2021年 1月期 ぼやき用ページ(1/27更新)

新年あけましておめでとうございます。

昨年の元日にうpしたぼやきページで、2020年はオリンピックイヤーだってウッキウキで書いていたのに、とんでもないパラダイムシフトが起こって、1年後の2021年もオリンピックイヤーは続いているのだけど、決して楽観視はできない状況になるとは誰が予想したでせうか…。

毒にも薬にもならない事ばかりぼやいているブログですが、今年もよろしくお願いいたします<(_ _)>

◆1/27◆
えー、グダグダと先延ばしにしていた、昨年秋ドラマまとめをうpしました。
アニメの方から着手したものの、見ている本数が多すぎて、結局ドラマの方が先に仕上がってしまった件(基本同時進行な人)

https://rulamoon-grass.at.webry.info/202101/article_3.html

数時間後、アニメの方も何とか仕上げました。
サイドバーの今見てるドラマとアニメ、今期のものに更新しなくては…。

鬼滅ビックリマン、跡形もなく売り切れてました。
個数制限もしていなかったし、25日の時点で無くなっていた悪寒しかしない。

◆1/26◆
鬼滅ビックリマン、冨岡さんのを開けたら伊之助のシールが入ってたわ。
せめてパッケージに描かれてないキャラが入っていて欲しかったなぁ…。無惨様でも累でもいいからさー。

◆1/25◆
11月初旬にコンビニ限定で発売されたものの、瞬殺で阿鼻叫喚の声多数だった鬼滅の刃マンチョコがスーパーに入荷してた━(゚∀゚)━!!

早速炭治郎柄と冨岡さん柄のを1個ずつ買ってきて、炭治郎のを開けたら女児に大人気のカナヲちゃんのシールが入っていてアタリだったわ!

数十年振りに食ったビックリマンチョコは、ウエファースの味が昔と殆ど変わってない気がしましたが、肝心のチョコ部分がピーナッツじゃなくてパフ(?)に変わっていてそこは大マイナスじゃろ!

あ、今週のジャンプの松井優征先生の新連載、読みやすくてイイね!
歴女じゃないので歴史サパーリ分からんのだけど、大河ドラマよりも分かりやすく読ませてくれそう。

◆1/24◆
『銀魂2 掟は破るためにこそある』をもって、溜め込んでいた映画を全て消化しますたお。
コレ『真選組動乱篇』の実写版なんだが、とにっかく尺が長ぇーよ!

前半の将軍接待編のギャグパートはまぁ見れたんだが、後半の真選組絡みのチャンバラシーンが長すぎて寝そうになったわ。

でもこれでようやくHDD内がスッキリしたので、いい加減10~12月期アニメとドラマまとめを着手しなくては…と思った次第(忘れてなかったんかーい!)

ネット広告で出てきた『おやつ定期便』のおやつ診断というのやったら、「芋スナック大好きおやつモンスター」と診断されて当たりすぎていてワロタw
年の所為か大分ポテチ食べる頻度減ってきているんだけどね。

◆1/21◆
昨年暮れ辺りから新しい財布が欲しい病を発症しているんだが、とうらぶの鶴(鶴丸国永)モチーフの長財布が出るとのことで早速画像を見たものの、デザインもいまいちピンと来ないし、鶴ってば白ずくめなもんだから使っているうちに薄汚れてゆくんだろーなと思ってサイトをそっ閉じした。

いち兄(一期一振)デザインのが出るとしたらまたサイト覗くと思うw
まぁいち兄だと紺に赤と水色の差し色が入って、カオスなデザインになりそうな悪寒しかしない訳だが。

あーあ、ゆづちゃまの衣装デザインの長財布とか出ないかなー。
紫Origin(それほぼANNASUIですやん!)かホプレガ辺りだったら即買いするのに~。

◆1/20◆
かねてより食いたい食いたいと喚いていた、ミスドのピエール・マルコリーニのドーナツを4種類だけですが入手できました━━(*≧∀≦)ノ━━♪

フォンダンショコラドーナツのキャラメルとフランボワーズ、デニッシュショコラのヘーゼルナッツとフランボワーズの4種です(※入手できなかったのは、フォンダンショコラドーナツのショコラとヘーゼルナッツですな)

某イオン内のミスドってば、昼12時に入荷してくれたのは大変有難いのだが、全種並ばないってどーゆーことだってばよ?
ついでに特製のオリジナル紙袋とやらは、とうの昔に捌けてしまった模様(;^ν^)ぐぬぬ…

まぁフォンダンショコラのキャラメルと、デニッシュショコラ2種が特に食べたかったので、最低限はキープできたかなと言ったところ。

肝心の味はと申しますと、

・キャラメル:ドーナツ生地のチョコ成分が従来のミスドよりも濃ゆく、キャラメルと相まってかなりフルボディな味わい。
・フランボワーズ:フランボワーズソースがたっぷりで甘酸っぱい。フランボワーズ食べるならデニッシュの方がオススメかと思われ。
・デニッシュフランボワーズ:見た目からして映えるし、味のバランス的にはコレがイチオシやもしれん。
・デニッシュヘーゼルナッツ:ホワイトチョコの主張が強く、ヘーゼルナッツが死んでる希ガス。

まぁ4人でシェアして各1/4ずつしか食べてないので(カロリーがホンマやばいのよ!食レポ書いてる人たち1日にまるまる6個食ったのかスゲー気になる)、飽くまで個人的且つ雑ぅ~な感想ですw

…ぶっちゃけ去年苦労して並んで買った、プレスバターサンドのプレーン味(?)がここ数年で一番感動したスイーツだったなぁ…。
もっかい買って食いたいわ。

あとフィギュアスケートファン通信・全日本特集号、今日やっと入荷したので買えた~。いい1日であった。

◆1/19◆
昨日になって漸く先週水曜発売の筈のマガジンとサンデーが入荷し、今日は昨日発売予定のジャンプが入荷しました。
マガジンとサンデーの今週号は明日の水曜にちゃんと入荷する予定で、実売日数2日間ってひどすぎやしないかと思った次第。

今週号のジャンプはロボコが神ってたんですが、来週号のジャンプでネウロや暗殺教室の松井優征先生の新連載が始まるのでwktkが止まらんです(スケダンやアストラの篠原健太先生の連載も始まる模様)
ここ最近のジャンプの新連載、碌なの無かったから大いに期待!

それはそうと最近ミュウたん(キジトラ猫・メス・5歳半)が、カーテンレールの上に登ったはいいものの、バックができなくて降りられなくなる事案が発生しまくり、厄介なマイブームに心底困っておる。

ワイの大事大事な4Kテレビの上に落下したらと思うと震えが止まらない((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

それとアイスダンスのジュニアカップルのうたしん解散がショックだったΣ(゚д゚lll)
ツイズルとかめっちゃ上手くて、団体戦の戦力に必要不可欠だったのにorz

◆1/17◆
昨日から物流が再開し、1週間以上遅れで『フィギュアスケートマガジン』入荷のお知らせが来ました。

…が、昨日すごく暖かくてある程度溶けた路面が、今日再び寒くなった上にうっすらと雪のコーティングがあると地獄の路面と化すわけで。
ゆづ本をお迎えするために決死の覚悟で出かけたわい。ちかれた。

いや、共通テストの受験生の気の毒さ加減に比べれば、どうということもないんだけどね。

今回のマガジンはパラ見したところかなりテキストが多く、読み終えるのに相当時間が掛かりそうな感じです。
配信アニメ見るのが一段落したらちょいちょい目を通してゆこうと思います。

昨年末から録り溜めておいた映画で中々手が付けられなかった『ねらわれた学園』をやっとこさ観ました。

新海誠監督ばりの色彩の豊かな背景が目に留まるアニメ映画でした。
特に音楽室のシーンがどの場面の色彩も美しく、背景だけキャプチャして壁紙にしたいくらい。

キャラデザが天野明っぽいんだけど、そうじゃなかったのが地味に驚き。
ムダにぬるぬる動くんだこれが。

話はサッパリ分からなかったんですがね。

訳知り顔なじーちゃんといい、イキナリ覚醒する犬といい、無表情だけど絶対能力者だろってなオーラを纏う妹といい、主人公の家族が謎すぎィ!(薬師丸ひろ子のやつを観ていないからってのもあるやもしれん)

ついでにケータイがもたらした事件で留年したとかいう女生徒も謎すぎィ!

それと昨日『かぐや様は告らせたい』の実写版を観たんだが、聞きしに勝るクソ映画でしたw

藤原書記がちゃんと巨乳でアホっぽさを再現してたことくらいしか見どころがないぞwww

◆1/15◆
1/9(土曜日)から本が一向に入荷しないOTL
1週間も物流止まるってどんだけー!

BSでやってた『レ・ミゼラブル』を4日くらいかけてやっとこさ観終えました。
尺が2時間40分弱あって長いのYO!

小学生の頃『ああ無情』を読んで、パン1個盗んだだけで一生を棒に振るなんてひでぇ話にも程があると鬱になったもんだから、ミュージカルとか大好きなくせに『レミゼ』に触れるのをずっと拒否っていたのですが、歌番組のミュージカルコーナーで必ずと言っていいほどレミゼの曲が取り上げられるのと、フィギュアスケートでレミゼを演る子が割と居るのと、ジャン・バルジャンをヒュー・ジャックマンが演るってんで(他のキャストも超豪華だった。フォンテーヌがアン・ハサウェイだったり、ファンタスティックビーストの主演の人がマリウスだったり、ハリポタのベアトリックス・レストレンジ役の魔女っぽいオバハン出てたりとか)、これを逃したら一生観ないまま終わりそうだったので思い切って観ることに。

いやぁ話は鬱だけど音楽は神ってますねぇ。
一箇所だけここで歌うのはやめれやジャンバルジャン!って、ミュージカル耐性高い私でも思わず吹いてしまうシーンがあったけど、ミュージカルの最高傑作と謳われるだけのことはあるわ。

録画したのBGMとして延々と流しておきたいくらい(『民衆の歌』は舞台の方が鳥肌立ちそうな希ガス。私的には『Bring Him Home』で泣きそうになる)

入口がフィギュアスケートで昔のミュージカル映画をちょいちょい見てきたけれど、音楽は『ロシュフォールの恋人たち』の次くらいに好きですな。

おおぅ、やっとこさ録画していた映画が大分無くなってきたぞ。もうあと3本くらいかな。頑張れ私。

◆1/14◆
自室のPCが新品なのにWi-Fiが繋がらなくなってしまい、居間のPCも調子悪くてブログ放置してしまいました。
※本日直りました

放置中に『パラサイト 半地下の家族』を観ました。
アカデミー賞を受賞するような意識高い映画って基本苦手なんですが、スゲー面白くて2時間強ある尺の映画なのに体感1時間くらいで終わりましたよ!

主人公一家は半地下暮らしの借家住まいで、のっけからよそ様の家のWi-Fiを拝借したりしてパラサイトしている様子が窺えますが、主人公一家の息子キャラ(声:神木隆之介なので便宜上「神木くん」と呼ばせて頂く)の友人(エリートイケメン)が海外留学するってんで、家庭教師の教え子を神木くんに託したいと言ってきます。

この家庭教師先のお宅がテンプレなお金持ちで
・奥様は世間ズレしていない脳味噌お花畑属性の人
・家庭教師をすることになる高校生の娘さんは目のくりっとした可愛い娘(声:早見沙織)
・小学生の弟は多動傾向があって独特な絵を描く所謂発達系クソガキ(声:小林由美子で話が進むにつれてクレヨンしんちゃんっぽい声になっていった件)
・旦那様はやり手社長
といった感じでしょうか。

奥様のセキュリティ意識がガバガバなもんだから、神木くんは妹を(姉かと思ってた)しんちゃんの絵の先生にしてまんまと手なずけてしまい、味を占めた一家はよせばいいのに策を弄して父を旦那様のお抱え運転手に仕立て上げ、果ては住み込みの家政婦までも追い払って母を家政婦として潜り込ませることに成功。神木くんよ自分と妹だけにしとけばいいのに…。

あまりにトントン拍子に話が進むのだがそうは問屋が卸さない訳で、家族の誰かがボロを出したり(運転手になった父がトラックに悪態をつくシーンがあって、これでボロを出すのかとオモタ。旦那様も存外鈍かった件)、妙に察しが良く鼻の利くしんちゃんからバレるのかと思いきや、元家政婦の逆襲が始まり、実はお金持ちの家にも地下室があり、元家政婦は自分の旦那を4年余りに渡って匿っていたという衝撃の事実がっ!

パラサイトしてる家族、主人公一家だけじゃなかったーΣ( ̄口 ̄;)

割とコメディタッチに描かれていた前半から一転して後半はカオスだったわ…。

金持ちの旦那様と奥様がリビングでおっぱじめちゃったりとかさ…(PG12ってココかと思いきや、更に凄惨なシーンがこの後に控えていたんですがね…)

滲み出す貧乏臭ってのはどんなに表面取り繕っても隠しきれないという旦那様の一言がトリガーになってしまったのが遣り切れなかったわ…(地下鉄の臭いというのがリアルに想像できてしまってね)

終始テンポ良く話が進むし、全然ハッピーエンドじゃないにも拘わらず後味が悪くなかったのが奇跡的な映画でありました。
BSプレミアムでノーカット放送あったらブルーレイにしたいくらい。

あ、貧乏一家の父が石田さんチのお父ちゃんに似ていた件(コラ!)

それはそうと未だに本が入荷しないよぅ(´;ω;`)ブワッ

◆1/11◆
菅田将暉がCMしてるミスドのフォンダンショコラドーナツとやらが、やけに見た目からして旨そうなんだが、ピエール・マルコリーニ(超人気ショコラティエ。バレンタインランキングでぶっちぎり1位の人かと思われ)監修と聞いて全種類食いたいんですケド~!

調べたっけカロリーの暴力がすごいwww
わし正月太りとは縁ない人なんだけど(餅が食えんし、おせちのちょっとした高級食材とかは少量で満足できるし、食事の満足度が高ければ間食も減る)、これはヤバいwww

おまけに田舎暮らしだから近場にミスドが無く、このドーナツのために遠出をするにも、このご時世だと二の足を踏んでしまう。ぐぬぬ…。

先週末の大雪で貨物列車が止まって、本や雑誌が一向に入荷しない件(3連休ってのもあるけど、明日の火曜日も入荷はしない模様)
この世から本と雑誌が無くなったら、私の生きる意義が1/3くらい無くなるんだが。

都心で8日発売(北海道はジャンプ本誌とワンピとか売れ筋のジャンプコミックス以外は軒並み2日遅れ)の筈の『フィギュアスケートマガジン』が入手できなかったら血の涙を流す羽目になりそうなので、店員さんに取り置きしてもらうように頼んだ。

これでムダに本屋を彷徨わずに済むわい…(店員に顔と名前覚えられるのこっ恥ずかしいから、あんま注文とかしたくない人なんじゃがねぇ)

◆1/10◆
AbemaTVで『キングダム』第1期の一挙放送があって、1週間掛けて全38話を見たっけスゲー疲れますた。

実写版が面白かったからアニメを見れる機会があったらなぁとボンヤリ願っていたら、殊の外その機会が早く訪れて嬉しかったものの、昔のビミョーな3DCGなもんだから第1話で見るのをやめようかと思った。

まぁ倍速で見ればギリいけるかと思い結局全話倍速で完走したんだが、ほぼモブ顔のオッサンしか出ないアニメなのに(失礼)クッソ熱くて面白かったよ。

というか実写版でやってた王弟の反乱の話の後の方が俄然面白く、王騎将軍ががっつり出てきて壮絶に散る話は絶対実写化して欲しいですな!

何日か前にNHKで推し活の話をやってて録画しておいたのをようやく見れまして、スタジオの背景に推しの名前がずらーっと列挙してあるパネルがあって(推し名書きというらしいw)、ついつい録画を止めてガン見したんだが、我が推しの名前が見つからなくて激しく脱力した。

どうして羽生結弦も櫻井孝宏も無いんだよォォォォ!!!!(4倍角で叫びたい)
※全員載っているパネル見つけてガン見したら両方とも発見しますた(多分コメンテーターの陰に隠れる位置に配置されていたかと思われ)ちかれたw

個人的に高遠遙一とトム・リドルを挙げていた人と友達になりたいと思いました(トム・マールヴォロ・リドルと書いて欲しかったですがね←しちめんどくさいヲタクは願い下げだ)

◆1/8◆
昨日『劇場版 銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』を観ますたお。
ぇ?完結編って今やってるやつとちゃうん?(空知が鬼滅キャラ描いたオマケが付くやつ)

とそれはまぁ置いといて、序盤の映画泥棒のくだりがダラダラしすぎてて観るのやめようかと思ったんだが、25分くらい我慢したら世紀末覇者みたいな世界観になってしまった5年後の世界に飛ばされて、やさぐれて厨二病感マシマシだけど妙にイケメンに成長した新八と、ボンキュッボンになった神楽が出てきてからはそこそこ面白かったですよ。私の好きなタイムパラドックスネタだったし。

で今日は『逃げ恥』のガンバレ人類スペシャルをやっとこさ見たんだが、前半はマタニティブルーネタ、後半はコロナネタで、終始説教臭い内容で見るのがしんどかった。

ガッキー(みくりさんではない)が相変わらず可愛いのと、沼田さんの存在がスカッとジャパンだったのだけが救いだったわ。

◆1/6◆
『天気の子』をやっとこさ観ましたお。
また年上巫女系ヒロインかと思いきや、年齢詐称で年下で安心した件(何)

王道なボーイミーツガールだけだと物足りないと思ったのか、うっかり加えてしまった銃発砲というスパイスがものっそ邪魔でモヤってしまったわい。

ヒロインの陽菜(森七菜がこの恋あたためますかの声のトーンと全然違うのでビックリした!)に千と千尋のハクっぽい髪型でタラシな弟が居るの知らんかったw
しかも小学生なのにざーさんとあやねるが今カノと元カノというムダに豪華キャスティング!

それなのにモブキャラなどのキャストがまるまる端折られてたのと(瀧くんと三葉っぽいキャラも居たんですケド!!)、使用楽曲紹介もないエンドクレジット絶許!

まぁ不満は多々あれど、新海作品は背景美術の美しさを愛でるものと認識しているので、背景など作画はマジで神でした!

えー、後日この映画の評価をチラ見してしまったんですが、世界か彼女かの二択で彼女を選んでしまう主人公に共感できないなんてな意見が大多数な事に驚きました。

迷わず彼女を選んでしまうなんて長編アニメ映画の主人公らしくて実にいいじゃないかと思ったんです私。

それよりも寧ろ彼女を救うために恩人(まぁあのオッサン如何にも胡散臭くて、あのオッサンが一番の障壁になると思っていた)にまで銃を向けて発砲してしまう主人公がどうにも頂けないなと思ってしまったんだよなぁ。やっぱり銃が邪魔だったってことで。

◆1/5◆
『教場Ⅱ』前後編一気見してもうた。
前作よりも描くキャラを分散させながらも闇深めな希ガス。

前編が真意がイマイチよく分からない百合展開ありーの(筋トレ大好き百合子はハーモニカ吹きのいじめられっ子が好きなんちゃうんかい!)、前作のメインキャラ・宮坂(工藤阿須加)がまさかの殉職というショッキングな展開ありーので(うちのオカンショックすぎてそこで見るのやめたらしい)色々と衝撃的杉だったわΣ( ̄□ ̄|||)

前作ラストで風間教官(キムタク)が「死ぬなよ」と声をかけたばっかりに、それがまさかの死亡フラグになろうとは((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

しかも宮坂の死因の一端を担うキャラが、ADHD全開で見ていて辛すぎる奴なのがキツい。
クスリやってんの?と疑われるくらいの挙動不審っぷりなんだが、時間感覚がおかしくって遅刻魔ってADHDあるあるだからな。

後編はムダに色気を振りまいている松本まりかと、警察一家の男女の話と、休学していた上白石妹の話で(吉高由里子のドラマに出ていた鼻詰まりゴリラが、このドラマでもやらかしてたわ)、いつになったら風間教官の過去が明らかになるのよ?と思って見ていたら、今回の生徒たち200期生の卒業後…ラスト10分に明らかに~!

ひょっとして劇場版予告クルー?と思いきやバツッと終わってしまって、Ⅲに続くのか劇場版になるのかは全くの未定っぽいですな。
ともあれ続編を楽しみに待つことにしませう。

◆1/4◆
やっとこさAbemaTVで『劇場版弱虫ペダル』を観れました。

前半は箱学ファン祭り、後半は巻島×東堂って感じの(若干腐女子向けな←)内容で、時間も1時間半ポッキリなので本編では考えられないくらいテンポがいいw

前半戦の初日は箱学がスプリントも山岳も総合もぜーんぶ持って行って、3年生たちのハイタッチが爽やか~。

後半はイギリス留学で日本を発つ予定だった巻島が2日目のレースにオープン参加という形で急遽参戦し、やる気ゼロだった東堂も元気が無かった坂道も生気を取り戻して、見ている私も目をキラッキラさせながら見たわw

2日目のレースは巻島と東堂の一騎打ちとなりタッチの差で巻島が勝利したのだけど、まぁ巻島2日目だけの参加だし記録としては残らないので、ぶんむくれた顔で総合優勝の花束もらってる東堂が可愛かったわ~。

うむ、コンパクトにまとまっていて良い劇場版でした。
話がクッソややこしくなる御堂筋を参戦させなかったのが吉と出たかもしれないw

BS12の日曜夜7時からやってるアニメ映画枠でやってくれんかのう。
ウッキウキでブルーレイに焼くのに~。

2週間振りのジャンプでアグラが終わってました。次回はモリキングが終わる模様。
つーか半分くらい終わってくれていいマンガばっかなんスけど(´・ω・`)

今年に入って初めてちゃんと起きた時にバッチリ記憶に残っている初夢らしきものを見たのですが、ゆづちゃまがぷよぷよの黒シェゾを使って相手をバッタバッタ切り伏せているもので、そもそもゆづちゃまが落ちゲーをやるのかも、ぷよの自キャラで黒シェゾを使えるのかも怪しいんですケド、推しが推しキャラを使っている大変尊い内容だったことをここに報告しておきますw今年は良い年でありますように…。

◆1/3◆
今日も録画をせっせと消化の日~。

オードリー・ヘップバーンの『マイ・フェア・レディ』を観たはいいが、これに出てくる言語学(?)の教授様とやらが、フェミさん大発狂する発言かましまくるモラハラクソ野郎で、地上波でやろうものなら大炎上したに違いないとか思って見てもうたわw

教場の後編も見たので今日から始まる教場Ⅱをいつでも見れる状態にできた。
前編はハラハラさせられっ放しだったのに、後編はイマイチなんだよなぁ(川口春奈のエピの辺りとかテンポ悪杉)

『天気の子』は高画質で録画したから後でゆっくり見ようと思う~。

◆1/2◆
今日はアニメ映画の録画消費の日~。

『ガンダムナラティブ』と『銀魂・紅桜編』を見ますたお。
日付が変わるまでにあと2本くらい見たい。

結局昨年やってた『教場』の前編と、M-1の裏でやってた『鬼滅の刃 柱合会議・蝶屋敷編』をやっとこさ見終えた。
アイキャッチ画像が描き下ろしで眼福である。

日野ちゃまのアフタートークも北海道地区では放送があって安堵した(地方によってはフィギュアの番宣だったらしい。ふざけんなし(#^ω^))

◆1/1◆
毎年恒例の大晦日にやってたFate特番を録画しておいたので見たっけ、信長のFate愛が暴走しすぎていてワロタwどんだけガチ勢なんだよw

信長のトークだけで2時間行けそうな気がする~(私得でしかない訳だが)
つーか信長、芝居はイマイチだけど顔はいいし地声の方が聞きやすい声なんだよなぁ。

後はBSでやってた『ウエストサイド物語』を初めて観ますた。
フィギュアスケートで演ってる子多いもんで、一度ちゃんと見てみたかったんですよ。

パッと見、ヤンキーどもが抗争してるから『池袋ウエストゲートパーク』の元ネタ?と思いきや、アメリカ現代版ロミジュリだったのねん(教養なさすぎ!)

音楽がレナード・バーンスタインで、しかも冒頭『序曲』が静止画で4~5分くらい流れてビックリした!
こんなん地上波では絶対にやれんぞ。

話はガラッと変わりますが、年末に専門店で買った紅茶の茶葉が、香りはいいのにストレートはもとよりクリープ入れて飲んだとしても苦すぎてクソ不味く(コロナ禍で試飲ができないのが痛い)、ロイヤルミルクティーの淹れ方を調べて淹れてみたっけ、ちゃんと美味しく飲めるようになりました。

牛乳の使用量が増えるのが痛いんですが、どうにかして茶葉を消費しなければ…。
カロリーも気になるところなので、お湯と牛乳の割合も研究し甲斐がありますな。


というわけで、こんな感じに随時書き足しますが、書き足す場合は読みやすいように、上の方にどんどん追記しますわ。

以上です。ご静聴ありがとうございました!