メガネ男子は別腹☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 2010年7〜9月期ドラマ総評&アカデミー賞

<<   作成日時 : 2010/09/25 19:37   >>

トラックバック 0 / コメント 0

[ドラマ] ブログ村キーワード
更新滞りがちですが、自称チョイ辛ドラマウォッチャーとしては、重い腰を上げて何としても書いておかねばなりません。
そんな2010年7〜9月期のドラマ総評と独断と偏見に満ちたアカデミー賞をば。

神・優・良・可・不可・論外でジャッジしています。


今期の独断と偏見に満ちた最終評価

月9:夏の恋は虹色に輝く
松本潤、竹内結子、沢村一樹、他。

恐らく皆さん同様に突っ込んでいるでしょうが、タイトルが長くて覚えにくいぞ。
夏の恋は〜なのか夏色の恋〜なのかで、よく間違っていたのでした。

閑話休題、第1話で松潤のシャワーシーンに始まり、かなりの時間を松潤のスカイダイビングシーンに費やしていたのには正直欠伸が出まくりで、ほとほとリタイアしそうになりましたわ。

松潤と子持ち設定の竹内結子が恋に落ちるのも何だかなぁ…だったけど、松潤の友人やライバルキャラが揃いも揃って華がないのにもガックリ。

…と思いきや、ラス前で佐藤浩市が出たり、最終回ではフカキョンや市村正親が出たりと、ゲストが妙に豪華!

ところで最終回でニノが出てたシーンってどこよ〜?←調べたら粋な照明さんだった件w

最終的評価:可


火9:JOKER〜許されざる捜査官〜
堺雅人、錦戸亮、杏、りょう、鹿賀丈史、大杉漣、他。

必殺仕事人の現代バージョンなのかねと、軽い気持ちながらも、主演が堺雅人様で決めゼリフの「お前に明日は来ない」が聴きたいからという、只一点のみで視聴しようと思った作品ですが、予想以上にハマってしまいました(笑)

事ある毎に刑事ドラマは苦手だと書き続けている管理人なのに〜!

特に模倣犯が登場した第7話のラストの展開には、心底驚嘆し、してやられました!!

第8話は模倣犯があまりにも中二病なもんだから、前回の衝撃を返せ!と卓袱台を投げ飛ばしたくもなりましたがw

結構評判が良かったものだから、次に繋げようというのが見え見えなラストはどうかとも思ったのですが、くれぐれも映画化など考えずに、SPドラマで決着を付けて欲しいものです。

BGMに緊迫感や高揚感があって、主題歌も(ヒップホップ系は苦手にも拘わらず)作品の雰囲気に合っていて(これがジ●●ーズ系の主題歌だったら台無しである)とても良かったように感じます。

最終的評価:ちょい甘で優


水10:ホタルノヒカリ2
綾瀬はるか、藤木直人、向井理、他。

これはただただ、ホタル(綾瀬はるか)と“ぶちょお(藤木直人)”の遣り取りが、毎回毎回面白すぎたの一言に尽きます!!!!!

掛け合いも面白いし、ふたりでまったりゴロゴロしたり、新聞紙被って寝てたりと妙に癒される〜。

ホタルとぶちょお(と、山田姐さんと二ツ木さん)が『結婚』に辿り着くまでに、実に様々な葛藤や紆余曲折があって、干物女の干物たる鈍感さに時折イラッとさせられる事もありましたが、まぁそれはそれ。結局は収まるところに収まって良かったですわ〜。

前作でも書いた記憶があるのですが、この作品は悪人が誰一人として居ないのも(若干一名空気を全く読まない部下が居ましたけどw)、見ていてとても心地よいのです。

大笑いしたい時にまた見たいので、久々にドラマを全話DVDに焼いてしまいましたわ。

最終的評価:優


木10:GOLD
天海祐希、長澤まさみ、反町隆史、他。

何やかんやで野島伸司スキーなので(笑)それなりに期待して見ていたのですが、主人公・悠里(天海祐希)の過激な子育て論には賛否両論飛び交ったでしょうね。
2●ゃん●るのドラマ板で何が書かれていたか、密かに気になります(怖いから見ないけど)

個人的に一番共感したのは、「少子化ではなく少親化が進んでいる〜」のくだりの回でして、「子育ての覚悟と資格が無い人間は親になるな!」というのには、かなり納得してしまいました(病気がちな子猫一匹にあたふたしていて、おまけに心身共に不健康な私には無理って事です罠)

中盤、話が一気にカオス化してしまい、何がやりたいのかの方向性がサッパリ分からなくなってしまったのですが、力業で最後持ってったなァ…と。

折角天海祐希主演で、主題歌がSuperflyなら、『BOSS』の第2シリーズをやってくれと言うのが偽らざる本音だったり(みんな思ってるよね?ね??)

最終的評価:可


金10:うぬぼれ刑事
長瀬智也、生田斗真、中島美嘉、西田敏行、他。

クドカン脚本が大好きだから、どんなにくだらなかろうが視聴率が振るわなかろうが、お構いなしで完走する気マンマンでした。

3話くらいまでは、うぬぼれ(長瀬智也)が恋に落ちた相手が犯人のパターン化していたので、これすぐに飽きそうだなと思ったけど、4話から周りのキャラが巻き込まれていったので、飽きずに見れましたw

特に周りのキャラ…うぬぼれ5(ファイブ)の面々が、バーでうぬぼれの恋路を応援する「ヘイヘイヘーイ」のかけ声がヤミツキになる(笑)

最終回で、もうこのグダグダな遣り取りが見られなくなるなんて…と心底淋しくなりました。
何クールでも見ていたいんだけどな〜(そんなのアンタだけだよ)

うぬぼれが婚姻届と逮捕状を携えて、犯人の女にプロポーズに向かうシーンで必ずかかる曲がインパクト大で、しかも最終回ではそれに歌詞が付いていたのにビックリ!

1週間くらい「うぬぼれ〜うぬぼれ〜うぬぼれデカ♪」って脳内グルグルしてた(爆)
もっと早くに歌詞が出てたら毎週歌ってたかもしれん(マテ)

見る人をかなり選ぶ作品だったけど、バカバカしくてアタシは好きだったよw

最終的評価:良


土8:ハンマーセッション!
速水もこみち、志田未来、比嘉愛未、小日向文世、他。

最初こそGTOの焼き直しじゃん!と思ったものの、色んなパターンの展開があって、そして最終回がとても綺麗にまとまっていて、予想外に面白かったんですよコレが!

全く納得いかん決着の回もありましたが、まぁいいです。

眼鏡もこみちに萌え〜(無駄に毎回脱いでくれるのもw)
最終回はマジ泣きしてて、うっかりこっちも泣きそうになってしまった。

志田未来を初めとした生徒役も粒ぞろいで良かったですし、教師が主人公の学園ドラマとしては、久々に面白かったかも。

音羽4号(速水もこみち)を追う刑事の、取って付けたかのようなシーンがどうにも蛇足だった感もあるけど、刑事が居ないとあのラストもなかったからねぇ。

地味にBGMも良かったような希ガス。

…この土8ドラマ枠が無くなるそうですね。
残念だけど8時って見るの大変なんだよな…。

最終的評価:良


土9:美丘
吉高由里子、林遷都、真矢みき、寺脇康文、谷原章介、他

数年に一度は有る女の子が不治の病で夭折する内容ですが、主人公の女の子より相手役の男の子の方が今にも死にそうじゃんというツッコミを余所のブログさんでもされているでしょうし、ウチのオカンもしてるんですよね(笑)

ところが私は寧ろ主人公の病状が悪化して身動きが取れなくなるまでの、幸せな時間の描写があまりにも長すぎたんじゃないかな…と、キャスト云々のツッコミよりも展開のバランスの悪さが気になりました。

ラス前まで来て、漸くちょっとは泣けそうな展開になってきたか?と思いきや、最終回はえらくアッサリ流されておしまいだし。

あまりにも辛気くさいのもアレだけど、全然死にそうにないじゃんというのもどうかと思うのよ。

原作を読んだら少しは印象が変わるかもしれませんけどね。

主題歌は好きだという人がスゲー多そうだなと、一応要らんフォローを入れてみる。

最終的評価:不可


日9:GM〜踊れドクター〜
東山紀之、多部未華子、椎名桔平、他。

これは私が仮に現役のドラマブロガーを続けていたとしても、感想を書くのが極めて困難な、何とも不思議なノリの作品でした。

ヒガシもよくもまぁあんなに体がキレるなぁとか、バカバカしい内容に付き合ってるなぁ〜とか、しょーもない感想ばかりしか浮かばないのが困る。

総合診療の面では天才なのに、かなりズレてて騙されやすいにも程があるファイヤー(東山紀之)とか、研修医のくせに医局で一番威張り散らしてるお菊(多部未華子)とか、とにかく登場人物のノリが皆どこかしら変で、その設定に突っ込んだら負け〜!

そしてその登場人物たちに、何個もあだ名が付いているのが紛らわしいったらないわ〜。

一言では言い表せない突飛な内容なので、視聴者を完全に置いてきぼりにしているなという印象が強いドラマでした。ハイ。

でも何やかんやでしっかりそのノリについて行き、早めに録画を見るようにしていた私は希有な存在かもしれません(笑)

最終的評価:可


逃亡弁護士は1話の30分でリタイアし、上地を嵌めた犯人が気になったので最終回だけ見ましたが、何ともスッキリしない…けどリアルで善人であろう上地らしいラストでした。

リタイアして正解でした(笑)



独断と偏見に満ちた今期ドラマアカデミー賞

作品賞:ホタルノヒカリ2 文句なしでございます!

主演男優賞:堺雅人(JOKER〜許されざる捜査官〜)決めゼリフがシビレル〜!

主演女優賞:綾瀬はるか(ホタルノヒカリ2) 3も期待して良いかの?

助演男優賞:藤木直人(ホタルノヒカリ2) フジッキーの役の中でダントツに好きだよぶちょお!

助演女優賞:志田未来(ハンマーセッション!) ともすればウザキャラになりがちな性格なのに不思議!

特別賞:うぬぼれ刑事のテーマ曲(歌詞付バージョンw)

楽曲賞:井筒昭雄(JOKER〜許されざる捜査官〜)メインテーマが凄く耳に残る

主題歌賞: 『SCAR』RIP SLYME(JOKER〜許されざる捜査官〜)


今夏は夏クールにしては結構見れるドラマが多くてビックリしました!
いつも夏は見るドラマがねぇ〜とボヤキまくってたのにぃ〜(笑)

以上です。ご静聴ありがとうございました。


ひょっとすると次回2010年10〜12月期で最終回になるかもしれません。

コレ書くのに何時間かかってるんだよ私というくらい、思いの丈を綴るのが下手くそになってしまって泣ける。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

ブログ内検索

リボーンアイコンについて(欲しい人必読!)

アイコンのダウンロード先の案内はコチラ←クリック
絶対にこのブログから勝手に持って行かないで!!というか、どのサイトでも画像の直リンはイカン。

2010年7〜9月期ドラマ総評&アカデミー賞 メガネ男子は別腹☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる