メガネ男子は別腹☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 篤姫 第49話 『明治前夜の再会』 感想.

<<   作成日時 : 2008/12/07 20:43   >>

トラックバック 23 / コメント 0

篤姫もラス前です。
城を明け渡す日が刻一刻と近づき、大奥の女中達も日に日に落ち着く先が決まってゆき、城はどんどん淋しくなってゆく。

篤姫時代におぐしをといていた女中なんて、そんなマニアックなキャラ知らんがなw

天璋院付きの女中も常磐はまだ若いからと暇を出し、いつも一言多い唐橋には言外にお前の嫁のもらい手なんかおらんよと言ってるようなもんだ(゚∀゚)アヒャ

天璋院は重野に一人にしてと頼み込み、大奥での…家定様との思い出に浸ります。
家定様メモリアル〜vおいしい編集するなぁ。

わたくしは上様との思い出を胸にこの大奥を去る事にいたします。


涙ながらに思い出に浸っていると、滝山が籠の支度が出来たと呼びに来ました。

籠に向かう途中、滝山は天璋院を呼び止め、座して大奥と共に消えたいと言い出します。

しかもこんな土壇場になっても本寿院は生け花なんぞを!

ところが天璋院はそれを止めず好きにさせてあげ、しかも総出で生け花を始めちゃったよ!

これには後ほど天璋院の大奥への想いがこもっているとは、この時は思いもよりませんでした。


籠に乗り込む前の天璋院様と滝山の会話が良くってねぇ。

大奥を統べるのが他の誰だったとしてもこれほどまでにはうまくゆかなかったでしょう。
あなた様は選ばれしお方だったと存じます。大奥があなた様を呼び寄せたに相違ありません。
そのような方にお仕えでき、わたくしは大奥の誰よりも幸せにございました。


深々と頭を下げる滝山。

滝山、息災でな。

天璋院様こそ…いくひさしく…お元気で…。

籠を見送り涙する滝山。

この時ほど滝山が稲森いずみで良かったと思った事はありません!
涙が美しい!


江戸城に土足で乗り込んできた官軍。
しかし襖を開けて薩摩藩士は驚愕する!

まっこで美しか…。こいが大奥…。

皆で活けたお花が官軍をうならせた!
何という心意気!


一橋家にご厄介になる事になった天璋院様一行。

本寿院はたんすごと荷物をまるっと持ってきたもんだから手狭で手狭で。
でもあんなにも慶喜嫌ってたのに、そこに居候はさぞかし辛かろう。

徳川宗家の本拠地は駿府城。家康が隠居したところですね。
禄高は70万石…加賀よりも少なっ!ちょっとそれはあんまりじゃないか?

帯刀はその処遇に納得がいかず、薩摩も朝廷に領地を差し出す版籍奉還すると言い出した!
清廉潔癖なのは悪くはないな事だが、そんなんじゃ腹黒ーズには勝てませんな。


和宮も江戸を去り今日に戻るという。
ここで家茂様メモリアル…は単発ですかそうですか。

一橋でのあまりにひもじい食生活に、重野が(口減らしのために)出て行くと言い出した。
その重野の思いを天璋院は即座に見破ってしまう。

天璋院様がこのような暮らしぶりを見て行くのが辛いというのだ。

いつか互いに落ち着いたら桜島を共に見に行こう。

その日を待ちわびておりまする。

いつか…そんな日が来るといいね…。


流石の天璋院も次々との別れに気分が沈んでいる最中、遂に帯刀が来ちゃったよー!!

正座をする事もままならぬ帯刀は、我々がこんな生活を強いているのだと詫びる。
それに対し天璋院は幾島を遣わしてくれた事に謝辞を述べた。

あぁもう天璋院様と帯刀どのはめんどくさい!
篤姫とヘタレ尚五郎で行かせてもらう!

そう決めたところで碁盤登場〜。

尚五郎は子供が出来た事を報告すると、篤姫は窘めたくて溜まらなそう!

もう昔の事なので思い切って申し上げますが…やはりやめます。

このヘタレがぁーッ!!

やはり申します!
実は…わたくしはあなたをお慕いしていたのです。


知ってるぴょん。

知っていました。
ジョン万次郎さんから聞きました。驚きました。


そうだKY万次郎のヤローがそんな事言ってた!

それを承知でお聞きします。
もし…もし、斉彬様からの養女の話がなければ、私と一緒になってくれましたか?


それを聞いてどうなさるのですか?

私のあの頃の気持ちにけりを付けてやりたいのです。

わたくしの答えは……亡き夫、家定に相談致します。

尚五郎見事に振られました!

あっ!ずるいなぁそれは…。
お幸せだったのですか?その家定公との暮らしは。


この上もなく幸せでした。
心からわたくしを慈しみ愛してくれました。


あなたとお近さんも…


良き妻に恵まれたと思っています。

ならわたくしたちは互いに幸せだったということですね。

…そうですね…。

篤姫トドメの一石!
終わりました♪

やられたー/(^o^)\
尚五郎黒石なのに負けてやんの。

わたくしにとってあの頃の薩摩の思い出は宝物です。
また、会いに来て下さいますか?

しばらくは難しいかと…。
尚五郎の表情が曇る。

淋しゅうございます。お城を出て大事な人が次々と居なくなって行くのです。

更に尚五郎は泣き出しそうな顔で…
人は居なくなるのではなく、また会う時のためにひととき離ればなれになるだけの事です。

何を言い出すのかと思いきや、尚五郎中々いい事言った!

そうですね…わたくしたちもこうやってまた会えたのですから。

お守りを取り出す篤姫。

ちょっとした言葉で元気を取り戻すところは少しも変わってないんだなぁって。
尚五郎もお守りを…。

篤姫は涙ぐみ…けれど笑顔になって

次に会う時まで元気でいます。

次に会う時まで…

尚五郎…帯刀はもう時間が残り少ない事をもう悟っていますね…。
けれど篤姫に向けた笑顔が痛々しいまでに…。


ナレーションで帯刀の死が淡々と流れたらどうしようかと思ったけど、見せ場がちゃんとあるみたいで…しかもお近さんの前で逝くみたいで安心しました…。


あぁ遂に次回で最終回(30分位拡大!)
3年位続いてくれてもいい位好きなのに〜。

ハイビジョンは5時からなんで、ガンダムの録画止めて、こっち録って追っかけ再生しようかと…(真剣)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(23件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
篤姫 第49回「明治前夜の再会」
篤姫のお時間です。  あらすじ・・・ ...続きを見る
みはいる・BのB
2008/12/07 20:48
大河ドラマ「篤姫」第49回「明治前夜の再会」
ここんとこ、もう二度と会えないと思われた同士を、強引に力技で会わせてますよねえ〜。幾島の捨て身の特攻突貫攻撃でしょう、家定様のヒュードロドロでしょう、そして今夜はいよいよ尚五郎君改め帯刀殿!!!でもご家老様が勝手に江戸に来るわけにもいかないでしょうし、さてさて一体どんなトンチを発揮されるのかしらあ〜。{%顔モジヘェー(シェイク)hdeco%} ...続きを見る
真田のよもやま話
2008/12/07 20:52
篤姫49 帯刀チャン同情するなら金をやれ!
何だかんだと言いつつ今年の大河ドラマ篤姫も49回まで来ました。 長かったのか早かったのかよく分からない大河でしたが・・・・ と走馬燈の如く振り返っていたら! ...続きを見る
ぱるぷんて海の家
2008/12/07 20:54
篤姫 第49回 別れと再会
『明治前夜の再会』内容江戸城明け渡しを条件に江戸総攻めが中止された。大奥では、次々と天璋院(宮崎あおい)の前から人が去り、表方でも勝(北大路欣也)の指示により整理が続けられていた。一つ一つの部屋を周り、思い出に浸る中。天璋院が城を出る日がやってくる。本... ...続きを見る
レベル999のマニアな講義
2008/12/07 20:59
「篤姫」第49回
第四十九回「明治前夜の再会」無血開城の日が近づいた江戸城で、天璋院は大奥の住人たちとの別れを惜しむ。静寛院は、徳川宗家が再び江戸城に戻れるよう朝廷に嘆願するつもりだと話す。ついに江戸城を去る日が訪れ、天璋院は大奥で過ごした懐かしい日々の思い出に浸る。一... ...続きを見る
日々“是”精進!
2008/12/07 21:00
『篤姫』第49回「明治前夜の再開」
ラス前です。江戸城明け渡し。天璋院は。。女中たちは行き先が決まったと。表方は武装解除。和宮は清水家の屋敷へ。天璋院は皆に家族を持って欲しいと。。滝山にも。。と。4月10日。城を去る日。―回想 家定との出会い。―籠の支度が整ったと。。滝山は大奥と共に消え... ...続きを見る
strの気になるドラマ 気になるコト
2008/12/07 21:02
篤姫「明治前夜の再会」
篤姫「明治前夜の再会」 ...続きを見る
ありがとう!、あてつけじゃないよ。
2008/12/07 21:05
大河ドラマ「篤姫」第49話「明治前夜の再会」
江戸城の明け渡しを命じられた天璋院。いよいよその時が近づく。そして、ほぼ全員の行く先が決まり、懐かしい想い出を語りながら挨拶し、去っていく人々。ひとり、ひとり・・・寂しい限りやろうと決めたことをやり通す。それが母上さまから学んだこと。そう言う和宮は清水... ...続きを見る
◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
2008/12/07 21:05
篤姫 第49回「明治前夜の再開」!
<大奥が終わるときは・・!>「そちが居るところ、それが即ち徳川の城じゃ」家定公は、大奥に最後が来ることも予測していたのですかね?「私は無念でならぬ」「恐れながら、天璋院様さればこそ」大奥の中から籠に乗って出ていかれ、薩長の者達は?土足で大奥に上がり込ん... ...続きを見る
バレルオーク日記
2008/12/07 21:14
【篤姫レビュー】明治前夜の再会
江戸城明け渡しにより大奥を追われることになった天璋院ら。当時、大奥にいた女性は1000名余り。職を失った彼女等の運命は!?と思いきや、みんな落ち着く先が決まった模様です。ホッとしたのも束の間、次には別離の辛さが待ち受けていたのでした。天璋院の側近はみんな彼女についていくと言います。しかし、常磐には「親元に帰って第二の人生を」と、滝山には「嫁いで子を産み家族を持つ素晴らしさを」と告げます。しかし、滝山はこの時64歳。残念ながら無理でしょう。あ、でも結婚なら無理ではないかもしれない。ガンバレ、滝山!... ...続きを見る
必然的なヒストリー
2008/12/07 21:32
篤姫 第49回「明治前夜の再会」
前回の無血開城によって、とうとう長年暮らした江戸城大奥を去らなければならない日がやってきます。大奥が花で一杯になった様子は、まるでオープニングのCGにそっくりですね。こ... ...続きを見る
あしたまにあーな
2008/12/07 21:33
『篤姫』第49回
〜明治前夜の再会〜 ...続きを見る
悠雅的生活
2008/12/07 21:41
篤姫#49
今回の物語でふと思ったのが&amp;#63716;「そして誰もいなくなった」(A・クリスティ作)であるのだが、天璋院のまわりから、一人、また一人といなくなっていく。「そして…」は殺されていっていなくなるのというので、今回の物語とは違っているものの、そういうことを感じた今.. ...続きを見る
MEICHIKUえんため・ぶろぐ
2008/12/07 21:43
篤姫・第49話
篤姫 完結編 (4) (NHK大河ドラマ・ストーリー)宮尾 登美子,田渕 久美子日本放送出版協会このアイテムの詳細を見る 今日の朝日新聞「TVダイアリー」つーコラムに「篤姫」脚本家の田渕久美子さんが掲載されていました。 この仕事を受けてから3年、それから「田渕さんの身に起こったこと」を「この記事の最終回にふさわしいかどうか。」でも、そのあたりのことを書かせていただきたい、と。 彼女は2人の子どもさんを連れて再婚したんだそうです。新しい家庭を持って、豊かで落ち着いた日々を送っていたと。 ところが、... ...続きを見る
ブルー・カフェ
2008/12/07 21:44
NHK大河ドラマ第49回「篤姫(明治前夜の再会)」
兎にも角にも、退くと言うのは寂しいものだ。 大奥に千人も居たという女性が全員引き払うという作業は如何ばかりであったろうか。 ...続きを見る
よく考えよう
2008/12/07 22:11
【篤姫】第四十九回
天璋院さまなればこそ、この度の事乗り切れたのだと私は思っております。大奥を閉じるのが私の役割であったと申すのか。自らの運命を知った大奥が貴女様をここに呼び寄せたにちがいありません。大奥を去る日、天璋院たちは花を生けた。いつものように、女中達と集まり、微... ...続きを見る
見取り八段・実0段
2008/12/07 22:17
★「篤姫49」つらいお引越し。。
今日は日曜日。。いつもどおり大河ドラマを楽しみました〜。。大河ドラマ「篤姫」【DVD】NHK大河ドラマ篤姫完全版本日の最安値は泣けちゃいました〜〜大奥の1000人ほどの再就職先。。なんとか無事に決まったようですね〜〜。。いよいよ天璋院が大奥を去る日。。家定さ... ...続きを見る
・*:・ふわゆら生活・:*・
2008/12/07 22:48
大河ドラマ「篤姫」#49
「明治前夜の再会」 ...続きを見る
ミチの雑記帳
2008/12/07 22:53
大河ドラマ:篤姫第49話「明治前夜の再会」
最終回目前です。いよいよ江戸城の明け渡しが成りました。全体としては割とあっさりとした印象もありましたが、別れを惜しむ天璋院を見て、そろそろ終わりなのだと淋しくなりましたよ。でも、本寿院は相変わらずですし、唐橋と瀧山のやり取りも笑えたりと、押さえるところ... ...続きを見る
山南飛龍の徒然日記
2008/12/08 00:45
篤姫 第49回「明治前夜の再会」
★別れ、別れ、別れ  天璋院(宮崎あおい)をめぐる様々な別れ。  滝山(稲森いずみ)、静寛院(堀北真希)、重野(中嶋朋子)……。  当時は車も電車も電話もなかったから別れは今生の別れでもあったのでしょうね。  だから「バイバイ、またね」とは言わない。  滝山の様に「天璋院の様なお方にお仕えできて、大奥の年寄りとして誰よりも幸せでした」という大仰な言葉になる。  その濃密な時間。濃密な人間関係。  車も電車も電話も便利でいいのですが、現代人はこの様な人と人との関係を失っていますね。 ...続きを見る
平成エンタメ研究所
2008/12/08 10:43
大奥最後の日!!
いよいよ大奥最後の日が近づいてきました{/hamster_6/} 滝山の一言『天璋院がいたから無事開城出来た』とは全く その通りかも知れません。 大奥が大した混乱もなく開城に応じたのは間違いなく天璋 院が大奥の主だったからなのです。 天璋院の役割とは無事大奥を閉じる事だけだったのでしょ うか?? 天命と云うにはあまりにも過酷な人生の様な気がしますね{/kuri_5/} 260年続いた徳川幕府がこうも簡単に潰れるとは… 誰もが想像だにしなかったのではないのでしょうか{/eq_1/} 栄枯盛衰・盛者... ...続きを見る
函館 Glass Life
2008/12/08 10:53
『篤姫』第49話プチ感想
今回の『篤姫』、遂に、天璋院が大奥を出て、一橋邸へ移りました。慶応4年(1868年)3月14日に江戸城開け渡しが決まり、4月10日に天璋院も去りました。急で、大変でしたね。大奥約1000人位の行き場も考えたりして・・・静寛院(和宮)は、京へ帰りました。&nbs... ...続きを見る
ショコラの日記帳
2008/12/08 19:53
NHK大河ドラマ「篤姫」第49回「明治前夜の再会」感想など
どもっす。二日遅れの篤姫感想でごわす。 ...続きを見る
優しい世界〜我が心に迷いあり(β)
2008/12/09 21:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

ブログ内検索

リボーンアイコンについて(欲しい人必読!)

アイコンのダウンロード先の案内はコチラ←クリック
絶対にこのブログから勝手に持って行かないで!!というか、どのサイトでも画像の直リンはイカン。

篤姫 第49話 『明治前夜の再会』 感想. メガネ男子は別腹☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる