2021年 10~12月期 ドラマ簡易感想というか自分用備忘録

秋クールのドラマと言えば最終回付近はクリスマスだというのに、がっつりめのラブストーリーがそんなに無かったやうな。
今期は珍しく日テレのドラマがツボでした。


月9:ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~

経営がカツカツだという割に放射線科のスタッフ多すぎね?とか、各科の連携をわざわざギスギスさせる経営体制に疑問を感じたり、大森先生(和久井映見)がひた隠しにしていた患者の正体が肩透かしだったり、杏ちゃん(本田翼)に何かしらの病気の兆候をちらつかせておきながらスルーだったりと、気になる点が多すぎました。

映画化だそうですが、離島で感染症ってどうやって放射線科と絡めるんですかねぇ?不安しかねぇw


火10:婚姻届に判を捺しただけですが

いやぁ…ダンナがASDムーブかましすぎて、久々に見ていてストレスの溜まる火10ドラマだったなー。
ダンナがいつデレるかだけが気になったわ。

清野菜名が妊娠中とは知らなんだ。だから妙にダボっとした服ばっか着てたのか。


水10:恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール〜

今期ダントツに好きだったドラマです。

白杖を"はくじょう"と読むことすら知らなかった無知ゆえ、弱視の人も白杖を使っていることを初めて知ったくらいで、いつぞやR-1獲った芸人の解説コーナーもスゲーためになって、毎回必ずと言っていいほど気づきがありました。

ヤンキー君の黒川が天然でウルッとさせてくる発言するわ、ユキコが前向きで努力家なんだけど全然湿っぽくないのがとても良く(黒川が敬語で、ユキコが割とぶっきらぼうな喋り方な関係性が好き)、あたりの強かった周りの人たちの評価が変わってくる描写などに、毎回必ず涙目になってしまいました。スゲー円盤欲しい!

何気にユキコのファッションが好きで、とりわけいろんなが色入ったセーターめっちゃ可愛くて欲しい件(最終回付近で番宣に出てた時も、このセーター着てたの覚えていたり)


木10:SUPER RICH

どこがスーパーリッチやねん!ってなくらいのタイトル詐欺が酷い上に、江口のりこと赤楚衛二や町田啓太とのラブストーリーなんて、別に誰も求めてないけど?って、ドルチェアンドガッパーナのフレーズが久々に飛び出してしまったわいw

毎度毎度のように誰かしらに裏切られ、ちょっと軌道に乗ってきたかなと思うと赤楚くんの実家の家族など、誰かしらが足を引っ張ってきたりと、終始イライラさせられっ放しだったわ。

余談ですが、正月明けから『チェリまほ』の再放送が始まりまして、いいタイミングで再放送かましてくれてるな~。
赤楚くんにハマったオカンが、チェリまほにもしっかりハマっておりますよw


金10:最愛

初回を見た時点では一番期待値が大きかったです。
スタッフが『Nのために』のチームだそうですし。

なんかコソコソ嗅ぎまわってる謎の若者が弟くん(この弟くんが何気にイケメン)だと判明した辺りから急に、話自体はあまり面白くなくなったやうな。

つーかミッチー、なんか宗教でもやってるかのような謎の詰襟っぽい服着てたのに、後半フツーのスーツ姿になったの、どーゆーキャラづくりやねん!?
ミッチーのキャラ設定が一番の謎だったやうなw(鼻血出してたの白血病フラグかと勝手に思っていたし)

BGM気合入ってるのはいいけど、音量注意なくらいにひっきりなしに鳴ってるのはどうかと。

…と散々腐しておきながらも、主人公・梨央を支える男性2人が非常にどちらも魅力的で、大ちゃんエンドでも加瀬さんエンドでもいいわってくらいだったのは、とても稀有なドラマでした!(大抵どうしてそっち行くかな…って思うことが多いので。特に川口春奈がインスタ狂いだったドラマは最たるものだったかも)


土10:二月の勝者-絶対合格の教室-

「合格のためにもっとも重要なのは、父親の経済力と母親の狂気」という、のっけから過激発言で篩に掛けてきた本作ですが、中学受験は完全に蚊帳の外の立場で見れるので、傍から見ている分には非常に興味深い内容でとても面白かったです。

中学受験って土日GWも盆正月もへったくれも無く1日何時間も毎日勉強し続けて、しかも本番は2月というクソ寒くて風邪ひきやすい時期って、実際に挑んでいる子たちや親御さんの体力・胆力半端ないな(小学校の3学期なんて殆ど寝込んでる記憶しかないぞ)

それと原作コミック版の黒木に限りなく寄せてきた柳楽優弥がスゲェ。
フリースクールで髪くしゃくしゃな黒木のギャップ萌えも楽しめる。

BGMも色々バラエティに富んでてすこ(キーンコーンカーンコーンのフレーズをコーラスで奏でる曲とか斬新じゃないすか?)

ところで、六芒星っぽい三角の集合体みたいな図形の面積の求め方教えてくださーい!(解法が気になって仕方ない人)


日9:日本沈没ー希望のひとー

久方振りに今期ダントツワーストな日曜劇場見たわーw

しかも最終回で日本沈没しとらんやんけー!(北海道と青森と九州の殆どが残りよった。ワイ移住しなくていい模様)


日10時半:真犯人フラグ

主人公がポンコツすぎるので、周りの協力者たちが皆主人公の介護してるようにしか見えんのだが、息をするようにしれっと嘘をつける有能部下の二宮(芳根京子)が地味にこえーよw妙に悪目立ちしてる凸属性隣人よりもw

うっかり『あな番』の特番を見てしまったばっかりに、あな番のキャラが如何に濃ゆいかの再確認ができてしまった件。


大河ドラマ・晴天を衝け 3~4クール目(終)

開国してからの近代日本史がとても分かりやすく描かれていて見やすい大河ではあったのだけど、つよぽんとの絡みが無くなってからは“ドラマ“としては見応えが殆ど無くなってしまったやうな。

まぁ渋沢栄一の偉業を知る事により、次の一万円札をすんなり「栄一」と呼べるきっかけを与えてくれたのが良かったです(毎週「栄一見なきゃ」ってゆってたのでw)


以上です。ご清聴ありがとうございました<(_ _)>