篤姫第7話+佐々木夫妻第5話 感想

日曜ドラマ感想です。
篤姫はがっつり、佐々木夫妻は超軽めで参ります。

佐々木夫妻の仁義なき戦い 第5話

元カノ(実際には違ったが)桜井幸子登場かと思いきや、オネエの猪木のエピソードで、思っくそ肩すかしでした。何だよそのフェイント~!

前回のりっちゃん先生が本当にカッコ良かったのに、今回は事務所のキャラも活きてないし、内容もイマイチでしたのでこの辺で。

次週がいよいよドンパチのようです。




篤姫 第7話『父の涙』

あまりに唐突だった菊本の自害。

その真相は、姫のこれから訪れる輝かしい未来の、一点の染みであった身分低き己の存在を消すことこそが、姫のためであると思ってのことだった。

菊本は父、母、そして於一宛に3通の遺書を書き残していたが、父上は於一宛のそれを焼却してしまう。

…パパン、遺書くらい於一に読ませてあげてよ~(T_T)あんまりだ~!



菊本の死で流石の於一も塞ぎ込んでいたが、それを叱咤したのは尚五郎だった。

前を向いてお生きなさい。

於一に宛てた言葉はそのまま自分に言い聞かせているかのようです。
尚五郎も姫と別れ、それでも前を向いて生きていかねばならないのですから…。

於一は尚五郎でも怒ることがあるのだと、びっくりしつつも感謝します。


その晩、於一の元に菊本が夢枕に立ち、ゾゾーッ(笑)
この菊本、これから度々姫様の夢枕に立ちそうな悪寒w



姫の輿入れ…もとい養女になる日が刻一刻と近づいてきました。
本家から使いの者が来、姫は身一つで来いと言う。

父上はすぐ承諾するが、ここはしっかり者の母上が、心細いでしょうから一人だけでも侍女を付けるよう取り付けます。

於一の母上は本当に素晴らしい方で、最後の晩にも於一に素敵なお言葉を仰ってました。



最後の晩といえば、家族水入らずの所に、あり得ないタイミングで尚五郎が来ます。
このKY!なんて言っちゃいけません(言ったけどさ…。尚五郎スマソ)

於一は尚五郎にかんざしを渡し、まさかこれを形見にせよと言うのかと思いきや、お近(誰だっけ?あぁともさかりえね)に渡せと言う。

尚五郎は於一の持つペアのお守りを形見に欲しいと言い出します。

それなら交換しましょう。異国ではかけがえのない友と別れる時にお互いの物を交換するのだそうです。

…かけがえのない、友!!
尚五郎完全に撃沈…_| ̄|○

イイ オトモダチデシタ ッテ コトデスネ…。


けれど互いの息災を祈りつつお守りを交換。
17年の時を経て、ようやく然るべき人の元にお守りが渡ったのですねぇ。しみじみ。



これだけでもかなりキてるのに、輿入れ(こう言ってもおかしくないシチュですが)、もとい城入りの時、父上は「そなたと暮らせて愉快であった」と、これ以上言ったら泣き崩れそうな面持ち。

それ位今日の於一(というかあおいチャン)は目映いです
クラクラです!

「愉快だった」って、於一を一言で表す良い言葉選ぶよね、パパン。
男装して剣術習ってるわ、供はガンガン撒くわ、マジ瞼に目玉描いちゃう娘だわw



於一は遂に今泉島津家を発ってしまいました。
父上は真っ先にその場を離れ、一人、涙(;_;)

そしてお守りを手に於一を見送る尚五郎に、篭の御簾越しから於一もお守りを…。
ウワーン・。゚+・.゚*・(ノД`)ノ・。゚+・.゚*・!!!!!


於一が行ってしまった後、魂が抜けたようにヨロヨロと立ち上がり、泣き濡れる尚五郎が本当に可哀想…。

あの時とっとと於一と祝言挙げていれば…うっうっ(´;ω;`)

私とママンが泣きモードに入ってるのに、ジジイ(親父)が尚五郎のヘタレっぷりに爆笑してて、あまりのKYに殺意抱きましたな。
まったくデリカシーのない!



次週、お姫様教育ですと。
分家の娘ってコトでネチネチやられるみたいです。

持ち前の快活さで、どんどん切り開いていく於一、いや篤姫が見られるのでしょうか?

この記事へのトラックバック

  • 大河ドラマ「篤姫」第7話「父の涙」

    Excerpt: 菊本の死の真相。前回ここで何故?って思ったのですが、菊本の決意はこの時代ならではの風習ってことで・・・。あまりに切なく、一途で悲しいものでした この夜以降は菊本の名も口にしてはならないという.. Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2008-02-18 23:17
  • 「篤姫」レビュー

    Excerpt: 「篤姫(あつひめ)」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *2008年/NHK大河ドラマ *出演:宮崎あおい、瑛太、堺雅人、堀北真希、長塚京三、樋口可南子、稲森いずみ、高畑淳子、小澤征.. Weblog: ドラマレビュー トラックバックセンター racked: 2008-02-19 15:44