篤姫 第42話 『息子の死』 感想

[篤姫] ブログ村キーワード
爆笑したりしんみりしたりと随分とギャップの激しい回でした _| ̄|○

今回は珍しくまったりした大奥からではなく、寺田屋事件で襲撃された坂本龍馬の安否のシーンからでした。

帯刀は龍馬を刀傷に効くという湯治に誘います。

お琴も薩摩について行く気マンマン?
と思いきや、冗談だと帯刀を翻弄しまくり。

だけど、やっぱり心中は複雑です。


大奥では新たなお年寄・唐橋(高橋由美子)が天璋院付きになりました。

父親が京で漢方医をしているため、上洛した上様の情報を密にするための登用です。

観行院が亡くなり、公方様が旅立たれしんみりモードが続く大奥で、お囃子の音が鳴り響きます。

本寿院が大奥の雰囲気を良くするためによかれと思ってしたことで、眉をひそめる庭田嗣子をよそに天璋院はそれをよしとします。


しかし和宮や天璋院の祈り虚しく、家茂は京で倒れてしまう。

胸騒ぎがした天璋院は勝先生を召し、家茂の元に送り込むのですが、それがあんなあり得ないラストシーンに繋がるとはねぇ…。

勝先生は天璋院に、世の流れには逆らえぬと進言するが、天璋院は徳川家の人間としての姿勢を改めるはずもなく、長州と手を組んだ薩摩が幕府に向かってはこないかと案ずる。

天璋院の嫌な悪寒は悉く命中するなぁ。


さて、龍馬夫妻を伴って薩摩に帰郷した帯刀は、お近さんを前にキョドりまくり!

そして京屋敷におなごを囲っていることをあっさり自供したー!!

しかもお近さんはそれを見抜いてたー!!
おそるべしっ!姉さん女房!!

お琴とは別れる!必ず別れる!!

別れられるのですか?
…お琴というのですか…。


帯刀ー!!!!!実直なのはいいけどアイタタタ…。


浮気を問い詰められた帯刀は龍馬と湯治~。

温泉で談笑シーンなんて、この幕末でマッタリやってる場合じゃないなんて言っちゃいけませんw

龍馬は武士の世はもうじき終わることを予言します。

武士の世でなくなったらこの世は誰が引っ張ってゆくのかと呟く帯刀に龍馬はそういう男こそが相応しいのだと言います。

妻一人どうにもできない帯刀なのに、そこがよいのだとか。

えぇ~!?かなり先行き不安なんスけどォ~!


一方妻同士もガールズトークをしちょりました。

お近は尚五郎が於一の事が好きだったのに、自分と結婚したことをずっと気に揉んでいたのです。
結婚当初から7つも年上で、パッとしない自分に自信のないコンプレックスの固まりだったからなぁ(スゲェ分かるけど…)

惚れられるよりも惚れる方がずっと幸せどすえ。
そんな男と出会えただけで幸せです。私どもは幸せな女じゃあらしまへんか?
何があろうとええやありまへんか?惚れた相手が生きてさえくれれば。


そう諭すおりょうさん。

かっちょええなぁ、おりょうさん。
このシーンめっさ好きだ!

お近さんの周りには居ないタイプの人間ですから、目から鱗が落ちまくったんじゃないでしょうか。


傷も癒えた龍馬は薩摩を発ち、下関に向かうとのこと。

お近さんも龍馬が風のようなお人だと率直な感想を漏らします。

それを聞いて帯刀は夫婦で似てるなんて、お近さんのご機嫌を取ろうとします。

お近さんは京にいるお妾さんの事を許すみたいです…が、帯刀に淹れたお茶は激熱で、内心はやっぱりはらわたが煮えくり返ってますなw

そういえば帯刀は今後は髷を結わず総髪にするらしいんだけど、予告を見たらビミョーだった件。

瑛太は時代劇ヅラが似合いすぎるからなぁ…。
残り数話で見慣れぬまま最終回になりそうな悪寒。



病状が一向に回復に向かわない家茂は、病床の中、和宮の土産の西陣織の出来映えを見てご満悦。

だが母・天璋院への土産を何にすればよいか決めかねているのだそうです。

勝先生は公方様の元気なお姿が何よりの土産だと励まします。

しかし家茂の容態が急に悪化…!

倒れる家茂を抱きかかえる勝先生。

人払いをする家茂。


わしは何かを成し得たのだろうか…将軍としての何かを…男としての何かを…。

くやしいのう…。わしはまだ21ぞ…。

母上…宮様を頼む……


勝海舟の…おとうさんの腕の中で、しかも辞世の句が母上宛で息絶えるなんてあんまりだよー!!!!!

悲しいを通り越して無粋な突っ込みしか出てこないわしを許せ!


※えー、1か7か怪しいのでググったら、徳川家茂は数えで21歳…満二十歳で亡くなっているようです。

ということはこの時点で天璋院は10歳年上なので31。
おばあちゃんになるとかならんとか言ってたのは三十路前後だったようで…。やっぱり内心複雑だわ~il||li _| ̄|○il||li


公方様が身罷られた…。

滝山の報せに天璋院は俄にそれを信じることが出来ない。

よろけながら大奥の渡り廊下を歩き和宮の部屋へ…!

宮様……

もしや!?



お母さんと旦那を立て続けに亡くしてしまう和宮…(´;ω;)カワイソス…。
更に帝も!?

この記事へのトラックバック

  • 大河ドラマ「篤姫」第42回「息子の死」

    Excerpt: ちょっとエロスな写真集で世間の注目を集めてらっしゃる和宮様・・もとい、堀北真希様、 今週もまたノーブルな頬っぺたでお茶の間の話題と同情を独占されることでございましょう。 ええ、ええ、今週ばかりはそ.. Weblog: 真田のよもやま話 racked: 2008-10-19 20:48
  • 篤姫42 新婚旅行第一号は小松帯刀説登場?!

    Excerpt: 薩長同盟の立役者龍馬に危機がぁ!! で、寺田屋で襲われ怪我した龍馬が日本で初めての新婚旅行ですか? と思ってたら数日前の新聞に 日本初の新婚旅行は小松帯刀説?! 何でも龍馬より10年早.. Weblog: ぱるぷんて海の家 racked: 2008-10-19 20:53
  • 篤姫 第42回「息子の死」!

    Excerpt: <脚気衝心!>脚気衝心とは、ビタミンB1の欠乏によって心不全と末梢神経障害をきたす疾患ということです。当時はそういう栄養面の知識が無く、将軍ということで、ただただ白米ばかりを食べていたのでしょうか?家.. Weblog: バレルオーク日記 racked: 2008-10-19 20:54
  • 篤姫 第42回 愛する者の生と死

    Excerpt: 『息子の死』内容家茂(松田翔太)を戦場へと送り出した天璋院(宮崎あおい)であったが、そのころ、帯刀(瑛太)龍馬(玉木宏)の活躍により薩摩と長州が同盟を結んでしまっていた。。そのため戦いの準備のため、慶.. Weblog: レベル999のマニアな講義 racked: 2008-10-19 20:54
  • 「篤姫」第42回

    Excerpt:  第四十二回「息子の死」天璋院と和宮は、出陣した家茂の無事を一心に祈る。そのころ大坂の家茂は、慶喜と長州攻めの準備をしていた。だが薩摩藩の大久保から兵を出すことを断られ、準備はなかなか進まない。家茂は.. Weblog: 日々“是”精進! racked: 2008-10-19 21:00
  • 大河ドラマ「篤姫」第42話「息子の死」

    Excerpt: いよいよ激動の渦に巻き込まれていく大奥と幕府の時代の流れ。今回はその序章ともいえる家茂の死でした。 あぁ、あまりに早い展開にふりおとされないようについていくのがやっとです(><) .. Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2008-10-19 21:07
  • 『篤姫』第42回「息子の死」

    Excerpt: 2008年『篤姫』第42回。。薩長同盟が成立して。。龍馬に危機が。 伏見・薩摩藩邸。 龍馬が襲われたと聞いて帯刀が駆けつける。 で、龍馬とお龍は薩摩へ。 小松帯刀から坂本龍馬へ送られた、日本人初の新婚.. Weblog: strの気になるドラマ 気になるコト racked: 2008-10-19 21:10
  • 篤姫「息子の死」

    Excerpt: 篤姫「息子の死」 龍馬とお龍は薩摩へ。 夫婦揃って名前に「龍」かいな…。 京の奉行所から追われる身なのに薩摩にかくまってもらって…なんだか良くわからんが兎に角、龍馬は無事、薩摩の温泉に新婚旅行なので.. Weblog: ありがとう!、あてつけじゃないよ。 racked: 2008-10-19 21:18
  • 【松田翔太】篤姫 42話「息子の死」【感想】

    Excerpt: 「生きてさえいてくれれば」(お龍) 徳川家持公ご逝去。 あらすじ 寺田屋で襲われた坂本龍馬だが、間一髪脱出し薩摩邸へ逃げ込む。 ほ�... Weblog: 失われた何か racked: 2008-10-19 21:18
  • 篤姫 第42回 「息子の死」

    Excerpt: 序盤はお近と尚五郎が愛人のお琴のことでもめるラブコメな展開。 時代が変わろうというのにとても平和な小松家(笑) お近、心が広いなぁ。 でも器の広 Weblog: 青いblog racked: 2008-10-19 21:19
  • 篤姫・第42話

    Excerpt: NHK大河ドラマ・ストーリー 篤姫 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) (NHK大河ドラマ・ストーリー)宮尾 登美子,田渕 久美子日本放送出版協会このアイテムの詳細を見る 遂に家茂が・・・ますます.. Weblog: ブルー・カフェ racked: 2008-10-19 21:25
  • ??????????????????

    Excerpt: ????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????.. Weblog: ?????????????? racked: 2008-10-19 21:30
  • 【篤姫】第四十二回

    Excerpt: 案ずるばかりで何もして差し上げられない苦しみがこれほどの物であったとは。家茂が江戸を立ってから、天璋院の気持ちは嫌な予感でいっぱいになっていた。天璋院も和宮も毎日祈りを捧げていたが、不安な気持ちが治ま.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2008-10-19 21:36
  • 【篤姫レビュー】息子の死

    Excerpt: 家茂は長州征伐に出征。が、薩摩藩が出兵を拒んだ事もあり、幕府側はなかなか足並みが揃いません。勝麟太郎の言うとおり、時代が変わりつつありました。多大な出費をしてまで幕府に味方しようとする藩は少なくなって.. Weblog: 必然的なヒストリー racked: 2008-10-19 21:39
  • 篤姫 第42回「息子の死」

    Excerpt: はじめのうち、今日のメインは小松帯刀の懺悔だとばっかり思っていました。京に残したお琴のことを、お近さんに告白するのでした。当然のことながらお近さんは激怒し、しばらく口を... Weblog: あしたまにあーな racked: 2008-10-19 21:39
  • 大河ドラマ「篤姫」#42

    Excerpt: 「息子の死」 ちょっとちょっとーー! お琴さんったらもう京都の小松邸に居ついているんですけどぉ{/hiyo_oro/} しかも小松帯刀も「お琴」って呼んでるんですけどぉ{/hiyo_oro/} やっ.. Weblog: ミチの雑記帳 racked: 2008-10-19 22:14
  • 篤姫#42

    Excerpt: 今回の物語は、重要人物の死という大きな節目を迎える物語であったが、一体誰が主役なのかと悩んでしまうような物語となり、大奥の方は開店休業状態となり、物語の蚊帳の外という感じでした。ある意味では「お近」が.. Weblog: MEICHIKUえんため・ぶろぐ racked: 2008-10-19 22:29
  • 大河ドラマ:篤姫第42話「息子の死」

    Excerpt: 色々な意味で面白い回でした。家茂が死去するという重い内容だったのですが、薩摩側がコメディ路線だったこともあり、とてもメリハリが効いていましたね。静の幕府、動の薩摩といった感じでしょうか。薩摩では、何を.. Weblog: 山南飛龍の徒然日記 racked: 2008-10-19 22:52
  • 篤姫~日本初新婚旅行

    Excerpt: NHK大河ドラマ「篤姫」第42話~息子の死家定さんのときは亡くなっても内緒のままだったのに、家茂クンのときはすぐに知らせがきちゃうのねまぁ、外出先だから隠せなかったのだろうけれど・・・。まだ若いのに、.. Weblog: うさうさ日記 racked: 2008-10-19 23:14
  • ドラマ・篤姫 ~第42回~

    Excerpt:  ああ~、ついに家茂様が亡くなられてしまいました~。(泣)ついにあの一橋慶喜が将軍になるときがやってきてしまったんですねぇ・・・。ラストシーンの天璋院が和宮を前にむせび泣く場面は、彼女たちの悲しみが見.. Weblog: いわぴいのドラマ日記 racked: 2008-10-19 23:28
  • NHK大河ドラマ第42回「篤姫(息子の死)」

    Excerpt: 今回のテーマは何の事は無い、家茂の死のみで、後はお近の悋気のみであった。 Weblog: よく考えよう racked: 2008-10-20 00:10
  • 薩摩、出兵拒否!!

    Excerpt: いつから歯車が狂いだしたのだろうか?? 薩摩も長州もこの時までは倒幕までは考えていなかった のかも知れません{/kuri_4/} 攘夷を唯一体験した薩摩と長州、同盟を結ぶのも必然性 があったのかも知れ.. Weblog: 函館 Glass Life racked: 2008-10-20 09:59
  • 篤姫 第42回「息子の死」

    Excerpt: ★生きてさえいれば  今回は様々な夫婦の形。 ・帯刀(瑛太)とお近(ともさかりえ) ・龍馬(玉木宏)とお龍(市川実日子) ・和宮(堀北真希)と家茂(松田翔太)  かたや夫の浮気で夫婦喧嘩、かたや新婚.. Weblog: 平成エンタメ研究所 racked: 2008-10-20 10:34