2020年 4~6月期 ドラマ簡易感想というか自分用備忘録+4月開始だったハズのドラマ序盤の感想

新型コロナウイルス感染拡大の影響でドラマ撮影がストップしてしまい、新作で見たドラマは明智五郎1本だけでした。
その間各局で昔のドラマを厳選して再放送してくれたのは有難かったですね。

明智五郎と大河ドラマと再放送だけだと記事内容がスッカスカになってしまうから、6月末から順次放送開始された4月開始予定だったドラマ序盤の感想もつらつら書いてゆきますわ。


【新作】
日10時半:美食探偵 明智五郎


結局新作で1クール見続けたドラマがコレだけだった件(Mは放送時間がアニメと被りまくるので見れなかったです)

余程劇伴に自信があるのかBGMの音量でかめなんだけど、扇情的で緊迫感のあるヴァイオリンとチェロが織りなすメインテーマや、宇多田ヒカルのテーマ曲のピアノアレンジなど、とにかく耳に残って印象的!

昨年のガンガン来る俗っぽさがタマランかった『ルパンの娘』のサントラも密かに欲しいなと思ったものだけど、割とクラシック寄りな明智五郎のサントラも欲しくなりました。

作曲は坂東祐大っとc⌒っ゚д゚)っφ メモメモ...名前覚えておかねば(最初は低視聴率ドラマの作曲家だった澤野弘之や横山克も、今やアニメBGMガンガン書いてるしなぁ)

音楽が好み過ぎてついのっけから語ってしまいましたが、内容も予想外に面白かったです。

特に犯人たちがマリアファミリーとしてつるむようになってから。
単体としてはそれほどなんだけど、つるむとキャラ立ってやんの。シェフも林檎もれいぞう子も。

思えばこの犯人たち、皆料理作る側の人たちなんだよなぁ。料理が繋ぐ黒い絆。
あ、小林1号も料理人だったわ。食べる側なのは明智五郎と小林2号だっけか。

放送休止になってからの繋ぎも見事でした。

huluで配信中の裏エピソードを2話ずつ3週に渡って放送したんですが、有料会員じゃないと見られない映像を惜しげもなく放送してくれ、有料だけあって結構ちゃんと作り込まれているので、数分のエピソードなのに見応えがあります。

それだけでなく新録もあるため、有料で見ているのになぁ…という層でも楽しめる構成になっていました。

ただ食物アレルギーの小学生の毒カレー回だけは胸糞悪すぎて見るに堪えんかったです。

アレルギー持ちの子にアレルギーの食べ物服の中に入れるいじめとか、コレもう傷害罪通り越して殺人未遂罪と言っても過言じゃないと思うのですが(身内にアレルギー持ちが居ると他人事じゃねぇんだよ)

というか食物アレルギーに理解のない小学生教諭(しかも女性)って未だに存在するんですかね?
親も学校(学年主任とかじゃなくて、いっそのこと校長でもいいくらい)か教育委員会に凸れよって思ったわ。


大河ドラマ・麒麟がくる 2クール目(桶狭間まで)

いやぁ…4話くらいまではクソ大河路線かと思いきや、信長が出てきてから俄然面白くなって、序盤最大の山場である桶狭間で綺麗に中断しましたな。

染谷将太の信長が既存のイメージと大分違うな…と思ったけど、蓋を開ければ新しい信長像を確立してね?
信長いいわー!本能寺の変が早く見たいぞ。

信長だけじゃなく小男のハズの秀吉が佐々木蔵之介だったり、家康が風間俊介だったりとキャストかなり攻めてる希ガス。

門脇麦が演じてる薬師見習いの駒が架空の人物だそうだけど、十兵衛嫁よりもキャラが立っててすげぇ好き。
このまま埋もれさせるの勿体ないなと思ってたら今後も出るようで嬉しい。


【再放送】
火10その1:恋はつづくよどこまでも 胸キュン!特別編


7話くらいまで総集編で1週でまとめて、清原翔が出てくる8話から未公開カットを交えた特別編として放送(だよね?)

つい先日までやってたやつをすぐに再放送する割に、どこが新規カットか分からんトリ頭な私なのでした。

イチャイチャ濃厚接触しすぎと怒りの声多数ってか。
世知辛い世の中になったもんだ。


火10その2:逃げるは恥だが役に立つ ムズキュン!特別編

恋つづと比べるとストーリーは格段にこちらのが面白い上に、まさかの新規カットの中に恋ダンスの現在リモート版が盛り込まれているとはっ!

ガッキーが可愛いのは勿論のことですが、百合ちゃんこと石田ゆり子のリモート出演時に、後ろにわんこやにゃんこがチラ映りしてるのがタマランのですよ~!

…にしても本放送から3年半余、平匡(ひらまさ)さんが今年のネットスラングで大賞を獲るであろう“チー牛”(ちーぎゅう)を体現しているキャラすぎる件についてw

チー牛でもガッキーと同棲できるとか、チー牛界の星じゃないですか平匡さん!なんてな不謹慎なことばっか考えながら見てしまったぞw
※平匡さんであって星野源とは言ってない(震え声)

ただこの逃げ恥、最終回前まではとても楽しく見れるんだけど、最終回でみくりさんがしちめんどくさいこと言い出してギスギスしたりする展開なので、最終回が一番面白くないというね…。

しかもこの先の未来を東京フレンドパークのビッグチャレンジ(ダーツ)のコーナーでお茶を濁すとか、なんかモヤる結末なんですよね(結局平匡さんはどこに再就職したのよ?とかさー)

視聴後感がイマイチよろしくないのだけが心残りではありました。


水10:春子の物語 ハケンの品格2007特別編

小泉孝太郎と大泉洋の若さにビックリw(特に孝太郎)


土10:野ブタ。をプロデュース

15年の時を経て修二と彰が復活…胸熱過ぎる(´;ω;`)ブワッ
何気に修二の弟役で中島裕翔が出てて、声変わり前でスゲー可愛かったんですが!

15年前よりも今見た方が、エッジの効いた脚本ですごく刺さりました。
スクールカーストの実態をいち早く描いたりしていて、時代を先取りしていたドラマだったんだよなぁ…。

木皿泉作品、ドラマブロガーさんがこぞって大絶賛しておいででしたが、今なら見たら面白いって分かるような希ガス。


日曜劇場その1:下町ロケット 特別編

3週に渡ってロケット編とガウディ編をやってくれまして、新規カットは無かったようですが、ワタクシ池井戸作品の映像化では下町ロケットシリーズ推しなので、熱くて懐かしくて最高でしたわ。


日曜劇場その2:ノーサイド・ゲーム 特別編

こちらは4週に渡って新規カットを交えつつ放送されました。
下町ロケットが3週なのに…と、はじめはちとばかしモヤったんですが、大泉洋のナレーションがとても聞きやすく見やすい総集編だったですよ。


【4月放送予定ドラマの序盤感想】
※曜日関係なく始まって見た順になります

月9:SUITS/スーツ2

2話まででもやってくれたのは有難いのですが、結局内容を忘れてしまったので、再開された暁には初回から放送して欲しいなぁ。
あ、ちゃんとされるようです。よかったよかった。


水10:ハケンの品格(2020)

元々荒唐無稽でツッコミどころ満載な話ではあるのだけど、1話目も2話目も話の持って行き方が強引すぎて、ちっともスカッとしないのはいかがなものか(スカッとジャパンよりもスカッとしない)

大泉居ないとダメだろと思ったら、4話目でやっとこさ大泉戻ってくるんですってよ。何とか巻き返して貰いたいものだ。


木9:BG~身辺警護人~(セカンドシーズン)

いつの間にやらキムタクたちが居る警護会社の様子が様変わりしているなと思いきや、元居た会社は大手IT企業に買収された模様(おさらいの総集編は見てない)

上の方針とそりが合わないキムタクさん、社長とケンカして会社を辞めちゃったよ。
独りでボディガードってハードモードすぎじゃろ。

斉藤工も出て行ってふたりでバディ物にすればいいのにって思ってたらアッサリそうなってくれた~。

コロナウイルスの余波で脚本を大幅に変えざるを得なかったそうで(最終回は五輪の警備ネタになる予定だったとか)、こぢんまりとした案件ばかりなのだけど仕方がないですな。


土10:未満警察 ミッドナイトランナー

満を持して始まったケンティーと平野紫耀くんの顔面偏差値高杉コンビの警察学校のドラマで、もうちょっと硬派なのかと思いきや、警察学校内の寮の近くで着替えしてる真木よう子を何時間も覗き見してしまい、コレがBPO案件になるとかですっかりミソを付けてしまったぞ。

2話目も外泊許可を得て外出中に偶然見た誘拐事件を、一応上には報告したけど待機せずに自分たちだけで勝手に捜査始めちゃったりと脚本がガバガバすぎ。

私はドラマにリアリティなんぞ大した求めていない人間なんだが、ジャニ好きの女子供相手の仕事と思って舐めてんなって感じがどうしてもするんだよなぁこのドラマ。

ケンティー爆推しだけど毒舌な姪っ子の感想、今度ウチに来たら聞いてみようと思う。


金10:MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)

綾野剛と星野源の塩顔コウノドリコンビ再び!というわけで一応見とくかと見てたら、会話のノリとか脚本が野木亜紀子っぽいなと思ってたらホントにそうで、しかも主題歌が米津玄師で演出が塚原あゆ子って、完全にアンナチュラルのスタッフじゃないですかやだー!

今日日見ないカーアクションとか、初回からテンポ良くかっ飛ばしてくれるのもいいです。

それでいて2話目はがっつり人間ドラマだったりして、コレは毎週楽しみに見ますよ(`・ω・´)キリッ


火10:私の家政夫ナギサさん

「男に負けないいい仕事して上を目指せ」だの「あなたはやればできる子」だのと、幼少期からバリキャリ指向の毒母の度重なる呪縛でがんじがらめになっている上に、新しく赴任してきた女上司にチームリーダーどころか新人教育まで丸投げされてキャパオーバーになってしまっている主人公・メイが見るに堪えんのですが(一晩で部屋をとっ散らからせる特殊能力や、テレビのリモコン5台とかリップクリーム10個とかADHDかよ…と思いきや、激務なのだからしゃーない)、それを癒してくれる存在がナギサさんなのでした…。

ナギサさんウチにも来てくれー!


半沢直樹まで待っていられないから、この辺にしておきますわ。
ご清聴ありがとうございました<(_ _)>