メガネ男子は別腹☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 3DS版ドラクエ7 プレイ日記 その2 エンゴウ〜ダイアラック〜オルフィー〜フォロッド

<<   作成日時 : 2013/02/08 21:16   >>

トラックバック 0 / コメント 0

仲間会話システムの所為か、先に進めたくても進めないジレンマから逃れられない3DSリメイク版ドラクエ7プレイ日記2回目は、火山の島・エンゴウから、個人的に好きエピでもあるフォロッドまでになります。
ネタバレって言うほどのものじゃありませんが、それなりにストーリーに触れている部分もあるので、読まれる際はお気を付けて。

そう言えば現在のウッドパルナに行く前辺りに、プクリポもどきから石版スカウターを渡されるのですが、そのエリアに立ち入った時点で青く光って、こりゃー夜中に石版が〜石版がぁ〜〜とうなされることもなくなりそうですなw

それから前回書き忘れたけど、キーファの妹のリーサが良い子すぎて泣ける(´;ω;`)ウッ…

というわけでエンゴウへの石版へ。
この世界は外暗くないし、町の中も葬式モードではない分、まだ救いがあります。

この町の占いババ(パミラ)は石版ヒントをくれたので、足繁く通った記憶があります。

それからマリベルにいばらのムチを買ってあげたら、やっとこさ戦力になるように…。

火送りの儀式とか、ホンダラのすごい聖水が役に立つこととかまるっと忘れてるのう。
(すごい聖水、予め手に入れてたから、戻る必要なくって拍子抜けしますた)


石版を回収し、お次はダイアラック…。石化の町です。

このイベント辺りから鬱が酷くなってきて、しんどいしんどいと思いながらやってました(超序盤なのに)
マリベルのツッコミを聞くのだけが楽しみだったわ。

結局この町の人々は救えず、じいさんと子供が灰色の雨の語り部として旅立つことになるのよね…。

現代ダイアラックは移民の町に。すれちがい石版のシステムがようわからん。
つーかインターネット酒場っていつオープンするの?コード入力したいんだけど。

移民は元モンスターたちが何かの折りに人間となった子たちをスカウトする模様。

フィッシュベル・グランエスタード・ウッドパルナで移民回収。

移民の町が出来てから主人公がようやくルーラを使うようになったのですが、エフェクトが羽根舞ってて(・∀・)イイ!!


お次はオルフィー。動物の町ですな。
ここはうっすらと覚えているが、通訳に木こりのおっちゃん必要なことを忘れてる辺り…。

木こりのおっちゃんと共に西の山に向かうのですが、ボスのデス・アミーゴ戦だけおっちゃん参戦して薬草サポートしてくれて和む〜w

ガボキタ━(゚∀゚)━!!これでやっと4人パーティが組めます!
この子使える子なんだよね〜。取り敢えずテキトーに装備を見繕う。

現在のオルフィーでも動物の呪いが続いてるのかと思って一瞬ビビる。
女当てクイズ、いきなり猫に話しかけてドボンしますたw

西の山に石版を取りに赴くが、過去の世界と現在と、全く同じダンジョン潜るのダルい。
こういうところも私がPSオリジナル版の7がダメだった理由だと思っている。

山頂で岩戸の封印が解けそうになっていて、またデス・アミーゴと戦うのかと思いきや、魔力を使い果たしていてみすぼらしいオッサンの姿になっていてワロタw

オッサン、最後の力を振り絞ってガボを白いオオカミの姿に戻そうと術を掛けるが、ガボが喋れるようになっちゃったYO☆

ガボ、結構おしゃべりな子で、木こりのおっちゃんの所に報告に行くと、おっちゃん喜んでた〜。やっぱ和むわ〜。


お次は結構長編のイベントで、しかもPS版で個人的に一番好きなエピソードだったゼボットとエリーのくだりのフォロッド編です!
ドラえもんの鉄人兵団が好きな人的に結構どストライク入るかも。

からくり兵との長き戦いで疲弊しきったフォロッドと城下町の人々…。お城の曲も暗くてどんより。

最初はお使いイベントがずらずらと続くのですが、対からくり兵の活路を見いだすために、人間嫌いで偏屈な科学者のゼボットに兵士長トラッドと共に支援を仰ぎにいく際、敵に触れなかったので兵士長がどんくらい強いかわからんかった。不覚w

初対面の頃はまだエリーはメイドロボだったのね。
というかゼボットとエリーとトラッドとフォロッドの姫様の関係って…。
エリーがフォロッドの妹姫だったなんて知らんかったわー。

ゼボットがからくり兵を改造して、対からくり兵用妨害電波発信機をこしらえエリーと名付け、彼女(?)が大活躍するのですが、全てが終わったあと街に凱旋すると、子供がエリーを見てお兄ちゃんの敵!と泣きじゃくり、その一言がトリガーとなって周囲のゼボットとエリーに対する目が冷たくなり、ゼボットの人間不信が益々酷くなっていくのが、子供に罪はない分後味悪いったら…(ドラクエ7のエピの大半が後味悪くて困る)

この辺りからボス戦がちょっとずつキツくなってくるかな。
当時からデスピサロにしか見えなかったデスマシーン戦で、主人公のアイチが諸刃斬りでぬっ殺されて、倒した後の仲間のコメントが聞けなかったぞコノヤロー(セーブするタイミングが中々無いんだよフォロッド編は)


しかも現代ではイケメンのフォロッド王(ドラクエ界でこんなイケメンキャラ見たことないかもってなくらいなので、デジカメで撮影しておけば良かった)はからくりご執心で、ゼボットが発明したからくりお掃除マシーンが沢山量産されるも、ゼボットの名前は歴史から完全に抹消されており、西のゼボットの小屋で朽ち果てたエリーが、白骨化したゼボットに甲斐甲斐しくスープを飲ませようとするのが泣ける。この辺ホントダメ(書いていても目がウルウルしてくる)音楽も全滅の曲で反則。

フォロッド王はヒト型のからくりを作る上でエリーこそがその礎になると、エリーを無理矢理城に持ってゆき研究を押し進めようとするが、現代で唯一ゼボットとエリーのことを知っているであろう、兵士長トラッドの子孫のアルマン(天空の大神殿でアルマンの鎧ってのがあるんだけどソレなのか?)が骨を折り、フォロッド王は憑き物が落ちたかのようにエリーをゼボットの元に返してあげることにするのでした。

最後にエリーが「アリガトウ…」と一言を残し、私の涙腺は崩壊。
マリベルも粋なこというんだ、これが。
マリベルってホント言いたい放題だけど、清々しいまでの毒舌と、たまに漏らす正鵠を射た一言がタマランのですよ。

戦歴で見られるざっくりとしたあらすじが上手くまとまっていて、ストーリーを思い返す上でとても良いので、それ見ながら書けばいいのに。


次回はけったくそ悪い昼ドラ(韓ドラかも)のようなグリンフレークからお送りします。

もうじき彼とのお別れが近づいて来ました…。
主人公・キーファ・マリベル・ガボのパーティで最後までやりたいよ…(キーファの発言に対して突っ込むマリベルの掛け合いが結構あるし)

ご静聴ありがとうございました。


続きをアップしました!
コチラです←クリックで飛びます

プレイ日記その1はコチラ ←1を読めば続きのリンクが張ってあります

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

ブログ内検索

リボーンアイコンについて(欲しい人必読!)

アイコンのダウンロード先の案内はコチラ←クリック
絶対にこのブログから勝手に持って行かないで!!というか、どのサイトでも画像の直リンはイカン。

3DS版ドラクエ7 プレイ日記 その2 エンゴウ〜ダイアラック〜オルフィー〜フォロッド メガネ男子は別腹☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる