コードギアスR2 第16・17話 感想(9/10キャプ画追加)

[コードギアス] ブログ村キーワード
諸事情で1週間お休みを頂きましたので、今回は2話まとめて書かせて頂きますね。
久々に見直してみると、アーニャが過去の記憶が曖昧で、記憶と記録の乖離が激しいとこれまた重要な事を言ってた!
やっぱ見直しが必要な作品だとつくづく感じます。

第16話 超合集国決議第壱號

画像をクリックするとでっかくなるものもあります!

ウザクがカレンたんにグーでフルボッコされて、大爆笑してしまった。
マジザマァであるwww

反逆のルルーシュR2第16話超合集国アッパーカット

あんたなんて大ッ嫌い!!
カレンたん、わしの心の叫びを大音量で代弁してくれたーッ!


一方ルルちゃんはチョー合集国なんてのを建国。
あれま、1期ラストの合集国ニッポンっての、まーだ引きずってたんだ。

作中で映画みたいに役職のテロップが流れてたけど、玉城は宴会太政大臣じゃないんだよな(ノ∀`)

反逆のルルーシュR2第16話超合集国役職名

コレ落ち着いたら是が非でもキャプ画付けたいものです(今何十時間もアニメ録画が溜まってて、それどころじゃなかったりする。まぁ今期は私的にツボ突かれる作品が夏目以外無いので全力で倍速視聴するけど)

というわけでようやくキャプを付けているのですが、内務掃拭賛助官!?

平たく言えば掃除当番ってコトデスカ!?
しかも唯一、助官という何か一歩劣る感じが玉城クオリティですね、わかりますw


ところがぎっちょん、ナナリーの問題がまだ残っているようで。
シスコン魔王なルルーシュは、泣く泣くウザクに縋るしか無い_| ̄|○

ナナリーの為なら恥も外聞もないんだなぁお兄ちゃんわ。
こいつらの白々しい会話の応酬はもう聞きたくないのだが。


それにしてもドSなC.C.がドMになっちゃって、このギャップに萌えるべきかちょっと悩み所。

割れた皿の破片で指切っちゃって、てっきりルルちゃんはその指を咥えるベタ甘展開になるかとドキドキしてしまったぞw

もしそこで甘々展開になったら、ルルカレからルルシーに堕ちる所だったぜ(ぉ

反逆のルルーシュR2第16話「超合集国決議第壱號」


やっぱ見ながら書くよりこうして落ち着いてからの方が、あらすじダラダラじゃなく、ちゃんと自分の言葉での感想が書きやすいなぁこの作品は。


また見てギアスは若本皇帝w



第17話 土の味

反逆のルルーシュR2第17話土の味

あースザクが究極にウザくて、湿度の高さも手伝って苛々すんなー。
キャプ取っててもとにかくムカつくので、あまり本編に関係ない画像ばっかでサーセン。

ルルーシュの記憶の中に息づく子供時代のスザクの表情からして傲慢なオーラが出まくってんじゃねーかよ。

ウザク「良く僕の前に顔が出せるな。

シスコン「約束だからな。

ルルちゃんここですっとぼけた返答をするが、ウザクに好き放題罵倒されます。

ルルーシュは腹を括り跪き許しを請おうとするが、ウザクに思っくそ足蹴にされます。

ナナリーに嘘を吐いた。最低だ。
お前は人間じゃない!
何故生きろと言う!
ユフィを生き返らせろ!


だんだん支離滅裂になってきたぞ。
ユフィを生き返らせろ!って…賢者の石にでも頼んで片手片足持ってかれてしまえw

ウザクは涙ながらに尚もルルーシュに尋問を続けるが、何だかんだでルルちゃんに正義を貫けよ!なんて生温い展開に…。
全く意味がワカリマセンわ。


そこにブリタニアのナイトメアが何機も現れ、ルルーシュを組み敷く!

ルルちゃん超涙目。
俺を裏切ったなーッ!!!!!このゲスザクがァーッ!!!!!

ゲスザクって言い出した人、それ☆すた以来のナイスネーミングだわ、ホンマ。

あーあ、シュナイゼルやギルフォードに正体バレちまったよ!

あなたとゼロがただならぬ関係だとね。

スザクを尾行すればゼロに辿り着くと、カノン。
その言い回しが意味深すぎてニヤリング( ̄ー ̄)

おまけにカノンはスザクに「世界は君にだけ優しいわけじゃない」とキツイお灸を据えてくれました。


ところがルルちゃん、ギルフォードにギアスを掛けて、コーネリアと誤認させる事に成功!
あれま、ギルフォードが第2のオレンジ状態じゃないかw

冷徹にならねばナナリーを救えない!
ルルーシュは今になってようやく真の魔王になろうとしていたのでした!



超合集国の勢力分布図、改めて見ると結構広いな~。

それから左手薬指に絆創膏巻かれたシーツーが、エンゲージリング見てるようでカワイイv


次回:第二次トウキョウ決戦

また見てギアスは何やら色々w

ガンダムOOの予告が週替わりになってきて、俄然楽しみになってきたよ~!


TBの相性宜しくないところにはミラーから送らせて頂きます。
いつもすみませんm(_ _)m

アンチルル、乙!

この記事へのトラックバック