ドラクエ6 プレイ日記 最終回 ドレアム無双な裏エンディング+全体的な感想

[最終回] ブログ村キーワード
1月28日の発売日から3ヶ月に渡ってのんべんだらりとお送りしてきた、ニンテンドーDS版『ドラゴンクエスト6・幻の大地』のプレイ日記も今回で最終回です。
テリーが勇者となりギガスラッシュも覚えたので、ダークドレアムを20ターン内撃破に挑戦し、見事果たせました!
時期的にネタバレもへったくれもないけど、ラスボス画像などを貼ってますので、まだクリアされていない方が読まれる際はお気を付けて~。


スタメン
主人公(はぐれメタル)
テリー(勇者)
ミレーユ(勇者)
バーバラ(勇者)

主人公は毎ターン仁王立ちで、テリーとバーバラが毎ターンギガスラッシュ、ミレーユは星降る腕輪装備で主人公にスカラ&山彦メラゾーマ&回復担当。

馬車
ハッサン(盗賊)
ドランゴ(バトルマスター)
はぐりん(はぐれメタル)
ベホマン(バトルマスター)

ドレアム閣下の一番厄介な攻撃が強制睡眠だった件(ノ∀`)

眠らされたらドランゴやはぐりんとチェンジし、ドランゴは輝く息、はぐりんはビッグバンとかやってお茶を濁してました。

仁王立ち戦法だと殆ど回復に追われることがないので楽でしたね~。

初めて対峙した時のあの苦労は何だったんでしょーか。


全ての画像はクリックすると等倍になり、見やすくなります。

画像

ドレアム閣下の膝を折ることに成功すると、僕らに代わって大魔王を倒しちゃってくださいと閣下にお願いできます。

熾烈なダークドレアムVSデスタムーアの激闘の幕開け!

あー…DS版ではピサロVSエビプリのタイマン勝負はやってないんだよなー(PS版ではやった人)

画像

9999ダメージって、これ何てFF的な攻撃かましてくれちゃってます。

画像

デスタムーアは本気モードだけど、ドレアム閣下はまだまだ遊び半分。

画像

フルボッコしまくった揚げ句、トドメにマダンテかましてましたよ!!!!!
デスタムーアがボロぞうきんのようだw

ドレアムかっけぇ(*゚∀゚)=3ハァハァ
ゾーマ様と並ぶ、抱かれたい魔王ナンバーワン争いだわさw

この後のエンディングは同じなので省略~。

あ、ベホマン・マリリン・キングス・はぐりんのEDでの姿はバッチリ見れました。


ドラクエ6を終えて

約15年ぶりのリメイクと言うこともあって久々の6でしたが、15年の歳月は何とも残酷で、当時初めてプレイした時とは全く違った気持ちで、イベントなどを受け止めてしまいました。

特にイリアとジーナのくだりと、マウントスノーの辺りは、じわじわクるなぁ…。


最大のウリでもある仲間との会話は、残念ながらメインキャラ6人には特筆すべきところが無いというか、台詞回しに違和感を感じてしまったり、ホリーさんが書いたセリフではないのだろうなというのが、ひしひしと感じられてしまいました。

逆にアモスは全てを持って行ってしまうほどのインパクトがあり、メインキャラ以上に愛着を持てましたw

ドランゴも人間並みのセリフ量があってビックリし、そのテリー愛の深さに脱帽だよ!

テリーは仲間になってからのセリフの大半が「だぜ」口調なのはどうよ。

まぁSFC版ほど扱いが酷くなくて安心しましたがね。


6は行間を読むスキルがある程度無いと、理解するのが難しい世界観なのですが、かなり解りやすくセリフが練られていており、プレイヤーに優しいつくりになっているけど、エンディングはもうちょっといじってくれても良かったかも…。

まぁ概ね楽しめたんじゃないかな…。


こだわりが強すぎるプレイスタイル故に、全クリまでかなりの日数を要してしまいましたが、辛抱強くお付き合いくださった読者の皆様に感謝します。

先週余りにも忙しくて疲れがかなり残っており、全く回らぬ頭で書いてしまった後書きになってしまい、思いの丈を全て綴った物には出来なくて歯痒いのですが(総評を書く時は箇条書きでメモを残しておくんだけど、そんな余裕すらなかったです)、ご静聴ありがとうございました。


次はジョーカー2のプレイ日記になります。

正直モンスターズシリーズはド下手で、極めプレイどころかかなり手ぬるい内容になること請け合いですが、お付き合い頂ければ幸いです(配合や技のアドバイスは歓迎!ストーリーのネタバレは勘弁)


追記:大ボケで発売日が間違っていたので、直しておきました。

やっぱり疲れてる時はホントダメダメだな~。

過去記事はドラクエ6のカテゴリからどうぞ

この記事へのトラックバック