アニメ版のだめカンタービレ 第16話+セクシーボイスアンドロボ 第10話 感想

のだめ16話・ピンクのモーツァルト

いぶし銀からピンクのモーツァルトへ~!
恋は人を変えるね~!
黒きんが眩しい(笑)

オーボエは木管ではダントツに好きなんじゃが、
扱い地味なのね。ガクー…。


そして『もじゃもじゃ協定』締結!

プリごろ太ラムネフィギュアを箱買いするハリセン…。
そりゃ子供も逃げる罠。
つーかキャラどんだけ居んの?(笑)

そっか、のだめはカズオが好きなのね。
いじめっ子。だから千秋も好きなのか。納得。


以下セクロボの感想ですが、今回の話が好きな方はそのまま回れ右して下さい。
何があろうが大丈夫な方はスクロールして下され。
              ↓

最終回ゲストが中村獅童。
サブタイは『ロボ』これは期待できそうなんですが…ねぇ。





















セクシーボイスアンドロボ10話・幸子

生まれてくる子には“幸子”って付けるんだ。
…この名前を聞く度にNANAを思い出して、さぶいぼが出るのは私だけでしょうか?
全国の幸子さん、幸子ママさんスミマセン。

ロボのMAX銀行券欲しーい(笑)
ベタ塗りのアシスタントっぷりが妙にサマになっていて!(しかも漫画家先生にせかしてる!)
ロボの宇宙知識の披露っぷり以来の隠し技発見といった感じです。

でもね…今回お金の話でしたよね。
こーゆー話は着地点が最も見えやすくて、ラス前のここで入れられても、イマイチ盛り上がりに欠けるっつーか…。(以下毒吐いてるので反転↓)
金で買えない幸せがあるっつー話は、食傷過ぎて勘弁して欲しい。つーかマジ冷める。
ロボオタ仲間のケロ山くん所有のロボットとのお別れのシーンは笑かしてもらいました。
転校生受け容れるみたいで。

この記事へのトラックバック