2020年 10~12月期アニメ 簡易感想というか自分用備忘録

秋アニメ大豊作かもなぁと期待してムダに本数見てた割に、ガチで気に入っていたの魔王城でおやすみと、ヒプノシスマイクくらいしか無かった件。
2021年1月に始まるやつ何個か前倒しにできなかったものかね。

※管理人は北海道在住のBS民のため、タイムテーブルが都心とは大幅に異なります。


◆月◆
ゴールデンカムイ (第3期・BS)


やっとこさ樺太編が始まり、アシリパさんと再会できたところまで進んだんだが、何気に尾形や月島軍曹の過去が壮絶だった件。

しかも鶴見中尉の過去編までもがあって、鶴見中尉がクッソイケメンだったんだが!


A3! SEASON AUTUMN & WINTER(BS)

待望の秋冬組ですが、割と人気キャラの多い秋組の作画は頑張ってたのに、冬組になった途端に作画がヘタレになりよってコノヤロウだった。

劇中劇は冬組のがダントツに好きなのに、いかんせん主役のキャラが弱かったり不思議ちゃんばっかだからなぁ…。


生徒会役員共*(第2期・BS)

GoHandsが今のCG技術の片鱗を見せる校舎の描き方をしながらスタートしたのでビビったんだが、内容は更に下ネタがパワーアップしていて、スルメとタカトシのコーナーなんか目も当てられなかったぞw


◆火◆
シャドウバース 3クール目・続


世界を闇に飲み込まんとする災いの樹が出現し、ヒイロたち7人は災いの樹を封印すべく7枚の伝説のカードを手に入れるために7つの遺跡へと向かうことに。

伝説のカードが無いと詰みやんけってなくらい、相変わらずえげつないギリギリの戦いを強いられてますな。

特にライフが倍になったり色々とチート過ぎる親父との対戦が、ヒイロとルシアがタッグ組んでギリギリだったしなぁ。

まぁヒイロのカード以外は使いにくそうな感じがしないでもないけど。


ブラッククローバー 12クール目・続

微量な魔力しか持たず虐げられているクローバー王国民(デビルビリーバー)の話とか微妙に鬱になるオリジナル話と、団長たちがガチンコでやり合う話なんぞを挟んで、やっとこさ新体制となってハート王国に修行に行く算段が付いた模様。

引き延ばし大変だなぁ…。エルフ編で終わっとけばよかったのに。


トニカクカワイイ(BS)

原作一応既読です。
OPのすっげー早口な歌がクセになりましたw

内容は…ヘタレ作画だけどまぁいいです。


憂国のモリアーティ(BS) 1クール目(※2クール目は4月から)

原作は割と序盤でリタイア(当時ジャンプSQが立ち読みできる本屋が潰れたからw)

作画はいいのに内容端折りすぎで、モリアーティ兄弟に協力してる人間がイキナリ2人も増えて( ゚Д゚)ハァ?ってなったわ。

話自体もそれほど面白くないんだよなぁ…。


無能なナナ(配信で視聴)

能力者たちが集められた離島の中で唯一無能力者であるナナが、いずれ人類の敵と化すであろう能力者たちを抹殺する命を受け、そのミッションを命懸けで遂行する話。

裏番組を録画していて手が回らなかったのですが、第1話の掴みが非常に良かったので配信で視聴。

話が進むにつれてなんだかなぁ…な展開になっていって、一応区切りがいいところで終わったけど、コレ第2期来るんかねぇ?


One Room サードシーズン(BS)

新しい娘2人と過去作の3人のお話。
第1シリーズの最初に出てきた娘が結婚・出産まで行ったのが胸熱。

作画はセカンドシーズンよりも良かったんじゃないかと。


アイドリッシュセブン Second BEAT!(BS)

環の妹の話だったり、百が声出なくなった話だったり、ゼロにまつわるエトセトラだったりと、コレ1クールで片付くのかよ!?ってなくらい問題山積みだったのに、なんとかある程度は片付いてホッとしたわ。

ラス前で大和が豹変した時の引きがマジでゾッとしたのだけど、大和が演技派である設定が存分に活かされていて鳥肌モノだった!(第1期の頃から大和の正体が気になっていたもので。どうやら大物俳優の息子な模様)

おっ!第3期クル━━(゚∀゚)━━!!
なるはやでたのんます。


神達に拾われた男(BS)

ゆるゆるスローライフ系異世界転生モノ。

タイトルのセンスはどうかと思うし、もうちょっと作画が垢抜けていればなぁとも思うけど、優しい世界すぎて不覚にも泣けた。


富豪刑事 Balance:UNLIMITED

主人公が上川隆也っぽい声のトーンなのに、ビミョーに棒で誰よ?と思ったら、ルパンの娘でイキナリミュージカルかます人だった件w

作画とかは割と好きだったんだけど、話自体はそんな面白くなかったかな。

金にものを言わせる神戸(かんべ)が、その回に使った金額がラストに出てくるんだが、桁が違いすぎてワロタw
Balance:UNLIMITEDって残高:無制限ってことみたいだし。

SixTONESが歌う『NAVIGATOR』がとにっかくカッコよすぎたー!!毎回必ず飛ばさず見てたわ。


◆水◆
池袋ウエストゲートパーク(BS)


20年くらい前にやってたクドカン脚本・長瀬主演のドラマ版が演出や音楽などを含めて神過ぎるので、今更アニメでやられてもなぁ…って感じだったのだけど、Gボーイズ冬戦争回のEDで『忘却の空』が流れたのと、最終回でドラマ版のタカシ役の窪塚洋介がゲスト出演していたのが、オールドファン泣かせでGJだったわ。

IWGPの原作結構読んでるんだけど、何巻まで読んだか忘れちったなぁ。


おちこぼれフルーツタルト(BS)

久方振りのきらら枠です。

殆どのキャラ名がなんかヘンw「へも」ってなんだよ「へも」ってw


魔王城でおやすみ(BS)

原作の大ファンで、ものっそ期待していました!

キャストが豪華すぎるし作画演出安定してるし(寧ろ人型キャラはアニメの方が画が安定しているくらいw)、文句の付けどころが全く無かったです!!!!!

人型キャラの中ではあくましゅうどうしがめっさ好きで、やわらかい石川界人ボイスが聴けて俺得でした。

魔物たちの中でははりとげちゃんがすこだわ~。小山力也をキャスティングするセンスが最高すぐるw

あとレッドシベリアン・改が不死身の杉元の中の人で、杉元以外にいい役付いて良かったなぁ…と。

勿論最大の功労者はスヤリス姫の水瀬いのりなんだが!!!!!
第2期絶対やって欲しい~!!!!!


くまクマ熊ベアー(BS)

俺TUEEEE系異世界転移モノ(主人公女だけど)

主人公の性格と声がお世辞にもよろしくないんだが、社会貢献するようになってからは見やすくなったかな…と。


NOBLESSE -ノブレス-(BS)

吸血鬼バトル物…なのかな?

前半は人造人間たちとのバトルで、後半は吸血鬼の貴族社会のゴタゴタ。
後半戦キャラがめっちゃ増えるのに、前半に尺割きすぎだった希ガス。

つーかプロダクションIG、こんなんやモリアーティ作ってないで進撃FINAL作って欲しかったヨ…。
MAPPAの進撃、作画酷すぎるお(´;ω;`)ブワッ


◆木◆
ぐらぶるっ!(BS)


6分枠だったから流し見したけど、見なくてもいいショートだったわ。


ひぐらしのなく頃に業(BS) 1クール目・続

作画がやたら小綺麗になったけど、おっさんキャラ共(特に富竹)が妙にムチムチしていますなw

純粋な過去リメイクかと思いきや、過去作の更に分岐っぽい感じで、結局は『業』という新作だったー!

梨花ちゃまが神楽を舞うのが割と序盤で見れるのが嬉しい(旧作でついぞ舞わなかったような記憶があったりなかったり)


アクダマドライブ(BS)

ダンガンロンパのスタッフが結構絡んでるってんで見たんだが、クセの強い作画と陰惨な内容で見る人を選ぶアニメだった。

それにしても黒沢ともよの声ってクセ強ェな。


ツキウタ。 THE ANIMATION 2(BS)

腐女子向けコンテンツの中でも屈指のクソアニメだったツキウタなんだが、2ではそのクソっぷりが加速してた件。

歌やダンスシーン殆どの回で無いし、始(1月)回以外殆ど作画死んどるやんけ!

魔王様(11月)の出番も殆ど無いし、木村良平出るの渋ったんじゃないかと邪推してしまう始末。
まぁ魔王様ってキャラ掘り下げずにミステリアスなままの方がいいんだろうけどね。


◆金◆
魔女の旅々(BS)


作画は凄くいいのに話のチョイスの振れ幅がでかく、鬱展開回がちょいちょいぶっ込まれるのが見ていてキツかった。

特に第9話なんか、作者が全年齢に見て欲しいからパンチラとかやめれってわざわざ注文したって話を小耳に挟んでいたのに、あの血みどろ展開なんなん?

主人公・イレイナの性格が悪いとネットで叩かれていて、自分相当性格悪いもんだからそれほど~?と思ったけど、がっつりマウント厨ですな(現代だと学歴厨になりそうな感じ)


安達としまむら(BS)

キラーコンテンツのハズの五等分をダメにした手塚プロダクション制作で、顔作画の残念さが目に余りました。

ちょっと複雑な性格の女子2人のこそばゆい関係性など、お話は悪くなかったんですけどねぇ…。


ヒプノシスマイク-Division Rap Battle- Rhyme Anima(BS)

今期、魔王城と双璧を為すどハマリアニメでした!

コレ腐女子人気コンテンツだと小耳に挟んでいましたが(今だとツイステの方が主流なのかしらん?)、ガチな方のA-1が丁寧に作っていて、ラップシーンの3Dも不快にならない3D作画だし、声優さんラップ上手くてスゲーってなる!というかOP曲大好きすぎるー!!毎週絶対飛ばさずに見てたわ!

何気にED曲の「●●のやつらはプチョヘンザ♪」ってやつもじわじわきて(プチョヘンザって手を挙げろ!って意味らしい)、こっちも毎週飛ばさず見てた(時短命の私にしてはホントに珍しいことなのだよ)

推しディビジョンは新宿の麻天狼で、キャラ的に気になるのは社畜のひふみんですw
ひふみんブチ切れた時のラップすこすこw


ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅢ(BS)

第3期目となるダンまちですが、今期のは作画が終始安定してましたな。

内容暗めであまりワクワクするお話ではありませんでしたが。


キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦(BS) 

主人公とヒロインが敵国同士で戦争しており(関係性はロミジュリ未満ではありますが)、事ある毎にうっかり出会ってしまってなんやかんやあったりするという、これでもかというくらいベッタベタすぎる展開なんだけど、美形の男キャラがちゃんと居たり、仮面卿とかいう妙に気になる存在が居たりで、決して嫌いじゃなかったですよ。

ただコレ色々伏線っぽいの張りまくってる割に、第2期が来るのか怪しいところなのがモヤりますし、味方の女性キャラがベチャベチャした喋り方する娘が多くて、ちとばかし苦手だなぁとは思ったけど。


100万の命の上に俺は立っている(BS)

マガポケで2巻くらいまで無料だった分は既読。

ヘタレ作画で不快な主人公で、よくもまぁこんなの第2期やるつもりですなァ…。

まさかいらすとやバージョンのもBS11で放送するとは思わなんだw


呪術廻戦 1クール目・続

雑な線なのが悪い意味で気になって仕方ない原作のテイストを、巧いことアニメに落とし込んでいてとても見やすくなっており、これは良い方のMAPPAアニメだと思う(どうして進撃ファイナルはムダに作画を原作に寄せてしまったのか…)

五条先生が領域展開するご開眼シーン、録画残して何度も何度も見てるw


犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい 1クール目・続

呪術廻戦のケツに自動的にくっついているからついでに見てる。

アホの子の犬くんとツンデレな猫さまの対比が面白い。
猫さまの扱いが悪いような描写もあるけど、ちゃんとオチ担当だからな~。

たまに先代犬やよその猫の泣ける系の話ぶっこんでくるので油断ならんwマジ泣きしそうになるやろ~!


ハイキュー!!TO THE TOP(第4期・BS) 2クール目・終

2クール目はまるまる烏野vs稲荷崎と、途中音駒戦が2話くらいあったかな。

私的に第3期の白鳥沢戦の演出が鳥肌モノで、アレを超えるのは難しいのではと思っていたのだけど、日向の会心のレシーブが決まるところと、監督がゆっくりゆっくり!と叫んでいて、他の烏野メンバーはバッタバタしてたのに日向が見事に応えたところなど、主人公の日向の成長が見受けられる印象的なシーンが多々あって非常に満足度が高かったです。

あと何気に稲荷崎の北さん、アニメでスゲー好きになったわ。
淡々とした声のトーンと演出がスゲー合ってたと思う。


◆土◆
カードファイト!! ヴァンガード外伝 イフ-if- 2クール目・終


2クール目になってやっとこさ櫂くん投入され、俄然見るテンションが上がったものの、アイチの妹のエミとカードの妖精シュカのダブルヒロインという体なのに、可哀想なくらい二人が主役である意味が無かった希ガス。

というかエミとシュカの声のトーンが、ふたりともキンキンしていて聞き苦しかった件。


ドラゴンクエスト ダイの大冒険 1クール目・続

前回アニメ化された時の作画がヘタレで、テンポ悪すぎな上に打ち切られたから、モンスターのCGとかが結構いい感じなだけで期待値も上がります。テンポも悪くないと思います。

どの辺りまでアニメ化されるのかは分かりかねますが、前回のような残念な結果にならない事を切に祈ります。


メジャーセカンド 第2シリーズ 2クール目・終

やはり千代姉とキノコが加入する新体制が整って、光と再会するところで終わりよった。

作画がとにかく良かったので、この作画ならば続きを見てもいいかなとは思う。


半妖の夜叉姫 1クール目・続

犬夜叉の続編ではあるものの、高橋留美子はキャラデザだけに携わり、ストーリー自体はオリジナルのアニメで、殺生丸の双子の娘と犬夜叉の娘が妖怪退治する話の模様。

旧作のキャラが出てくるとテンションが上がりますな!

何気に福山潤の演ってるキャラの正体が気になる今日この頃。


ご注文はうさぎですか? BLOOM(第3期・BS)

制作会社変わったっぽいけど、何枚レイヤー重ねてるのってなくらい綺麗な瞳の塗りや、提供イラストやエンドカード演出などが変わっていなくて安心しました。

ハロウィン回のワクワクする街並みとか、背景を見ているだけでも幸せになれるんですよ。このアニメ。

作画ばっかり言及してますが、チマメ隊が志望校を決めたり、リゼの大学合格が決まったりと、着実に話も進んでいるんですよね…。
チマメ隊、高校バラバラになっちゃうのかと思うと、いとかなし…(´・ω・`)


戦翼のシグルドリーヴァ(BS)

シグルドという名前からして神話が絡んでくるのかなと思ってたら、がっつり北欧神話が絡んできたな。

けど長月達平はリゼロに集中してください…。


神様になった日(BS)

久々の麻枝准作品ということでそれなりに期待はしていたのですが、前半はなんだかしょっぱいギャグ回ばかり(麻雀回はスゲー評価分かれそう。私は好きw)、後半はどっと鬱展開に…。

結果的にあまりツボじゃなかったです。


魔法科高校の劣等生 来訪者編(第2期・BS)

制作会社が変わって作画がビミョーになった希ガス。
只でさえ大した好きな話じゃないってのに。

でもこの来訪者編を見てから劇場版の『星を呼ぶ少女』を見ると、リーナの事とか、お兄様の制服の事とかがやっと繋がるので、我慢して見て良かったとは思うw

深雪主役の話もアニメ化とのことで、そちらの方が期待できるかも。


ギャルと恐竜(BS)

コロナで長いこと中断されてたけど、やっとこさ終わってくれた。
実写パート作りづらそうだったなぁ。


体操ザムライ

MAPPAが片手間で作ったであろうかと思われますが、密かに今期の中で割と好きなアニメで、もっとお話広げられそうだったのに11話で終わってしまって本当に残念です。

サムライのおっさんだけじゃなく、南野とか他のキャラたちの続編作ってほしいくらい。


アサルトリリィ BOUQUET(ブーケ)(BS)

シャフト制作って事で色々と警戒していたのだが、シャフ度も独特な目線の動かし方も殆ど無かったし、色づかい綺麗だし、もっと鬱展開やら欠損キャラが現れてしまうのかと思ったらそうでもなくて安心した。

にしても、どの娘もふとももがやたらムチムチしてんなぁw


◆日◆
ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会(BS)


何気に初ラブライブだったりします。
というのも従来のシリーズは目の描き方などが苦手なキャラデザだったので、刷新して私のような新規獲得を目指したのは英断だったと思います。

過去シリーズと別の世界線(だと思う)で入りやすかったってのもあります。

キャラはとにかく明るく性格良すぎな愛さんが好き。
かすみんも性格的にはアレだけどキャラ的にはすこw


GREAT PRETENDER 2クール目・終

鑑定士を嵌めるシンシアの過去絡みの話と、エダマメとローランの過去をがっつり描いた話の2本立てで、1クール目のエピソードよりも俄然面白かった。

ラストエピソードなんかは特に、これだと実写じゃあまず不可能だなってな演出もあるし、アニメならでわのコンフィデンスマンを見せて頂きました。


あ、12月から進撃Finalも始まってますが、4話までしか放送されていませんし、率直な感想を他のMAPPAアニメにかこつけて2回もぼやいてますので、今回は割愛させて頂きます。


リタイアメモ

禍つヴァールハイト:
軍モノでキャラデザもしょっぱいし、頭に入ってこなさそうだったので1話リタイア。


おまけ:上記の中で見るアニメをどうしても週10本に絞らなければならないならコレ

1:魔王城でおやすみ
2:ヒプノシスマイク
3:アイドリッシュセブン2期
4:ハイキュー4期
5:魔法科高校2期
6:ダンまち3期
7:キミ戦
8:体操ザムライ
9:A3秋冬
10:呪術廻戦

8位以降は結構迷った。

ご清聴ありがとうございました<(_ _)>