2020年 10~12月期 ドラマ簡易感想というか自分用備忘録

すっかり遅くなってしまいましたが、昨年秋クールのドラマ所感まとめです。
昨年は冬クールと夏クールにお気に入りの作品が多かったのですが、秋クールはイマイチだったかなという印象ですね。


◆月◆
月9:監察医 朝顔(2020ー2021) 1クール目・続


おじいちゃんがいよいよヤバかったり、桑原くんが事件に巻き込まれたり(しかも不倫してるかのようなラインが映っててビックリした!)、お父さんが刑事の仕事をやめて東北に移住したり、新人の子が法医学教室を脅かすやべーことをやらかしたり、茶子先生が居なくなったりと、前作にも増して鬱展開続きなんだけど、子役含めて芸達者な人ばかり出ているし(当シリーズから加入した大竹しのぶやともさかりえも馴染んでますな)、演出もしっかりしているからやはり面白いですねぇ。


月10:共演NG

テレ東なのに中井貴一と鈴木京香というガチ過ぎるキャスティングで、1話目の掴みは上々で序盤は面白かったのに、第5話でおじいちゃん役の里見浩太朗が亡くなるシーンに尺を割きすぎて、なんだかなぁ…と思っていたら全6話でバタバタっと終わりよった。

中井貴一と鈴木京香のシーンは最高に面白かったのに、他にもある共演NGの人々のエピソードが軒並み弱くて残念だったりと、色々と勿体なさ過ぎるドラマだった。


◆火◆
火9-1:DIVER-組対潜入班-


コロナ禍でスケジュールが狂ったお陰で、改変期に何も見るドラマが無い時にもやってたから惰性で見てたんだが、5話で終わってくれて助かった。

全8話とか9話だったら2話目で切ってたと思うw


火9-2:姉ちゃんの恋人

姉ちゃんの家庭環境も恋人候補の林遣都も中々にハードな設定なのに、周りを取り巻く人々たちが善人だらけで優しい世界すぎた~。

恋する乙女な小池栄子とか、フワッフワしたキャラのフジッキーとかそうそう見れないぞw

ネットニュースでは有村架純だけが低身長で、イケメン弟たちがそこそこ身長高いってんで設定がおかしいとか噛み付いている人も居て、きょうだいでも体格差があるケースも存在するし、よくよく調べたら有村架純は160cmなのに低身長って、大半の日本人女性がディスられてて胸糞悪かった。


火10:この恋あたためますか

主演の森七菜が宇多田ヒカルに見えて仕方ないと思ったら、そう思っていた人多数だった模様。

まこっちゃんがカワイソスだったわ…(´・ω・`)

コンビニとコラボしたチョコシュー、めっさ私好みで旨そうだったのに買えなかったのが残念無念。


火深夜:30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(BS)

ネットで大層バズって『チェリまほ』と呼ばれていたようです。

童貞のまま30歳の誕生日を迎えた主人公・安達は、その日から触れた人の心が読める魔法が使えるようになってしまい、仕事ができるイケメンの同僚・黒沢(町田啓太)が自分に好意を向けている事を偶然知ってしまいます。

自己肯定力が低い安達は、何故にハイスペックイケメンの黒沢が自分なんかに…!?と戸惑いを覚えるのですが、他から押しつけられた仕事を断れないながらも、決して手を抜かず丁寧な仕事をする安達の細やかさなど、黒沢は安達の気付かない美点を多々見いだしていたのでした。

BL原作なのに演出がマイルドすぎるので腐女子的には物足りないかな~と思っていたのだけど、安達の童貞友達の売れない小説家・柘植(つげ)と美少年系宅配業者の恋とか、周囲を含めてなんだかもう優しい世界過ぎてストレスフリーなドラマでした。

つーか町田啓太のスパダリっぷりがすげぇのよこのドラマ!
町田啓太ってビミョーなストーカー役とかばっかな印象しかなかったのに!

主人公の子は無名の俳優っぽいけど初々しくて可愛かった~。
火曜の深夜に追っかけ再生でしたが寝る前に必ず見て毎週癒されてました。


◆水◆
水10:リモラブ~普通の恋は邪道~


コロナ禍の世界線で、登場人物全員が半数以上のシーンでマスク着用しているという意欲作ではあったと思う(ミッチーはマスク嫌そうだったけどね)

草モチさんと檸檬さんというHNでの遣り取りがじわりました。

互いの正体が分かってリアルで逢うようになってからは、こいつらどう見ても相性悪いだろとどうでもよくなりましたがw


◆木◆
木9:七人の秘書


秘書たちのキャラも立ってるし(特にサランが有能すぎるので、サランに裏切られた途端グダグダになってたのワロタ)、スカッとジャパンよりもスカッとする内容で、今期のダークホースだったんじゃないかと。

シリーズ化してくれたら続編も見るぞい。


木10:ルパンの娘(2020)

ルパンの娘・華に2話目で娘ができて8年後へ…という急展開。
この娘役の子の芝居がホンット一昔前の子役か!?ってなわざとらしい芝居なんだコレがw

ホームズの娘のハシカンも邪魔だし、褒めるところといったら田中みな実が出た回がミュージカルシーン含めてキレッキレだったことくらいしかないぞw

極めつけは連ドラで完結できず、完結編は劇場版でという大失態を演じよった。誰が見るんだ(テレビでやったら見るけどさーw)


◆金◆
金10-1:キワドい2人-K2- 池袋署刑事課神崎・黒木


コロナ禍でスケジュールが狂ったお陰で、改変期に何も見るドラマが無い時にもやってたから惰性で見てたドラマ・パート2w

色々ツッコミどころがあるドラマだったけど、コレいつやってたやつだっけ?ってなくらい昔で諸々全部忘れたわw


金10-2:恋する母たち

不倫ドラマなので毛嫌いする人多いと思うけど、ドロドロしすぎてなくて結構面白かったですよ。

3人の母親たちの息子が全員同級生で、妙にホモホモしいなと思ったら、その内の1人が同性愛者でビックリしたけど、それはそれで妄想が捗りましたわw(腐女子乙)


◆土◆
土10:35歳の少女


遊川和彦+柴咲コウときたら『〇〇妻』のバッドエンドを思い出し、坂口健太郎+King Gnuときたらこれまた鬱ドラマになるんじゃ…と危惧した通りの鬱ドラマだったわ。

橋本愛のヒステリー女演技とかめっさキツかった。


土深夜:先生を消す方程式

超進学校でスクールカースト最上位のF4みたいなポジのクソガキどもが牛耳る教室の問題を、田中圭演じる義経先生がバッタバッタと更生させるドラマかと思いきや、タイトル通り中盤で義経先生が生き埋めにされてゾンビ化するという超展開だけでも( ゚д゚)ポカーン

それなのに後任の頼朝先生(山田裕貴)とやらがクソガキどもも霞むサイコパスクソ野郎で、ヘリウムガス吸ったような声も相まってとにっかく胸糞悪かったし、結局コイツもゾンビになるとかいうアホみたいな結末で、近年稀に見るクソドラマだったw

クソドラマオブザイヤーどころか、2020年代を代表するクソドラマになるであろう。

…わし何回クソって書いてんのよw


◆日◆
日9:危険なビーナス


犯人がコヒさんなの分かりやすすぎたけど、吉高由里子の正体が潜入捜査官なのには素直にやられました!

伯郎(主人公・妻夫木聡)の妄想シーンが次回予告のミスリードを誘う糞演出なのがとにかく頂けなかったけれど、最終回だけはその妄想が良い方に転がってよかったねーと思ったの私だけですかそうですか。

ネットで今年一番胸糞悪い結末のドラマだったなんて叩かれていたけど、先生を消す方程式やハケンの続編のクソっぷりとか、35歳の鬱っぷりに比べればマシだったと思ったのは私だけですかそうですか。

蔭山さん派は浮かばれなかったと思いますけどね…(あそこで蔭山さんを袖にするのが伯郎クオリティかとw)


日10時半:極主夫道

玉木宏のタツの再現度が高すぎるぅぅぅ!
バカバカしくて日曜夜に見るにはもってこいでしたよ。


大河ドラマ・麒麟がくる 3クール目・続

再開して十兵衛の隠遁生活がかったるかったり、朝廷や寺社のゴタゴタがあったりで、ちょっと中だるみしたかなぁと思ったけれど、だんだん盛り上がってきましたぞ。

太夫はともかく駒が公方様にフリーパスだったり、女性キャラ強すぎやしないか。


スーツ2の2クール目はもう内容全く覚えていないので割愛します。
ご清聴ありがとうございました<(_ _)>