2020年 10月期 ぼやき用ページ(10/28更新)

フィギュアスケートのグランプリシリーズの地上波どころかBS放送があるのか無いのか分からないままの下半期スタートでございます。
ネタがなさ過ぎて、このぼやきページの枕書くのさえダルいんですが。

◆10/28◆
Amazonから『羽生結弦の言葉』が届きました。
予想以上に写真多くてうれちー!

ちょろっとだけ読んだんだけど、知らないお言葉が沢山で、何年か前に出た『羽生結弦語録』よりも濃ゆいような気がします。

羽生オタの中で宝島社の本は忌避する人が少なからず居るので(扶桑社とガセブンは論外だがな!)、この本はスルーという声も度々目にしてはいるのですが、パラ見しただけでも写真多いし、言葉のチョイスもディープな内容が多めなので、アタリの部類ではないかと。

あ、青オケは4巻での展開が衝撃的っちゃー衝撃的なんだけどベタなんで読むの止めようかと思ったんですが、5巻でのフォローが良かったので、またちまちま読んで行こうかと思います。

作画が物凄く緻密で綺麗で、屋外での髪のツヤベタの入れ方が木漏れ日が当たっているかのような技法で、作画カロリー高ェなァ…といちいちじっくり絵を見てから頁を繰るので中々進まないんですよ~。

おまけページが結構あるのも嬉しいところですね。

◆10/26◆
今週のジャンプで鬼滅の刃の第2回人気投票結果が出てました。
呪術廻戦の付録が付いている所為で、立ち読みできるコンビニ少ないんですケドー!

善逸1位、冨岡さん2位、霞柱3位で、禰豆子10位圏外って、女性票かなり多そうな悪寒。
1人何票入れられるシステムだったんじゃろうか?(わし、たとえ1人3票入れられるとしても冨岡さん全ツッパしそう)

それはそうと、サイコロステーキ先輩200票以上入ってて草。
あの時間で地上波アニメやってたら、もっと得票してたかもしれんw

あとは蛇柱が意外と人気でビックリ。
昨日たまたま見た爆笑問題の日曜朝のやつ(サンジャポって出てこなかったw)で、壇蜜が蛇推ししてたなー。

◆10/25◆
ノートパソコンの調子が悪くてブログ更新がままならない上に、書くネタもなーい!

そう言えば先週始まった『この恋あたためますか』の主演の娘が宇多田ヒカルにくりそつだなぁと思っていたら、ネットではもっと酷いたとえで色々言われてた件。

それから『七人の秘書』は女版半沢直樹っぽく見えたんだが、どうか。

◆10/22◆
先日ぼやいていた鬼滅の刃のミニ屏風を意を決して1個だけ買ってみた。

推しキャラ出てくれ~出てくれ~と祈りながら開封したら、音柱が出てきて軽く脱力したのだけど、隣が煉獄さんで派手なカラーリングなものだから、部屋に飾ったらえらい映える上に、つや消しマット加工っぽいしっかりとした作りなので、不覚にも全部欲しくなったw(ダメな大人!)

あと先月から買おう買おうと思っていた『青のオーケストラ』を既刊の全巻買って来た。

めちゃコミック効果なのか、コミックス買おうと思ったら地元の書店どころか札幌の書店でも売り切れてて、どーなってんのよ!?と先延ばしにしていたのだ。

440円+税だと思って計算してたら、クッソ高くて(税込で1冊600円以上するぞ)支払う時にファッ!?てなったw

元がウェブ媒体のマンガだと高く付いちゃうんだろーなー。
紙コミックスが売れないと電子しか出なくなっちゃうどころか最悪打ち切りになってしまうので、お布施と思って課金したわ。

めちゃコミックで無料で読んだ先がとにかく気になっているので、ちょいちょい目を通してゆこうと思ってます。

◆10/21◆
郵便局がゆづちゃまの年賀状セットを出す模様。
ついでに鬼滅の刃の年賀状やらグッズ販売やらもやる模様(メイン4人と煉獄さんだけなのがちとばかし残念)

アカン、郵便局に搾り取られまくってまうわ。
マスクケースとかも付いてて、痒い所に手が届くセットなのよ~!

うむ、いつもゆづちゃま関連のを注文する時に行く、ちょっと遠い郵便局まで足を延ばすとするかの。

◆10/20◆
スーパーでたまたま見かけた鬼滅の刃のミニ屏風が350円で売られているのが気になって仕方ないのだが、ランダム10種で岩が潜んでいるから手が出ない罠。

炭治郎と冨岡さんか、冨岡さんとしのぶちゃんか、蛇&霞ペアか、箔押しのスペシャルのやつが欲しい。
確率4/10…。引きが弱いから、たかだか400円弱のガチャなのに(ガチャ言うな)ホント悩む。
倍の値段でいいから柄選ばせてくれよぅ( ;∀;)

買ったら屏風の前にゆづちゃまのアクスタ置きたいのじゃが(自室の祭壇カオスすぐる)

◆10/18◆
Amazonの1,000ポイントキャンペーンの期日が明日だったので、慌ててゆづ本注文したわ アブネ━Σ(゚д゚;)━!!
送料無料だし1,540円の本場実質540円で本が買えるのが有難い。

◆10/17◆
ジャンプが土曜日に出ていたでござる~。

絵がめちゃ苦手だった呪術廻戦のアニメの出来が良すぎるので、原作もまぁ見れるようになったんだが、ヒロイン(?)の野薔薇が死にそうになってる件(; ・`д・´) ナ、ナンダッテー!!

◆10/16◆
劇場版『鬼滅の刃』無限列車編が本日封切ということで、特典の冊子も付いてくるし、どえらい混雑してるんだろーなー。

昨日から急激に寒くなったので、今秋初めて暖房つけました。
寝る前に消したら寒くて夜中に目覚めたわ。冬マジで無理。

ロッテのガムだけじゃなく、雪肌精でも無理ゲークエストがある模様。
2万5千円のパッケージがめっちゃ好みなので、こちらだけでも申し込んでみようかと。

…箱だけでいいから1,000円で売ってくれんものか。

◆10/14◆
前回のクエストで買ったガムが無くならない内に、新たなユヅルクエスト(ゆづちゃまのクリアファイルを買うと、ガムやらチョコやらが付いてくるロッテの販促イベント)が始まっていた件。

しかも今回はマスクケースで時代に即している上に、お写真が今年の四大陸選手権での萌葱色SEIMEI様4種で、まさしくこういうのでいいんだよ!なハズレ無しなのであらしゃいます!

ここ数年ロッテには煮え湯を飲まされるようなクエストを突きつけられていたというのに(アラジン風ビミョー衣装の色違いのやつとか)、どうしたロッテ!?と羽生沼民もざわざわしてしまう始末でございます。

今回のは絶対に欲しい!という事で、本日無事4人ともお迎えできましたー(≧▽≦)

…にしても某所のマックスバリュは(このご時世どこでもかもだが)、ファイルもガムの個数も碌に数えんなw
まぁ清く正しい沼の民は、きっちり個数分買ってますけどね!

そうそう、今年のラミーは包装が銀紙からプラスチックになったのもあってか、昨年より美味しいように感じました。
開けると3ブロック分(例年の半分サイズ)のラミー様が顕現します。

それが3本入りなので、全体で25%減ということになりますが、ちょっと分厚くなっているようにも見うけられますので、正確な数値は計りかねまする。

バッカスが約17%減なので、こっちのがエグいっちゃあエグいかもしれません。
いずれにせよせちがらいったらないわー。

例年より外側のチョコの層が厚く、内側のガナッシュクリームの層が薄いような。
できたてホヤホヤだからラムレーズンががっつり来る。まぁこちらはフツーに旨かったですよ。

◆10/12◆
たまたま立ち寄ったドラッグストアで、ラミーとバッカス(※ロッテの冬季限定の酒が入っているチョコレート。一家の大好物)が売られていたから思わず買ってもうた。

ところがこやつら、従来のパッケージよりもデザインや箱の大きさや質感などが大きく異なり、もしや!?と思い内容量を確認したら、ラミーは長いの2本→短いの3本入、バッカスは12粒→10粒と、量がかなり減らされていてガックリきた_| ̄|○

試しにバッカスの方だけ開封して食ってみたのだが、銀紙と紙トレイから全てプラごみに分類されるものに変更されていて、環境云々言われてるのに時代に逆行しているように感じた。

肝心の味の方は、チョコレートの味がうっす!量が減って不味くなってたら意味ねぇ!
春先に100円で売られるまで今シーズンは静観やもしれぬ。

あ、今日のジャンプは、煉獄さんのスピンオフ読み切りが作者が描くより絵が巧くて、コマ割りとかも読みやすいと思ってしまった件。

それと来週からやっとこさ、ぼく勉で俺たちの嫁の桐須先生のターンがやってくるようです。長かった…。センターカラーも貰えるようで何より。

◆10/11◆
昨日やってた『鬼滅の刃~兄妹の絆~』、TV版で全話観てたにも拘わらず録画して見てしもうたんじゃが、最終選別でカナヲちゃんや不死川弟が居たりなど細かい所を思い出せるし、劇場版だからEDでアニメ原画が見れたりして見応えがあった。

何より余計な煽り映像や映画版の番宣が無く、EDをノーカットで流してくれたのが嬉しい。
まぁフジテレビはアナ雪でのやらかしで相当叩かれたから、こういうのでいいんだよ、これからもこれで頼むよって感じです。

来週の蜘蛛山編はヒノカミが神回なので絶対に録画して観ます!

今日やってたカラオケバトルの世界大会予選は、どうもパッとしない面子が選ばれちゃったなぁ。
フルコーラスだと退屈で死にそうになるんだが。

◆10/10◆
朝晩スゲー寒くなってきたから、手袋装備開始~。
我慢はイカン我慢は!

今週AbemaTVでハイキューのOVAなどが無料配信されていたので、念願の『陸VS空』を見れました(≧▽≦)
音駒VS梟谷戦、アニメで見たかったんで見れてスッキリです。

鬼滅の刃がプライムタイムに地上波初放送ってんで、オカンがハマリそうな件(好きそうなネタだなとは思っていた)
全巻一気買いクル━(゚∀゚)━??

◆10/8◆
ダイドードリンコが鬼滅の刃の缶コーヒー出してて、岩柱以上に売れ残りそうな柄もあってワロタw

冨岡さんの柄あったら欲しかったんだけど無かった(´・ω・`)

◆10/7◆
春馬きゅんのドラマが切なくなる演出で終わったので、7~9月期ドラマ感想をでうpしますた。
https://rulamoon-grass.at.webry.info/202008/article_2.html
今期はいつになく、ドラマ>>>アニメで、ドラマ感想の方が熱量高めです。

◆10/6◆
普段行かないでかい書店の文具コーナーで、鬼滅の刃のクッソ高いクルトガとかいうシャーペン(冨岡さんモデルの青いやつ)を思わず買ってもうた。

筆記具なんて基本ボールペンしか使わないのに何を血迷ったんだw
芯が尖り続けるシャーペン、学生時代かオタ活めっさやってる時に欲しかったなぁ。

レジに持って行く際に嗜好がバレすぎてこっ恥ずかしいモノたちに散財しまくってウッキウキで帰宅したら、オカンが昼寝してる最中にミュウたん(メスのキジトラ猫・5歳半くらい)に脱走されたと言うので血の気が引いた。

しかもあやつは呼ぶと帰ってくるどころかパニクって逃げるし(基本情緒不安定)、日没が刻一刻と近づく中、しゃーないと玄関のドアを開けたまま放置してたら、鳴きながら帰ってきたのでホッとしたのと同時にどっと疲れた。なんて日だ!

◆10/5◆
今週のジャンプ、鬼滅だけじゃなく約ネバとお約束のネバーランドの読み切りまであって(お約束の宮崎先生ってばロボコと2本立てだった。しかもロボ子はモツ夫掘り下げ内容でかなり良かった)、この2本が追加されるだけで大分ボリューミーな内容だったぞ。

それとジャンプSQも読みまして、手塚部長勝ってて良かったよォォォォ!!!!!
全編に渡ってテニヌじゃなくてマトモなテニスしてたのが意外だよw

昨日カーニバルオンアイスも懲りずに見ますたお。
ジャパンオープンのgdgd具合が大分緩和される内容でした。

ほぼSPお披露目アイスショーだったんですが、龍樹も草太もSPの演技がかなり良く(草太の黒い瞳は2種クワド跳びきれたらかなりカッコイイぞコレ!)、不覚にもゆは菜のSPが顔芸封印のしっとり系プロで、イメチェン大成功な上に演技自体も良かったんですよ。

んでもってトリのわかばはエキシビション用プロを滑ったんだけど、コレがぶっとんだ演目ではじけててワロタw
ザギトワたんが途中で脱ぐあの路線なんだが、わかばのどすこい体型でアレやられるとリアクションに困るw(※エロ要素は皆無です)

最後にビデオメッセージで大輔のアイスダンス映像がチラッと流れたんだが、予想以上にリフトとかちゃんとやっててビックリした!
今年のNHK杯で大輔出るんで、BSだろうけど全カテゴリ放送たのんます。

例年ならばNHK杯ではペアもアイスダンスもトップスケーターが来日して、全カテゴリ全選手放送されるのがホント楽しみだったんだけど、今年はジュニアスケーターまで駆り出すナショナル状態な上に、ペアはエントリー無しという体たらくだし、アイスダンスも低レベル争いなのが残念でなりませぬ。

あとは昨日やってた忖度無しで上手い歌姫ランキングとやらが気になったので、録画してざっと結果だけ見たんだが、いきものがかりのボーカルが29位で、それ基準にして見ると物申したい内容ではあったのだが、美空ひばりかMISIAが1位だと思ってたので、あながち間違ってはなかったのやもしれん。

◆10/3◆
ダイ大の令和版アニメ、放送枠からも正直全然期待していなかったのに、モンスター達のCGがぬるぬる動くので、ドラクエファンのワタクシも大満足の出来だったわ!

しかも時系列毎にやってくれて、『デルパ・イルイル』から入ったので、お話が非っ常~に分かりやすい!導入部大事だからね~!
何クールやってくれるか、完結まで持って行けるのか、ホント楽しみが増えたわ~!

あとは『ヒプノシスマイク』が覇権確定やも知れません。

腐女子向けでキャラデザとキャラ名の癖が強すぎるため見る人を選びそうなんだけど、ラップシーンの演出と楽曲がカッコ良く(DR録画推奨。円盤クッソ売れると思う)、A-1の本気を見た気がします。

それにラップバトル物なのに速水奨まで引っ張り出してくるなんて~!
ワイ新宿ディビジョンの麻天狼推しそうw(横浜もいいけど)

フィギュアスケートのジャパンオープン、正直今シーズンはフィギュアが何試合見れるのか不透明なのと、草太とわかばが出てるから見たんだけど、シーズン始め、ショボい面子(真凜たそが抜けたのが痛すぎる…)、コロナで練習あんまできないの三重苦で、見ていてとても哀しくなった。

まっちーの解説だけが頑張ってた希ガス。

あ、草太のドラゴン衣装、龍の刺繍が精巧でカッコ良かったよ!
草太、衣装はいいんだ衣装はw

◆10/2◆
えー、見た本数が少なかったのもあってか、割とあっさり7~9月期アニメ感想を書き上げられたのでうpしますた。
https://rulamoon-grass.at.webry.info/202009/article_2.html

うだうだ悩んでたんですが、ドラマ版感想は春馬きゅんのが終わったらうpすることにします。
スーツ2終わるまでなんて待ってらんない!

《9月の読書備忘録》
『花の鎖』湊かなえ

数年前に2時間ドラマ化されたのをぼんやりと覚えています(孫が松下奈緒、娘が戸田恵梨香、おばあちゃん世代が誰だったか思い出せん。広末?←中谷美紀だったYO!)

花(孫)→月(娘)→雪(祖母)の順に章立てで物語が進んでゆきます。
キーワードは『K』という人物と、きんつばと、花屋と、未明の月という絵画かしらん。

とにかく登場人物の頭文字Kのキャラ多くてミスリードさせられっ放し。

ドラマ見てたし雪月花って言葉さえ知っていれば世代間のカラクリは超容易には分かるんですけど、初見だったらもっかい読み直したくなるくらい、随所に世代間の伏線がちりばめられていて、それでいてあまり読み味が重くなりすぎていないので、まぁ面白かったですよ。


『えどさがし』畠中恵

しゃばけシリーズの外伝短編集。
『ひなこまち』の後のタイミングで刊行されたもので、私自身ひなこまちで時が止まっているので丁度良いかと思い手に取りました。

佐助が長崎屋に来るまで流れ者だった時代の話と、明治へと時代が移り若だんなの転生を待ち望む仁吉の話と、他数本の短編でした。

仁吉の話と日限(ひぎり)の親分の体の弱い嫁さんの話は読めたかなぁ。


というわけで、こんな感じに随時書き足しますが、書き足す場合は読みやすいように、上の方にどんどん追記しますわ。

以上です。ご静聴ありがとうございました!