2015年 10~12月期 ドラマ簡易感想というか自分用備忘録+2015年ドラマ 私的ベスト5

秋ドラマは最終回を迎えるのが早かったのに、すっかり年をまたいでしまいました。
今期は個人的に物凄く好きな作品と、ラストがお粗末なものとで二極化していた印象が強いです。
が、好きなドラマはかなり楽しんで見れました。


火10:『サイレーン』
菜々緒の悪女っぷりばかりが目を引く内容で、まぁそれはそれでネタドラマとしてアリだなと見てきたのだけど、ヒロインの木村文乃と一卵性双生児という設定が、生き別れで育った環境などで体型が違ってくるというのは目を瞑れたとしても、菜々緒が木村文乃にすり代わる設定は無理がありすぎやろ(ノ`Д´)ノ彡┻━┻と、最後の最後にツッコミ所満載で、お粗末なラストに大層脱力致しました。

アレ?主人公って誰だっけ??(松坂桃李だよ)
アタシ、ツッコミ属性じゃないのに突っ込ませるなんてどんだけ~?


水10-A『無痛~診える眼~』

とにかく一家惨殺事件の真相が気になったのと(犯人はスキンヘッドの男@中村蒼だが、伊藤英明に薬漬けにされてトランス状態にあった)、主人公の特殊能力(病巣が見える)に惹かれたので見続けていたら、主人公と同じ能力を持つ医師の女絡みの復讐というラストに、これまた脱力致しました。

終わりよければ全て良しの逆をいくドラマばっかやんけ。


水10-B『偽装の夫婦』
人間不信の主人公と伯母の真実が分かる第8話まではそこそこ見れたのに(というか第8話だけは神だった)、ラスト2話の迷走っぷりに、このドラマは結局何が描きたかったのかサパーリ分からんまま終わってしまいました。


木9:『遺産争族(相続ではない)』
主人公とヒロインは(向井理と榮倉奈々)お飾りみたいなもんだったけれど、それを取り巻く家族たちが揃いも揃って曲者揃いでアクの強い俳優・女優陣を敷いているものだから(高畑淳子のねっとりしたナレーションも然り)、ドロドロドラマ愛好家の管理人としましては、毎週とても楽しみに見ていましたよ!

最終回で鈴木浩介がトチ狂うかと思いきや、マトモキャラになってしまったのが拍子抜けでしたけどね~(笑)
往年の大映ドラマばりにもっとドロドロしてくれてもよかったのにw

おじいちゃんの死後に残された謎の鍵などラストに含みがあって、スペシャルドラマとして続編密かに希望です。


木10:『オトナ女子』
20年くらい前のトレンディドラマですね。
OPに出てくる割に谷原章介が殆どストーリーに絡んでこなかったじゃねぇかよw
ちくわ(猫)は可愛かったです。


金10:『コウノドリ』
録画が溜まるといの一番にコレ見てました。
綾野剛の新たなる引き出しに驚いたよ!

毎週毎週本当にもう色々考えさせられる内容で涙。
赤ちゃんが本物というのにも驚き!

音楽も素晴らしかった!
清塚信也のピアノ好きなんよ(ご本人もバーのマスター役で出ていました)
久方振りにドラマのサントラCD欲しいと思いました。

第2シリーズを希望します!

個人的に14歳の母エピで生まれてきた赤ちゃんが、作中でダントツに可愛かったのが何とも悲しすぎる結末で突き刺さりましたわ…( ;∀;)


土9:『掟上今日子の備忘録』
日テレお得意の土9の緩い推理モノにしては、原作がしっかりしているので面白かったですよ。
(特に1巻の表紙が紙飛行機な理由が分かった時には軽く鳥肌が立った)

ガッキーの今日子さん、再現度高杉じゃろ~!


日9:『下町ロケット』
これも毎週楽しみにしていました。

キャスティングに疑問符が付く人も多かったけれど(ヒロイン叩いてる人多そうだけど、役者が本業じゃない脇役たちの方が気になったよあたしゃ)、それを吹っ飛ばすくらい熱い展開で面白かったですわ。

ぶっちゃけこのドラマ、社長に見てもらってワンマンすぎる態度を改めて頂きたい(#^ω^)


リタイアメモ

月9:『5→9 (5時から9時まで)~私に恋したお坊さん~』
スマン、あの坊さんが生理的に無理。

火10:『結婚式の前日に』
スマン、香里奈が見るに堪えんかった。


2015年ドラマ 自分的ベスト5

1位:デート ~恋とはどんなものかしら?~(1~3月期)
2位:コウノドリ(10~12月期)
3位:下町ロケット(10~12月期)
4位:マザー・ゲーム~彼女たちの階級~(4~6月期)
5位:遺産争族(10~12月期)

次点:流星ワゴン(1~3月期)
うむ、夏クールはボロボロでしたなw


ご静聴ありがとうございました。

この記事へのトラックバック