2020年 6月期 ぼやき用ページ(6/30最終更新)

ステラプレイスや札幌地下街の営業が再開され、スーパーの折込チラシも入るようになり、決して油断はなりませんが、やっと最初の一歩を踏み出せたといったところでしょうか。

※先月に続き、AbemaTVで観たアニメ感想多め
アニメ感想ブログやってんの何年振りだよアタシw

◆6/30◆
ゆづるてんでのグッズ通販、SEIMEI柄の今治タオルがあるそうです。
ハンドタオルサイズだそうで、ハンドタオルものっそ使うから、特に気に入ったの2個買いしてしまいそう。

ゆづちゃまの付録が付いてくる家庭画報、数年前に買えずじまいだった紺の羽織袴姿のものも載っているから絶対に買わなくては~!
額縁に飾りたくなるくらいいいんですよ紺の羽織袴写真!

アカン、今月から来月にかけて廃課金モードになってしまっているでわないか!

それはそうと紅蓮華の練習してたら、アナ雪のレリゴーの大サビの部分の声がものっそ出しやすくなったですよ。
紅蓮の華よ咲き誇れ~♪の華よのところのキーがクッソ高くて血管切れそうになるからなぁ。

◆6/29◆
今日は久方振りにテレビで動いてるゆづちゃまを拝めたのですが、冒頭4分だけかYO!

いやいやいや、わしが結構推しているエイモズ君とツーショット撮るシーンのエイモズ君がナイスリアクションだったりで、見て良かったんですけどね。

でも氷ソムリエはもうやめた方がいいと思うの。

あーホンマ動く結弦成分が生活に全然足らんわー。
写真集3冊買っても足らんわーつらいわー。

『狼と香辛料Ⅱ』(全12話)を見終えました。
2期は制作会社が変わった所為なのか、ケモミミ少女の顔が可愛くなくなったような。

内容的には『ケモミミ少女・求婚される』と『ケモミミ少女・売られそうになる』の2本立てだったのだけど、この2期ではケモミミ少女がついぞ狼に変身するシーンも無く、大した盛り上がりもせず、しかも尻切れトンボで終わった気がします。

第1期から全編にわたって、持って回ったような台詞回しが万年脳味噌回転不足な自分的には合いませんでした。
脳死でも理解出来るレベルの日常orきらら系か、俺TUEEEEな厨二アニメじゃないとダメな模様です。

EDで原作イラスト担当の方が描いたイラストの数々が可愛かったくらいしかポジティヴな感想を書ける要素が無かったです。

アニメ流刑地に棲む北海道民がBS11の存在を知る前に都心などで流れた作品を、失われた時間を埋めるかの如く貪るように見てきたのですが、Abemaで無料で全話見れそうなアニメがいよいよ無くなってきましたぞ。

Abemaさんよ『灼眼のシャナ』シリーズを2週ずつくらいでⅠ~Ⅲまで無料配信してくださらんか(吐血)

◆6/28◆
あぁそろそろ3ヶ月に1度の作文(アニメとドラマの感想まとめ)を書かねばならん時期がやってきた。

今クールは見たの少ないからあっちゅー間に書けそうなものなのに、やる気スイッチが全然入らなくて困る。

ドラマの方は明智五郎と大河だけになりそうなので、ギリギリで始まった連ドラの初回感想なんぞも抱き合わせで書いて嵩増ししとかないとなぁ。

キムタクのやつの続編は斉藤工とのバディ物にしろよって思ってたらホントにそうなったからいいとして、ハケンの続編が酷すぎてスカッとしないジャパンよりもスカッとしない件(思わずフライングで書いてしもうた)

◆6/27◆
月曜日が祝日な訳でもないのにジャンプが土曜日に出てるってどゆこと!?

オカンがロイズの生チョコを買い足してくれよった。
いかん、益々腹回りの肉が分厚くなってしまう。

◆6/26◆
【朗報】ゆづるてんのグッズ通販をすると、先着順で『仙台巡り』が同梱される模様

私は昨年奇跡的に親戚から1冊貰えたんですが、未入手の方はこの通販に賭けるしか!

…こうなるとやはり初日の鯖との戦いがどえらい事に((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

暇なので金ローでやってた『バック・トゥ・ザ・フューチャー』1・2を久々に見たんだけど、ハリウッド版ドラえもんなもんだから(マーティ父がのび太で、マーティ母がしずかちゃんで、ビフがジャイアンで、ドクがドラえもんで、マーティがセワシ?)今見ても普通に面白いですな。

タイムパラドックスネタも好物ですし。

あとはBSでやってた久石譲コンサートinパリも、ジブリ映画の美味しいどころ取りな構成で録画しておいて良かった~。
トリをトトロで締めるのはホンマよう分かっとるわ~。

◆6/24◆
使い捨てのサージカルマスクや、フツーのウレタンマスクだと暑苦しくなってきたので、接触冷感マスクを試しに買ってみた。

良さげだったので夏は何とか乗り切れそう…かな?

◆6/23◆
今年も読売主催の羽生結弦展が開催される予定だったらしいのだが、コロナでぶっ飛んでしまったので、サイト上での展示とグッズ通販のみになった模様。
いつもこーゆーイベントでハブられる道民としては寧ろ大歓喜!

しかもグッズ通販は受注販売なので、サーバーとの戦いに加わる必要ナッシング。ゆっくり選んで買えばよろし。

売上金は新型コロナウイルスで打撃を受けた人や、医療従事者などに寄付されるとのこと。
社会貢献もできるから勇んで諭吉も飛ばせるというものだ(10万円使い切ってしまったのがちょい痛いところ)

あー楽しみ♪アクリルスタンドあるといいなぁ。ホプレガのアクスタがスゲーお気に入りで、飾り棚に入れて一等地に飾ってあるわ。

先週1週間は忙しかったのと見たいのが微妙に無かったからAbemaTV見るのをお休みしていたのですが、今週は何かないかなーと覗いてみたら、『狼と香辛料』『狼と香辛料2』が無料期間で(以前も無料期間あったのですが、他に見たいものが沢山あったからスルーしてました)、大昔読んでいたとあるアニメブロガーさんが絶賛していたのを思い出して、まずは第1期を見てみましたよ。

おっさんとケモミミ少女のまったりファンタジーかと思いきや、銀貨のレートがどうの、商会がどうの、教会まで絡んでくるきな臭い経済モノで、しかも会話がウィットに富んでいるというかストレートな言い回しをしないものだから(ケモミミ少女がどーゆー訳か郭言葉使ってるから尚更)、アフォな私には殆どお話のカラクリが理解できなかった件。

第1話でケモミミ少女の全裸シーンが結構多いから、エロ目線で見ようとするとかなり手痛いしっぺ返し食らいますぞw

キャストがルルーシュとカレンのコンビなので安定感抜群で、別の意味でニヨニヨできましたけどね。

◆6/21◆
ロイズの生チョコのマイルドカカオをじじいに全部食われてムカついたので(ガーナビター食えや)買い足してきたお。

東急のデパ地下だと限定品の『アマンド サレ サブレ』(アーモンドクッキーの底面にキャラメルチョコがコーティングしてある。キャラメル系スイーツに目がないもので)が売ってないから大丸で買ったんだが、立地が良すぎるのと札幌往来自粛解除でえらい混んでたわ。

札幌駅周辺の人出も先週とは大違いで街に活気が戻ってきましたな。

大丸のロイズ、おひとりさま1日60箱までって書いてあったんだけど誰が60箱も買うんよ?転売するにしたって賞味期限来月半ばだぜ?
というか在庫のダブつき説、あながち間違ってなかった悪寒しかしない。

コロナ太りにこそならなかったけど、ロイズ太りが結構ヤバめな今日この頃。
あやつ、ひとかけらでも結構なカロリーしやがるからなぁ。

◆6/20◆
今日は久々にイオンやら某ショッピングモールやら(イオンはあちらこちらにあるからいいとして、後者は居住区がバレるから書けん)出掛けまくったんだが、皆さんどんだけ自粛生活で鬱憤溜まってたんよってなくらいどこも激混みだったよ。

先週末の札幌駅周辺よりも人出多いってどんだけ~。

◆6/19◆
ゆづちゃま写真集3部作・最後の1冊の報知写真集がキタ――(゚∀゚)――!!

デカっ!重っ!コレは書店じゃなく通販で正解だったわ。こんなん札幌から持ち帰るの無理ゲー。

正方形で、表紙はフェルメールの有名なやつを彷彿させ、中身も美術書を意識しており、余白が多くて贅沢な作りとなっています。

報知のカメラマンは青みがかったクールな色づかいで、瞬く間に羽生沼民の間で有名になった矢口さん(やぐっちと呼ばれてるらしい)という方で、昨シーズンから本格的にゆづちゃまを撮りだしたらしいのですが、やはり競技中のものよりもオフアイスの写真の撮り方が巧い印象を受けました。 

スポニチの写真集・YUZU'LL BE BACK ⅡでもNHK杯の真駒内周辺を歩いているのや、全日本でスーツ姿で会場直行姿が良いと言っていたのですが、やぐっちの全日本スーツ姿の破壊力が一際ヤバイっす。このページ額縁に入れたいくらいに。

競技中とは異なるのですが、グランプリファイナルで爪痕を残そうと4Aの練習をした時の分解写真が収録されているのはこの写真集だけで、見開きバーンと載っているので、やはり他とは一線を画す作りではありました。

さて、ようやく3冊揃ったので見比べてみましたよ。
手に入れた順につらつら書いていきましょうか。

『羽生結弦 SEASON PHOTOBOOK 2019-2020(Ice Jewels特別編集)』(田中宣明)

《良かった点》
・羽生結弦氏直筆メッセージがある!!!!!しかも泣ける!!!!!
・ファンタジーオンアイス2019の写真が収録されている。しかも滅多に見られないショットも多数!
・他2冊よりトーンが明るめで、Originの薔薇と蝶の衣装はこれが一番映える
・全試合のプロトコルが載っている(私的には見ると血圧上がる試合もあるから一概に良いとは言いきれんのだけど、資料的な価値はあるので)

《イマイチな点》
・試合のオフアイスの写真が殆ど無いし(要らんという人も多かろうが)、エキシビの写真もイマイチ
・ギンガム田中氏の写真は他誌のカメラマンより個人的にはあまり…

『YUZU'LL BE BACK Ⅱ羽生結弦写真集2019~2020 (Dancin'on The Edge3)』(スポーツニッポン新聞社・長久保豊・小海途良幹)

《良かった点》
・小海途神も長久保爺も写真が巧すぎる上に、画素も細かくて被写体の魅力を全面に引き出すうっとりする写真ばかり(特にノッテステラータがヤバい)
・全試合の一問一答が収録されており、コレ1冊でシーズンを振り返られる(振り返りインタページは枠に衣装を巧く使っていて仕事が細かい)
・スポニチ面担とスポニチ1面のコーナーに愛を感じる
・カバー裏にまでぬかりがない。一瞬の隙さえも与えない見事な作り

《イマイチな点》
・昨年の『YUZU'LL BE BACK』よりもトーンが抑えめの印刷なのがモヤる。昨年が国民栄誉賞の袴姿まで載ってる神写真集すぎただけに

『羽生結弦 2019-2020 』(報知新聞社・矢口亨)

《良かった点》
・装丁がオシャレ
・特にオフアイスの写真が魅力的
・4Aチャレンジ写真見開きバーン

《イマイチな点》
・オシャレすぎて余白が勿体ない作りで、この写真でかく収録してくれよ~!と歯痒くなることが多々あった
・デカすぎてガチで置き場所に困る

【結論】
3冊の中でどれか1冊しか買えないとなると、やはりスポニチのを推したいところです(個人的には昨年の方がマジ神なんだが)
なんやかんやで小海途神の写真が一番好きだと再確認できたので。

ご清聴ありがとうございました<(_ _)>
…ピンで記事書きなさいよアンタ。

◆6/18◆
今週のかぐや様が神回だったー!

表情もキャラもイマイチ摑みどころのない大仏(おさらぎと読む)の過去が明かされたんだけど、大仏が石つば推しの理由がハッキリして、立ち読みしてて泣きそうになったわ。

原作の赤坂アカ先生が誰か忘れたけど対談した時に、伏線を見破られてヤバイと思ったっての、この大仏の挙動についてだったのではと思ってみたり。

石上スキーなので今後どうなるかの結果によってはコミックス揃えるやもしれん(ヤンジャンに移る前の第1話から読んでる勢の割に持っとらんのかーい!)

昨日すっかり書き忘れてしまったのだけど、マガジンでゴッ輝が久々に載ってて(確かドラマ化されてるよなぁと調べてみたら平岡祐太が主演だったでござる)、しかもコロナネタ取り扱ってるなんて、相変わらず講談社は攻めてるよなぁ。

マガポケではいじめマンガばっか載せてるから閉口気味なんだけども。

◆6/17◆
定額給付金交付通知書がキタ――(゚∀゚)――!!
4Kテレビの代金が引き落とされる前に届いて何よりである。

◆6/16◆
雨林から『YUZU'LL BE BACK Ⅱ』がキタ――(゚∀゚)――!!
雨林の見本にも載ってる左手にバッグ持って右斜め上見てるショット、これめっさ好きなので紙媒体で手元に残せるだけで嬉しい!

NHK杯のショットが好きなの多めでした。
その辺の並木道歩いてるだけでも絵になりよるからな。

グランプリファイナルのエキシビのノッテステラータのショットも全部良かった!
ハイドロをバックショットで撮っているのは色味も他と違って、しかもバックショットなのに一際素敵なんですががが!

あとはお疲れちゃんの全日本のスーツ姿がタマランのですわ~!
お疲れちゃんなので険しい表情してるのもあるんだけど、それが却ってCEOみ増すって言いますか。タマランです!

スポニチ面担さんのページも相変わらず収録してあったり(面担さん良い仕事するんだこれが)、スポニチ1面だけをズラーッと並べたページもあったり、それぞれの試合での一問一答も収録されていたりで、写真集としてだけでなくアーカイヴとしても役に立つお得すぎる内容ですぞ!

ただちょっと気になったのは全てのページで印刷の色味を抑えている所。

全体的にトーンが控えめで、紫Originの薔薇と蝶をイマイチ堪能できなかったりするんです。
折角レアな髪下ろしてるNHK杯エキシビの紫Originのショットもあるのに。

敢えてそのような構成にしたのだろうとは思うのですが、コストダウンのためなのかしらと勘繰ってしまったり。

◆6/15◆
矢吹神がWJに帰ってキタ――(゚∀゚)――!!
11年振りのジャンプ本誌なんだそうです。

すっかりデジ絵までも極めておいでで、ダリフラの連載は決してムダじゃなかったようです。
フツーに男の子もカッコ良くなってね?

それなのに女体化要素要らねぇ!
つーか百合方向に進みそうな悪寒w矢吹神の画なら許せるが。

約ネバが最終回だったけど、もうちょっと余韻に浸りたかったヨ…。

約ネバは4年も連載が続いたそうですが、連載当初、綾瀬はるかの辛気臭いドラマに設定激似とか言ってて、そのネタ何遍当ブログで書いたことかw
全然違うじゃねーか!作者に謝れ!

作画担当のぽすかのカラー画、電球色の食卓というか、焚き火のようなオレンジを基調とした暖かい色づかいで好きだったわ。

ハイキューも日向が個の力で星海や牛若への清算が果たされ、最終回へのカウントダウンが近づいて来て震えが止まらない…。

◆6/14◆
キジトラ猫のミュウたんがウチの子になってまる5年が経ちました。

最近のマイブームはバードウォッチングで、スズメが巣作りして出入りするのを見ては大興奮でございます。
日中はずっと観察してるんじゃないかってくらいに。

ロイズの生チョコは札幌東急のデパ地下で買うと待ち時間少なめ~。
日曜の昼下がりに3人しか並んでないって穴場じゃね?

◆6/13◆
4Kテレビがキタ━(゚∀゚)━!!
設置に超手間取ったけど、無事にブルーレイにも繋いで録画動作確認もしたから大丈夫っぽい。

今まで使ってたテレビが20年くらい前の物なので、テレビでつべやAbemaも見れるようになるなんて思ってもみなかった!
4K見ると地上波に戻れなくなる~。益々廃人まっしぐらじゃねーのw

ただこのテレビ、スピーカーが下に付いている所為か、音質がすこぶるよろしくない。
プラ版で反射させると吉とあったので改造を施すか、サウンドバーを買うしかなさげ。

音質以外は満足なのになぁ。やっぱネット通販じゃなくて実物見て買わなきゃダメだわ。

そうそう、数日前からロイズが生チョコを半額セールやってて、買おうとしたら大行列だった件。密!!!

25周年と銘打っているけど、コロナでダブついた在庫を処…ゲフンゴフン。
半額でうれちー!じゃなく邪推が先に出る辺りホンマ性格悪いわー。

それはそうとロイズの生チョコ、クッソ値上げしてから道民誰も食わん状態だったのに、数年振りに食ったら以前よりかなり美味しくなっていて驚きました!

おまけに10年以上前くらいに、当ブログでロイズの生チョコでイチオシと絶賛していた“レミーマルタン”が、装いも新たに復刻してるではありませんかーっ!(昔は黒い箱だったのに、ワインレッドの箱に生まれ変わっていたよ)

500円以上も値上げして半額対象外だから庶民には手が出ない…(*´σω・、)ホロリ
ブログ内検索したら、ビターで酒臭いばっか書いとったけど、ホントにイチオシなのよ!

遅くなりましたが櫻井孝宏さんハピバ☆
FF7リメイクのクラウド声を聴けない不肖者ですみません。

◆6/12◆
『とある魔術の禁書目録Ⅱ』(全24話)見終えました。

超電磁砲(レールガン)の方を先に見ていた身としましては、欠けていたパズルのピースが埋まりまくってスッキリしましたよ!
黒子が大覇星祭の時に車椅子生活だった理由とか、アクセラレータが首輪して杖生活してる理由とか全部解りましたしね。

第2期はローマ正教云々のくだりは面白くなかったんだけど(特に女王艦隊エピは早送りしたくて仕方なかったw)、一方通行(アクセラレータ)さんが人気出たからなのか、後半は当麻じゃなくてアクセラレータの方が主人公じゃんってなくらい掘り下げてたし面白かったです。

アクセラレータとラストオーダーちゃんが互いに名前呼び合うシーンは(とあるシリーズ全アニメの中でも、この回しかなかったのではないかと)ぐっときましたしね。

この第2期の一方通行さんはほぼ現在の岡本信彦ボイスになってました。
ラストオーダーちゃんの日高里菜も芝居が大分こなれてきて子役感が薄まってたやうな。

ただ基本当麻がグーパンで殴って決着な上に、第2期は女性の敵キャラが多く、当麻さん女の顔面も容赦なくグーパンかます訳ですよ。
フェミが発狂するから、おいそれとBSでも再放送できないのではないかと邪推してしまいましたわ。

それからローマ正教の神の右席の連中の顔見せをして、これから科学側と魔術側の戦争が起こりそうなところでアニメが長期中断してしまった上に、待たされた揚げ句の第3期がホントに残念な出来だったものだから、10年以上前からアニメを追っていた層はさぞかしガッカリされたのではと思いました…。はい。

ようやくこれでとあるシリーズのアニメは全制覇できた訳ですが、レールガンの第1期がダントツに好きですわ。
キャラの描き方や構成が丁寧で好感持てるので。

来週も何かツボに来るアニメが無料配信されているといいなぁ。

◆6/10◆
アベノマスクキタ――(゚∀゚)――!!

うん、ちっちゃい!
非常用袋に入れるのが吉らしいですぞ。

◆6/9◆
『はたらく魔王さま!』(全13話)を見終えました。

コレ個人的にはかなり好きなアニメですね。
BS11でやってくれたら絶対ブルーレイに焼くのに!ってなくらいに。

一昨日のぼやきにも書いてますが、異世界の設定がかなり作り込まれているので(わざわざロードオブザリングのエルフ語みたいな異世界の言語まである)、1クールで終わるのが勿体なくもあり、ダラダラ続けてグダグダになるよりかは綺麗に終わったので、これで良かったのかもしれません。

魔王の側近が勇者と魔王の攻防の顛末をゼネコンに置き換えて現世の勇者の同僚(女)に話して聞かせるシーンが地味に好きで、魔王の側近と勇者の同僚にフラグ立てばいいのになぁ…って見てました。

この魔王の側近が後半腹下しっぱなしで、しかも甲斐甲斐しく魔王に差し入れしてくれる隣人も現れたため、側近としても主夫としても役立たずになってしまったのがちとばかし残念ではありました。

魔王の側近大好きすぎかよ私w(いや、ニート小僧なルシフェルも割と好きなんだけど)

◆6/8◆
今日は『Re:ゼロから始める異世界生活 氷結の絆』を観ましたお。

ほぼほぼエミリアたんとパック(猫)しか出て来ず、前半が特に銀髪ハーフエルフ=嫉妬の魔女として忌み嫌われるエミリアたんの、孤独でコミュ障な哀しすぎる生活が淡々と描かれるだけなので、見ていてかなり退屈というかしんどかったです。

後半は焔の馬みたいなやつが出てきてバトルになり、エミリアたんがスノボ(スノボ言うなw)上手かったり、パックが本気出したりして、ようやく画面も話も動きが出てきたはいいけど、パックの受けている“制約"とか説明不足な部分が多かったやうな。

エミリアたんとパックが正式契約するシーンはTVCMでもPVが流れていた場面なので感動的なハズなのに、パックが「この戦いが終わったら“リア”って呼んでいい?」なんて訊くから、普通なら死亡フラグだよなーとか余計な事ばかり考えてしまって、完全に自分の落ち度なれどイマイチ感情移入しきれないまま終わってしまいました。

昨日観たハルヒが良すぎたってのもあるかも。

今日から禁書2期が2週間も無料期間があるようなので、はたらく魔王さま!を見終えたら、のんびり見てゆこうと思っています。
その後はいい加減HDD録画に手を付けられそうかなぁ?

今週のジャンプで幽奈さんが終わってたんだが、来週約ネバも終わりそう(;´Д`)

けれど矢吹神がWJに戻ってくるってんで(完全にエロコメ枠ですねわかりますw)、ガチカンフル剤になりそうですな。

ハイキュー!!のベストオーダー人気投票、セッターの1位影山と2位及川さんが超僅差で震えたわ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
影山勝っててヨカッタヨー(*´σω・、)ホロリ

木兎と牛若がそれぞれ1位なのが嬉しかったわ~。俺得でしかないオーダーだった(≧▽≦)
つーかオポジットって何よ?ってググったわ(セッターの対角線上に居るポジで、左利きの人向けで、昔のスーパーエース的な役割らしいよ)

◆6/7◆
今日は予定通り『涼宮ハルヒの消失』を観ました。
これが2時間40分強というアニメ映画では最長ではないかというくらいの長尺!

映画だからこそ出来る尺の使い方で、ゆったりとした丁寧すぎる作りとなっており、派手なアクションをする訳ではないのに、日常生活の描写や指先や目線の動きまでもが繊細で、この技術の粋を集めた京アニが焼失したことが残念でなりません。

( ゚д゚)ハッ!しょっぱから締めモードになってしまいましたが、とにかく本作は長門が可愛すぎです!

長門が主役なのではと思いながら観ていたらホントにそうだったようで、ハルヒが巻き起こす騒動(その最たるものがエンドレスエイトかと思われ)にストレスを感じた長門が、ハルヒの居ない世界線を作り出してしまうお話なんですが、それだけじゃなくキョンを独占したい恋心もあったからなのではと思ってみたり。

ホントにそれくらい長門の表情や仕草が魅力的でした!

あとはとにかく杉田お疲れ!と労いたいw
キョンのモノローグやセリフ量が半端なく多いので、杉田は5倍ギャラ請求してもいいくらいだったぞw

近頃ヘビーなアニメばっか見てたから、ちとばかしガス抜きに緩そうなのを見ようと思いまして、『はたらく魔王さま!』を見始めました。

これが異世界の世界観がしっかり作り込まれており、勇者に追い詰められて日本に逃れてきてからの流れも面白く、マックでバイトする魔王(しかもかなり有能)とコルセンでバイトする女勇者って設定だけでもじわる。

キャラの日本名のもじり方も面白い(ルシフェルが漆原ってのが特に巧いと思った)

脇キャラも魔王の側近(原作のイラストの方が美形なのが惜しい。WhiteFox作画もうちょっとガン( ゚д゚)ガレ)が主夫やってたり、魔王のバイト先の同僚のJKも普通に可愛くて、見ていてストレスが無いのがいい。掘り出し物でした。

…自粛期間中よりも全力でステイホームしてる件。
人出が多くなったから正解かもしれん。

そう言えば先日、雨林で報知から出るゆづちゃまの写真集の予約がようやく始まったからポチりました。

写真集2冊分と4Kテレビの通販で10万円まるまる使い切る形となりました。いい買い物した~。
全部まだ届いていないけど満足である。

◆6/6◆
『とある魔術の禁書目録』第1期・全24話見終えました。

当麻ってインデックス助けるために記憶喪失状態だったなんて、コレ見てなきゃ全然気付きませんて!
というか当麻、何遍入院してんの!イマジンブレイカー強スキルのハズなのに人生がハードモードすぎる。

シスターズのくだりは禁書が原典なんですねぇ。私的にはおさらいのハズだったんだけど、レールガンの時よりもセリフ量が多いから、色々気付きがあって新鮮でした。

アクセラレータが松葉杖生活になるくだりも判明して、やっとこさ色々補完できたのでスッキリしました。

一応ヒロインはインデックスのハズなんだけど、ビリビリこと美琴との絡みの方が印象的だったなぁ。

それから、るろうに剣心のOVAの『星霜編』と『新京都編』が無料だったから思わず見てしまいました(『追憶編』は無料期間が過ぎてました(ノ∀`)アチャー)

星霜編は本誌連載終了から15年後の続編です。

原作やテレビアニメ版とはかけ離れた落ち着いたキャラデザになっていて、当時はあまりの改変振りにアレルギー反応が出たんですが、20年近くも経っているので作画についてはフラットに見れました。

薫の追想という形で物語が綴られており、ついぞアニメ化されることがなかった人誅編(縁の話)も映像化されています。

が、これが正史だったら辛すぎるラストでした。

剣心の中で未だ人斬り抜刀斎だった頃の贖罪は終わっておらず、政府の要請を受け続けて旅に出ている間に不治の病に罹ってしまいます。
描写からおそらく梅毒かハンセン氏病辺りかと思われますが、梅毒だったらショックが大きすぎます。

そんな剣心の痛みを分かち合おうと、薫は肌を重ねて同じ痛みを引き受ける選択をします。

この選択は賛否両論ありそうですが、全編に渡って薫が実にいい女になっているなと思いました(縁にごはん作ってあげるところとかも)
キャラデザの改変もいい方向に作用したのではと。

新京都編は尺が足りなーい!駆け足すぎるわー!
特に後半は戦闘シーンあと15分くらい尺が欲しかったよー!

星霜編が画面のトーン暗かったから、新京都編は色彩とか明るく綺麗になっているんだけど、キャラデザがなんかビミョーだったわ。

操視点での新編集だというのに、蒼紫様ってば殆ど死に体の剣心に一撃で額を割られて終了って要らない子すぎだろ!
小太刀二刀流、隠居した翁相手に放ってドヤっただけだった件←昔好きだったキャラなのに酷い言い草だな管理人。

というか星霜編の縁の度を超えたシスコンっぷりといい、新京都編の蒼紫様の厨二病っぷりといい、病みすぎにも程がありますな。

この新京都編は2012年に作られたのですが、薫が本業が声優ではないので声の衰えっぷりがキツかったです。星霜編の薫は良かったのになぁ。
あと志々雄の声はもうちょっとマシな声優おらんかったんか。

新京都編は師匠(比古清十郎)が一番カッコ良かったですじゃ。以上です。

明日は涼宮ハルヒの消失を観る予定です。

◆6/5◆
Abemaでの無料公開が明日いっぱいなので『劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者』を観ますた。

これ旧作アニメ版の最終回の数年後で、しかもパラレルワールド設定でナチスドイツ軍とか出てくるもんだから、うっかりおいそれと地上波とかで流せないのも解る希ガス。

BGMも画面のトーンも暗く、ハッピーエンドとはとても言い難い内容だったので、見てて鬱になりそうな映画でした。

旧作なので大佐が大川透さんなのが嬉しいですけどね。
それにヒューズ中佐やアームストロング少佐など、亡くなった方の声が聴けて泣けます(内海賢二さんの声好きだった。特に石田さんチナレーションとか)

禁書1期も順調に見ておりまして、一方通行さんの声が若くてビックリしたw
岡本信彦、喉潰すくらいドスきかせる役ばっかやってるからなー。

あ、打ち止めちゃんのキャストが今と違うかと思ったら、日高里菜がガチ子役で子役っぽい声の出し方してたから違和感を覚えたのだと、こちらも驚きました。

明日には完走できそうです。

◆6/4◆
今週のヤンジャンのかぐや様で、白銀父がユーチューバーになる話がツボ過ぎて、立ち読みしながら肩が震え、危うく吹くところだったぞ(不審者!)

キングダムは丁度新展開で、信(主人公)が遂に将軍に!
ずっと読み続けている人にとっては超胸熱シーンだったのではないかと。

AbemaTVでリゼロ映画・氷結の絆が来週いっぱいまで無料なので、折を見て観ようと思っています。
涼宮ハルヒの消失(コレ尺が超長い)も来週いっぱいで、こちらもなんとしても観なくては。

HDDに入ってる映画が消化できそうもなさげ~。
元々暇潰しは得意なんだけど、ネットさえあれば一生暇知らずだなこりゃ。

◆6/2◆
まだまだ10万円が届きそうもないのに、4Kテレビをポチってしもうた。
好きなメーカーで外部チューナー無しでも4K見れる予算内ピッタリのやつ~。

金ローでやってた『キングダム』と『名探偵ピカチュウ』を先日別々の日にですが見ますた。

キングダムは絵柄が苦手系なもんだからマンガは敬遠していたのだけど、顔面偏差値高すぎる実写化でクッソ熱い話なんで、アニメ版とか見たくなってしまったぞ。

吉沢亮の王様が美形すぎて、クラクラしっぱなしだったわw
長澤まさみの山の王がハマリ役すぎてカッコ良かったわ!

今回映画化された部分って本当に最序盤なんですねぇ…。
ラスボスは大沢たかおがやってたキャラ?←ちげーよ

キングダムのラスボスをググったら、まだハッキリしていない模様。
というかキャラ名の漢字が難しすぎて読めなーい!

ピカチュウの方は、ピカチュウ嫌いになりそうなクソ映画だったわ。
ピカチュウにモフモフ成分なんか求めてねーし。

ひたすら時間が過ぎるのを待つ映画って何年振りだろうか。

西島秀俊声のピカチュウは置いといて、主人公と女記者の声、他になんとかならんかったのか。
下手くそすぎて話に全く集中できんかったわ。

というか主人公、高校生くらいかと思って見てたら社会人かよ!(高卒フリーターかもしれんが)
主人公がティーネイジャーだったらまだ見れたかもしれん。

◆6/1◆
Σ(゚д゚) エッ!?5月いっぱいかと思われていたAbemaTVでのアニメ無料放送、探してみたら結構全話無料のものがあって、特に見たかった禁書1期も入ってて、まだまだお世話になりそうです!地上波もBSも見るもの減る一方だからスゲー有難いわ~!

今週のジャンプのハイキューが牛若回で、とーちゃんと再会できて牛若の最後の一言に泣けた。

左利きはギフトだよ!矯正ダメ絶対!
自分が左利きで一番好きな自身の要素の所為か、左利きキャラに覿面に弱い。

ぼく勉は文系のターンに移って、読むテンションががっつり上がりました。
イキナリ大学生とか時空が歪まなかったのもでかいですな。

《5月の読書備忘録》
『クロスファイア・下』宮部みゆき

先月に続いて今度は下巻。パイロキネシス(発火能力)持ちの女主人公が、社会のゴミ共を燃やし尽くすぜ!な話かと思いきや、ガーディアンなる団体が彼女に接近してきて、その中の一人と恋に落ちるとかいう、なんだかなぁ…が加速する内容だったぞ。

『空の中』有川浩

有川氏の初期自衛隊3部作(空の中・海の底・塩の街)の一作目なのですが、手に入れた順番がラストだったためこんなタイミングに。

キャラ的には『海の底』の夏木と冬原コンビが魅力的すぎたけど、舞台設定的には謎の生命体(本作では『白鯨』と呼ばれている)が一方的に暴虐の限りを尽くす訳ではないし、国防がしゃしゃり出過ぎていない本作が一番読みやすかった。

あ、キャラは宮じいがダントツに好きでした。


というわけで、こんな感じに随時書き足しますが、書き足す場合は読みやすいように、上の方にどんどん追記しますわ。

以上です。ご静聴ありがとうございました!