改編期のバラエティ特番感想・第1弾

私的にアニメとドラマが小休止に入る改編期は、当たり外れのでかい特番が多くて厄介なのですが、結構色々見たので感想書かせてくださいまし。
Qさま!、アメトーク、ギャル曽根、アニメ声優ランキングでお送りします。

Qさま!アナウンサーvsインテリ芸人(テレビ朝日・3時間SP)

何で青木さやかがアナウンサーチームなんだ!
(A:昔、地方の局アナだったから)

結局このチーム編成が、デットヒートの良いスパイスになっていたような気がする。

おっぱっぴー・小島よしおはあんな顔とナリして早稲田卒だそうですが、テンパると全然ダメだと云うことが露呈されました。あーあ…。

逆にめざましテレビの大塚さんは惚れ惚れする位の博識っぷり!鳥肌立ちまくり!

3時間ムダな雑談コーナーがなく、ひっきりなしにクイズだったのが良かった。
久々に真剣に頭使って見たような気がする。(9・10辺りの難問が解った時、俺様天才!と錯覚できるのも良い)

テレ朝のクイズ特番と云えばタイムショックだけど、こっちのがダラダラしてなくていいかも。



アメトーーーーーーク!!!!!!(テレビ朝日・3時間SP)

アッコさんが最近酔うと『かめはめ波』をやり出すと、よくアッコにおまかせで言ってたけど、マジでかなり読み込んでいるようで。

アッコさんの口から「クリリンが可愛くて可愛くて」とか、「セルは味方の細胞を摂取して云々…。その後魔神ブウが…」とか、ディープな話をしている姿がおもろくてたまりませんでした。

次課長井上が、お宝自慢コーナーで鳥山明先生ご本人に描いて頂いた似顔絵(スゲーカッコ良かった!本人もカッコイイけど)を披露していたんですけど、アレはマジに家宝ですね!

ドラえもんとドラゴンボールのコーナーが見たかったので以上です。



金スマ・ギャル曽根の真実(TBS・2時間SP)

私はテレ東で大食い番組が始まって以来の大食いファンで、大食いはスポーツ・大食いの人はアスリート、沢山食べられる事は才能だと思っています。

私自身が生涯でラーメン1杯を完食できた事がない位(ラーメンは途中で飽きるというのもあるけど)胃のキャパが少なく、バイキングなんて全く元を取れない悲しい身だからです。

大食い番組は食べ物を粗末にしていると感じる方は多いと思いますが、ギャル曽根ちゃんが大食い界に彗星のように現れて、本当に美味しそうにばくばく食べるのを見て、実に気持ちよく、すぐファンになりました。

稀有な才能を持つ人はやっかみの的になるのが宿命で、ギャル曽根ちゃんの存在について賛否両論あるみたいですね…。

吐いているのではないか、と。

そうではない事を科学的に検証したり、家族や友人知人の証言で裏を取ったりと、興味深い内容でした。

ギャル曽根ちゃんは長距離ランナーで、マラソン大会荒らしの異名を取っていたそうで、その持久力が大食いにも活かされているのだと納得。

ただ一つ蛇足だったのは、ラストにギャル曽根ちゃんと芸人が大食いバトルするんだけど、素人が勝てる相手じゃないんだってば!

白田を呼べよ!白田を!!



気になるアニメの声優さんランキング(テレビ朝日・2時間SP)

アニメ地球へ…の最終回記事を書いて、余所のブログ見て回ってたら、最初の30分位見逃したんですが、概ね見れたので良しとしよう。

日本人どんだけルパン好きなんだってな位、レギュラー陣全員ランキング入り果たしていましたねぇ。

「このキャラの声は○○さん」と殆ど言い当てる私に親ポカーン…(ヲタクの皆さんのお宅でも同じでせう?)

高山みなみさん(コナン)と大谷育江さん(ピカチュウ)が出演NGだった事と、若手の人気男性声優さんが誰1人としてランキング入りしていないのが残念でした。

一般ウケしないのか…。

1位が新ドラえもんって何とも予定調和的なランキングだったなぁ…。

番組の最後に「綾波レイが見たい、ラムちゃんが見たい」と、ゲスト陣が矢継ぎ早に口走っていたことに禿同だったりします。


レギュラー番組でテレ朝殆ど見ないのに、特番だと随分見てるのう、私。

第2弾感想はコチラクリック

第3弾感想はコチラクリック

この記事へのトラックバック