篤姫 第14話『父の願い』+ロスタイムライフ 第9話 感想

昨日始まった新アニメの祭に参加していた為、ドラマ感想のアップ遅れました。すみません。
ついでに原作、上巻読了しました。
原作のネタバレは無しで感想参ります。


篤姫 第14回 『父の願い』

江戸に来てから鬱々としていた(どこが?どの辺が!?)姫様だそうですが、江戸の母君に何としてもお目通りしたいと実力行使に出ます!

このやってやるぞ!というしたり顔こそが篤姫ですw

姫様は母君の部屋の前でハンスト(違)に入ります。

鬼教官幾島も4日目に音を上げようとしますが、姫様は諦めようがありません。

さしもの幾島も姫の粘り強さに舌を巻きます。
篤姫と幾島がどんどんツーカーになってゆくのが、このドラマの見所のひとつなんですよね~。

英姫付きの老女・小の島も座り込みに根負けし、母君との面会をセッティングしてくれまして…。

予告にもあった御簾なぎ倒し事件が発生するわけです。

母君の頭巾姿を目撃し、姫様ショ━━(;゚Д゚)━━ック!!

英姫には幼少の頃患った病気が元で、顔中にあばたがあるのだとか。
ブラマヨのブツブツですね…。ハイ。


程なくして斉彬様が江戸入りなされまして、篤姫は御台に輿入れを誰にも認められていない事を殿に問い糾します。

が、斉彬様はわしを信じろと一点張り。

先刻英姫にもカチンと来る一言を言われてますから、殿の表情は険しいです。

が、ふと緩み、今和泉島津の父・忠剛殿が身罷った事を隠しきれず、姫に告白してしまいます。

斉彬様は病床のパパンをお見舞いに行ってるんですね。
公方様に嫁ぐ娘の生家ですから、殊更気をお遣いになられています。

そこで遺言を託されたわけです。


忠剛殿は先月身罷られた。

姫様更にショ━━(゚Д゚;)Σ━━ック!!!!!

どうして報せてくれなかったのですか!?

それは忠剛殿の遺言故。


私に何があっても於一には知らせないで欲しいのです。
於一は大切な役割を果たそうとしています。
そのお役目を果たすまでは心を乱さずにおきたいのです。



けれど斉彬様は忠剛殿の気持ちを分かっていながらも、それを敢えて篤姫に伝えたのもまた父の気持ちだと語りかけます。

『父の願い』これはあっちのパパンだけでなく、斉彬様の願いも多少は含まれるのだろうなぁと思っていましたが、こう来たか!

パパンが死の間際、クロガネモチの木のたもとで於一の幻を見るシーンが泣けました(;_;)

このパパンの死因、癌か?
何かウチのじいちゃんの死の間際も、見えないものが見えているようなうわごとが多くて、それ思い出して尚泣けました…。



今日のバカ殿~

家祥→家定に改名~☆

だと云うのに、即位式(ってゆーんか?)では大欠伸。
扇子を弄ぶ様は中々のものでしたが♪

しかもママンの似顔絵を描いてたのかと思いきやアヒルって…!
そういえばアヒル追いかけてたよなぁ、山南さんw



原作について。

無粋になりますから多くは語れませんが、この作品はやはり篤姫と幾島のダブル主演なのだなぁと云うのがよぉ~く判りましたd(・∀・)

篤姫の人柄の良さと聡明さが運命を良い方へ良い方へと切り開いていくのも見もので、それを宮崎あおいチャンが今のところはかわゆさを前面に演っているように感じましたわ~v

いやぁ、もっとぶっちゃけてネタバレ全開で書きたいけどガマンガマンf(^^;)




ロス:タイム:ライフ 第9節(最終回) 引きこもり編@大泉洋

う~ん…。1浪でまたも受験に失敗し、以来31歳まで引きこもりでしょ?
ロスタイムが12日じゃないと分かった時点で、年単位のスパン(12年)ってバレバレ。

着地点も見えちゃったなぁ。


今回でラストのようですが、当たり外れの振れ幅がでかいドラマでした。
まぁ1話完結のオムニバスならば、こんなもんだろうと云った所でしょうか。


順位付けるなら…

1位:部長編@真木よう子

コレは文句なしに1番!
内容の濃さやテンポの良さもさることながら、ホイッスルの鳴った瞬間、立ち去る審判団の後ろ姿までもが何とも言えない切なさ倍増。


2位:幼なじみ編@電車男&悠理

コレもですねぇ、複数の審判団がうじゃうじゃする画面の可笑しさと、ふたりともロスタイムを迎えていたという泣ける設定で…好みの話でした。


3位:看護師編@上野樹里

コレはなんと言ってもラストの反則とも言える超展開にやられたので!


私、温水洋一にこれといって思い入れないので、再試合の感想まで書くかビミョウです。

この記事へのトラックバック

  • 大河ドラマ 篤姫 第14回「父の願い」

    Excerpt:  英姫様のあのマスク!旦那さまの前でもはずさないんですねえ。いったい何のためのマスクなのかしら?家族の間で正体を隠したって何の意味もございませんよう。あっ、もしかして、「不思議少女ナイルなトトメス」・.. Weblog: 真田のよもやま話 racked: 2008-04-07 21:21
  • 篤姫~第14話・島津忠剛の本音

    Excerpt: 篤姫(宮崎あおい)は、冷淡な英姫(余貴美子)の部屋に日参し、何とか気に入られようとします。英姫付きの老女たちは当惑気味ですが、幾島(松坂慶子)は「姫様には何一つ逆らえませんので」と都合のいいときだけ従.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2008-04-07 21:54
  • 篤姫#14

    Excerpt: 今回は、時代の方は激しく動いたが、篤姫の周囲では動きがなくてゆったりとしていた物語でした。(但し、最後にどでかいことがありましたけど...) 母・英姫に御台所になれない、と激しく言われたことから、篤.. Weblog: MEICHIKUえんため・ぶろぐ racked: 2008-04-07 22:22
  • 篤姫 #14 父の願い

    Excerpt: やはり・・・つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚  お茶目なパパさん、さらばです。 篤姫が江戸に来たので、薩摩組の出番が少なくなりました。ちょっと寂しいです。 そのかわり、英姫は物凄い存在.. Weblog: たっくんママのひとりごと racked: 2008-04-07 22:33
  • 篤姫 第14回 父の願い

    Excerpt: 先週は尚五郎の挫折物語に感情移入してしまいましたが今週はあおいちゃん篤姫のかわい Weblog: くまっこの部屋 racked: 2008-04-07 23:35
  • 篤姫・第14話

    Excerpt: 『驚きの嵐!世紀の実験学者も予測不可能SP4』を見ていたので(しかも録画しながら)オンタイムでは見られなかったんですよ「面倒臭いから見なくてもいいかな~」とも思ったんですが、一応「今後の為に」BSで.. Weblog: ブルー・カフェ racked: 2008-04-07 23:41
  • 「篤姫」第14回

    Excerpt: 第十四回「父の願い」「御台所になどなれるわけがない」と英姫に断言された篤姫は、鬱々とした日々を送っていた。年が明け、アメリカのペリーが再び江戸沖に現れた。江戸から急に呼び戻された斉彬は、薩摩を出立する.. Weblog: 日々“是”精進! racked: 2008-04-08 06:29
  • 篤姫 第14回「父の願い」!

    Excerpt: <あばたもえくぼ!>「いざ出陣じゃ!」「姫様がなさることには何一つ逆らえぬ身にて」篤姫と幾島、息がぴったり!「おかつはの顔ばかりが浮かぶ」忠剛、父はいつまでも父です。「世万の神?」斉昭も身の程をわかっ.. Weblog: バレルオーク racked: 2008-04-08 12:52
  • 『篤姫』第14回「父の願い」

    Excerpt: 2008年『篤姫』第14回。。御三家、御三卿、本家、分家。。ついに、家祥征夷大将軍の宣下を受け、が家定に改名しましたねぇ。。忠剛は死の床についていました。。にしては穏やかですが。。そこに斉彬が見舞いに.. Weblog: strの気になるドラマ 気になるコト racked: 2008-04-08 21:57
  • 篤姫 第14回 父の願い

    Excerpt: 先週は尚五郎の挫折物語に感情移入してしまいましたが今週はあおいちゃん篤姫のかわい Weblog: くまっこの部屋 racked: 2008-04-27 10:01