂闊に書けない雰囲気だからなぁ。

緊急事態宣言は暫く続いてて欲しいんですけどね。
快速エアポートがガラガラで快適すぎるから(ぉ

◆5/19◆
昨日は『コードギアス 反逆のルルーシュ Ⅱ 叛道』を観ました。

3部作の真ん中って再生回数伸び悩みやすいんだけど、新規カットはこの2作目が一番多かったような気がします。

それに「スザク!!」「ルルーシュぅぅ!!」で終わる第1期から第2期への繋ぎがスムーズで、裏側のシーンがちょいちょい追加されているから、とても分かりやすい作りになっておりますな(ロロの本名が“ネブロス”と明かされていたり)

で今日は『コードギアス 反逆のルルーシュ Ⅲ 皇道』(おうどうって読む模様)を観ました。

新規カットの最大の見所は、シーツーがひとりごちるラストシーンの画とセリフがテレビシリーズと全く違うところ!

あとシャーリー生存ルートなため、シャーリーとシーツーが竹林で出会う意味深なシーンがあったりと、大改変が施されています。

にしても紅蓮が翔ぶシーンが激熱過ぎィ!MSもといメカは飛んでこそって思うのよ。
それに『モザイクカケラ』が入るタイミングが神懸かってたなぁ。

全体的な感想としては、玉城の声が変わってしまったのが残念極まりないです。
中の人が亡くなってしまったので仕方ないのですが、檜山声じゃ凛々しすぎるような。

全50話のテレビシリーズを7時間弱でよくぞここまで凝縮したなとは思います(オレンジがゼロ信者になるくだりが唐突すぎるけど)

『復活のルルーシュ』もなるはやで無料配信( ゚д゚)ノ ヨロ
というかBS11でやってくれんかのぅ。高画質録画するからさー。

あ、昨日のジャンプで鬼滅が完結してました。
善逸の奴、禰豆子とくっついたんかーいw(つーかこのPC、なんで善逸と禰豆子って一発変換出来てるのか謎。すだまさきは変換出来ないのに!)

◆5/17◆
こ、コードギアスの劇場版総集編3部作が超期間限定でAbemaで無料配信中…だとΣ( ̄口 ̄;)

と言う訳で今日は予定を変更して『コードギアス 反逆のルルーシュI 興道』を観ましたお。

まぁ殆どが総集編で新規カットはごく僅かなので、ルルーシュさん存外ダーツが下手くそwとか、冒頭で皇族の皆さんのお姿拝見とかくらいしか。

あ、ルルーシュ庇って傷ついたシーツーを介抱し、シーツーの本名を呼ぶシーンが好きなんですが、結局シーツーの本名って復活のルルーシュでも明かされてねぇのかよ!?

取り敢えず明日はⅡ叛道を観ます。

ノゲノラゼロの映画版も無料でやってるし(こっちはギアスよりも期間が長いから後回しにしている)、ホンマに1日24時間じゃ全然足りん。

◆5/16◆
『とある科学の超電磁砲S』(レールガン第2期)をAbemaで第11話まで見たのですが、1話目の内容全く覚えていない件。

というのも第1期はTVでは見れなくて、奇跡的にTVで見れた第2期が私にとってはレールガン初見な上に、キャラや専門用語などの情報量が多くて消化しきれなかったんですわ。

けれど先日晴れて第1期を一気見できて、しかも今やってる第3期も追っているので、第2期の1話目で美琴が第3期のキーパーソンでもある食蜂とバチバチやりあってたりしてて、ここからもう伏線なのね~としみじみしてしまいました。

更にこの第1話にはモブで松岡や島﨑信長や石川界人が出てたりして(松岡声、分かりやすすぎw)豪華すぎ!必見だったりします。

それと今日は全エヴァンゲリオン大投票もあって、裏番組2本録画したいのがあったけど、FF回を見逃したのを今になって猛烈に後悔しているため、食卓にあるHDDの3号機を久々に起動して録画することにしました。

コロナ流行ってからオカンがちっとも出掛けず食卓では録画が非常に見づらい状態なので、取り敢えずお盆までに見れればいいかなと思っています。

◆5/14◆
『ひぐらしのなく頃に 解』なんとか見終えました。
これがAbemaのトップページから直に見れない仕様なもんだから、再生回数延びない延びない。

第1期ではメインとなるキャラがかわるがわる4~6話くらいのお話で、様々なバッドエンドを見せられた訳ですが、第2期では4話目までは導入部で、残りはガッツリした話2本立てでした。

私的にはラス前エピソードの『皆殺し編(全9話)』が一番好きかも。
結果バッドエンドだったけれど、それまでに至る団結具合の盛り上がりが一番だったので。

ラストエピソードはラスボス側視点多めのエンディング後のエクストラステージみたいな趣で、しかも銃撃戦とか大人が出張る話になっちゃったので、結局死者はひとりも出なかったし謎も明かされまくったけれど、イマイチラス前エピよりか盛り上がりに欠けたかなといった感じでした。

重ね重ね第1期の作画が酷すぎたなぁ。顔芸は濃かったけどね。

明日からはレールガンの第2期を見るとしますかね。
Abemaのお陰で暇知らずですわ。ホンマ。

◆5/11◆
昨日は映画を観る日と決めたものの、感想書くの忘れてました。

昨日の2本目は『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』

ドラマ版では数年後の話をオリジナルストーリーでやってましたけど、広瀬すず主演の実話実写版の方でございます。
GWの日中に完全ノーカットで放送されていたのを録画しておいたので観ました。

コレがゴールデンで流せない理由は何となく察しました(主人公・ひかりの父親役がよりにもよってTKO・木下ってどうよ)
けれどゴールデンでEDブツ切りの雑編集されるくらいなら日中や深夜のノーカットの方が有難い訳で。

思った以上にダンスのクオリティ高くて驚き!(というかカット割りやカメラワークなどの演出が良かったのかもしれん)

準主役が中条あやみ、マッケンも出てて顔面偏差値高めかと思いきや、3年A組に出てたデブの娘まで出てて(割と踊れるデブだったw)、中々に攻めてるキャスティングだなぁ。

鬼コーチの天海祐希が『女王の教室』を思い出させるような怖い先生だったですお。
特に登場シーンのインパクトがでかくて。

尺長めで見応えがありましたよ。
というか広瀬すずはダントツに華がありますな。

あ、今日から『ひぐらしのなく頃に解』のAbemaTVでの無料配信が始まったので見始めました。
第2期になって作画がぐっとマシになった件。第1期からこの作画で作って欲しかったぞ。

◆5/10◆
今日は1日溜まった録画を見る日と決めてまして、色々がっつり観ました。

まずは『トイ・ストーリー3』から。不思議と縁が無くて初見です。

2が正直あまり好きじゃない展開だったけど3は面白かったです。空港になんか行かなくていいんです。

ウッディとバズや他のおもちゃたちの主でもあるアンディも晴れて大学生となり、CG技術の革新も相まってクソガキの面影はどこへやら。

大学進学とともに家を出るアンディは断捨離をせねばならず、おもちゃを屋根裏部屋にしまい込むのか、保育園へおもちゃを譲ってしまうのか、それともゴミとして処分してしまうのか…。

それでも余程思い入れがあるのか、ウッディだけは大学の下宿先に持っていこうとする模様(逆にスゲェわ)

ここでウッディと他のおもちゃたちとの間に深い溝ができ、屋根裏行きになるはずの他の子たちが手違いで保育園行きとなってしまって、その保育園が中々にハードでブラックな所だったからもうね。

めっちゃなんやかんやあって、最終的にアンディは近所のおもちゃを大事にしてくれる女の子(何気にトトロのぬいぐるみもあってじわる)に自分の家の子たちを全部譲ることになるんだけど、アンディがウッディを手放す時の表情が、ウッディ愛ガチで切なくて不覚にもウルっときました。

3の時点でも結構やられているというのに、4のラストが最高に泣けるとのことなので、4のテレビ放送が俄然楽しみになりました。

更に昨夜『ヱヴァンゲリヲン 新劇場版 Q』も観ましたお。

カヲルくんががっつり出ると聞いて、シンジとカヲルくんの濃厚接触シーンを楽しみにしていたのですが(ぉ、TV版の方が好み。
ピアノ連弾しようと誘う時の顔の角度とかは好き。

このQ、14年後の世界とかで、ミサトさんもリツコも他のみんなも中年になってしまい、サードインパクトも起こってしまってなんだかなぁ…。
コレちゃんと次で畳めるのか、予告段階のメカ作画もゴミっぽかったからスゲー心配。

というかにゃーにゃーうるさいメガネのセリフが聞き取りにくいったらないわー。音響監督誰よ?

◆5/9◆
ひぐらし第1期全26話やっとこさ今日見終えました。
GW中と土曜と回線重すぎて見るのスゲー疲れた。

個人的には鬼の一族の双子の妹(って書くとリゼロのレムっぽいなw)・詩音がメインの話が、一番長くてドロドロで顔芸怖くて面白かったです。

※さすおにの劇場版、無料期間10日くらいでした。すみません。

◆5/6◆
GW最終日にゆづちゃまが大作動画をリリース…だとΣ( ̄口 ̄;)

震災のあった2011年からの歴代プログラムの冒頭数秒をつなぎに繋いだ動画で、ホワイトレジェンドから始まり、SEIMEIで終わるのが見事!

ジャージ姿でキレッキレに舞って綺麗に捌けていく構成で、一見シンプルかなと思いきや、よくよく見ると『レツクレ』や『Origin』の時は髪型がオールバックになっていたりと芸が細かい!

ゆづちゃま、この機にYouTuberデビューしちゃいなYO!?
チャンネル登録してアホほど再生するからさー。

そんなステイホームGWでしたが、AbemaTVのお陰で暇知らずでした。24時間でも足りなーい!

しかも今日は『ヱヴァンゲリヲン 新劇場版 Q』の期間限定無料放送開始と、『劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女』が無料放送開始と重なってか、サイトが重い重い。

Qは1週間以上無料なので週末に回すとして、今日は“さすおに”こと魔法科高校の映画版を観ましたお。
コレ逃すと一生見れなさそうな悪寒がしたもので。

『星を呼ぶ少女』なんてロマンティックな副題付いてるのに、全然ロマンティックじゃなかった件。
「そして司波達也は伝説となる」ってCMでやってたのに、それほど伝説でもなかった件。

まぁこの作品、話が特段面白い訳でもキャラが立ってる訳でもなく、イケボでイケメンなお兄様を愛でるのが目的なのに、お兄様がダースベイダーっぽいいでたちで立ち回る後半が見ててキツかったっす。

前半は水着やお風呂など、あざといまでにサービスシーン連発だっただけに。

あ、幹比古が2年生からブルームに昇格するのは朗報でした(わし、お兄様も好きだけど幹比古スキーなんよ)

サイトがクソ重い所為か、ひぐらしは4話くらいしか見れんかったわー。

◆5/5◆
こどもの日って強キャラの誕生日のイメージが強い件。
あと子安とネイサンの誕生日って去年書いたような希ガス(うろ覚え)

そんなこどもの日の今日もAbemaTVでひぐらしの続きを見ようとしたら、『幼女戦記』の劇場版が無料配信されていたので、つい観てしまいました。

異世界かるてっとのお陰で、ターニャのモブっぽい部下どもも見分け付いたぞw

ひぐらしは3エピソード目が完結となる第13話まで見ますた。
ヘタレ作画が却ってグロさを緩和しているのかも。臓物引きずり出されるとかさ。

◆5/4◆
今日から配信開始されているひぐらしを見始めたのだが、このすばを彷彿させるへたれディーン作画で、コレがどうしてヲタクの間で流行ったのかが謎な件。

8話まで見たけど全部バッドエンドなんじゃろうか。

コロナ陽性でBBQしてゴルフやって、飼ってる犬が心配だからって高速バスで帰ったクソアマ、顔と実名晒せよ。

28日から家空けて2日まで犬放置ってのも許せん。

こいつが飼ってるのが猫じゃなくてよかった。
もし猫だったら猫飼いとして恥。

◆5/3◆
レールガンこと『とある科学の超電磁砲』の第1期全24話を今日見届けました!
いやぁ第1期面白かったですよ(≧▽≦)

原作に添っているのは前半の第12話までとのことで、ここまででも十分に綺麗に終わってはいるのですが、アニオリになる第13話からがこれまた良かった!

サブキャラ(ジャッジメントの巨乳先輩や、じゃんが口癖のアンチスキルのどんくさい後輩や、美琴や黒子が住んでる寮の寮監など)を丁寧に掘り下げ、ラストエピソードでは無能力者である佐天や前半戦の黒幕の木原せんせいまでも救ってしまう展開が激熱!

第2期は一応テレビで予備知識もなく、よく分からないまま見たんですけど、美琴が友達頼らずにひとりで頑張っちゃうのがなんだか残念だった記憶があるので、第1期のラストバトルではメイン4人がそれぞれ活躍の場があったのがすんげー良かったんですよ。

というか裏の主人公は佐天だった気がしますわ(後半は初春も頑張ってたなぁ)

あああコレちゃんとでかいテレビで見たかったわ~。
明日からは『ひぐらしのなく頃に』(第1期・全26話)を頑張って見ます。

◆5/1◆
ミュウたん(猫)の5歳の誕生日で、王子(猫)の命日でした。
取り敢えずGW中にやらねばならない事はあらかた片付けました。

レールガン1期の一気見計画は、6話目でノートPCが熱暴走起こすもんだから(寿命近し)、熱を逃がすために休憩を挟みつつ、ちまちま見る方にシフトしました。

第1期はレベル0の佐天に凄く感情移入できる内容ですねぇ。

キャラの身長とかプロフィールが知りたくてググったっけ、美琴が明日誕生日な件(牡牛座っぽくないんだが)

《4月の読書備忘録》
『下町ロケット ガウディ計画』池井戸潤


下町ロケットの続編・第2作目でございます。
前作を読み進めていた矢先に、ドラマ版の下町ロケット総集編が3週に渡って放送されたのは全くの偶然で大変驚いたものです。

原作はガウディ編の方が幾重にも張り巡らされた妨害工作にムカつく分だけカタルシスがでかいし、味方でもある一村医師が素敵なので面白いですねぇ。

なのでドラマ版のキャストがイマイチしっくりこないのが残念(小泉孝太郎は一応一皮むけた気がしないでもないが)

『クロスファイア・上』宮部みゆき

宮部みゆきの超能力モノ読むの久しぶりだ。
『龍は眠る』以来か。

パイロキネシス(発火能力)持ちの主人公・青木淳子が、レイプ犯だのどーしよーもない連中を私刑する話なんだが、コレなんかどっかで見たことある話で、映像化されたのを見たのかもしれない。

斉木楠雄を読んでたから、超能力のあれこれがかなりスッと入ってくる件。

【自分用メモ】
ひぐらし 全26話 1週間で見切る
ひぐらし解 全24話 1週間で見切る
まどマギ映画 前後編
エヴァQ

できればレールガン2期 全24話 倍速でも良いから見直したい


というわけで、こんな感じに随時書き足しますが、書き足す場合は読みやすいように、上の方にどんどん追記しますわ。

以上です。ご静聴ありがとうございました!