2020年 9月期 ぼやき用ページ(9/29最終更新)

9月というと2年前の台風と地震と停電の最悪なコンボを思い出して憂鬱な上に、今年はなーんのイベントもない平坦な日常になりそうですが、つらつらとぼやいて参ります。

◆9/29◆
先日やっとこさ国勢調査を提出したんだが、毎度毎度クッソめんどいよなコレ。

(世帯)年収とか最後に出た学校名とか書かされないからまだマシだけど(以前は家が何LDKかとかも書かされたらしいぞ)

◆9/28◆
半沢直樹の最終回、1,000倍返しって程でもなかったけど、半沢嫁のセリフが今の時代だからこそ響くもので良かった。
というか竹内結子に半沢最終回見て欲しかったヨ…(*´σω・、)ホロリ

にしても大和田ツンデレだったなぁ~w

◆9/27◆
竹内結子が自殺…だとΣ(゚д゚lll)

シューイチを見ながら呑気に朝飯食ってたら速報で入ってきて、更にニュース速報まで入って、春馬きゅんの時はリアルタイムで速報を見なかっただけに、リアルタイムで知ってしまった竹内結子の方が鳥肌が暫く止まらなかったのですが!

というか竹内結子、コンフィデンスマンの映画で春馬きゅんと共演しとるやんけー!

生涯一女優として今後何十年と作品を残し続けてくれる女優だと勝手に思っていただけにショックでなりませぬ…。

◆9/26◆
魔王学院の最終回でのOP曲のボーカルの声がいつもより太いなぁと思って見てたら、アノス様バージョンだった件!粋な演出しよる!
歌詞の内容もアノス様のキャラソンとして成立してるし、普通にたっつん声の方がこの曲に合ってる気がするんですが!

アノス様応援合唱団が脱力するんだけど、それ以外はいい最終回だったよ~!
綺麗に終わったから2期は無くても大満足である!

◆9/24◆
リゼロ2期が来週最終回…だとΣ( ̄口 ̄;)

てっきり2クールやるもんだと…。
今のエピ来週で終われるんか?

◆9/23◆
やっとこさゆづちゃまの来年のカレンダー買って来たお。
紫Originがあるからね!しかも2枚もあったぞ!

でもダントツにおまけページの笑顔が(・∀・)イイ!!
早く来年終わってしまってオマケページを部屋に貼りたいお!

にしても今年試合出ないとしたら、2022年版カレンダーどうなってしまうんだ…。
私的には全部紫Originでもいいくらいなんですがw

ついでに100均で猫カレンダーも買って来たお。
こちらは実用重視で無いと困るんだわ。

ここんとこ100均の猫カレンダーって、顔や目など全てのパーツが丸い猫ばっかで、ビミョーにわしの好みと外れるんだよなぁ。

顔や目や耳がシュッとしたアメショ(それ割と希少種w)とかアビシニアンとかソマリとかの子猫の写真がいいのに(基本目つき悪い猫の方がすこ)

◆9/22◆
連休が終わっちゃうよー。
でも暇なんでドラマとアニメの感想まとめ、ある程度書いてました。

ドラマの方はほぼ書き上がっているのですが、スーツ2が全15話と聞いて、あと1ヶ月くらい寝かせることになりそうです>┼○ バタッ

◆9/20◆
SAOプログレッシブ アニメ化キタ――(゚∀゚)――!!

キャラデザや雰囲気が近未来的になって、いい感じじゃありませんことー!?
なーんの楽しみも無くなってしまって虚ろな日々だった今日この頃だったのだけど、SAOのアニメが完結するまでは頑張って生きようアタシ。

SAOの直前にやってる魔王学院のアニメも今期アニメでは1・2を争うくらい面白い件。
贋魔王の正体が予想外でファッ!?ってなったわw

◆9/18◆
明日から4連休だよー!
でも明日は土曜日にジャンプが出る日だから気をつけろー!

◆9/17◆
春馬きゅんのドラマの第1話をやっとこさ見たら、予想以上に面白かったのがホント悔やまれます…。

清貧を良しとし世捨て人と称されるヒロインと、金銭感覚がブッ壊れてるおぼっちゃまのコメディなんですが、只のドケチヒロインかと思いきや、推し活に対しては廃課金勢だったオチにクッソワロタわw

金銭感覚のブッ壊れ具合に関しては、先日北海道で始まったばかりのアニメ『貴族刑事』の方がブッ飛んでますがねw

◆9/15◆
先日買って来たプレスバターサンドをようやく食ったので感想をば。

【プレスバターサンド ※プレーン】
濃厚なバター生地がサックサクでとにかく旨い。一口食ったら全部無くなるまでしっかり噛みしめたいくらいに。
中のバタークリームはフワッフワでバターとは思えないほど軽い食感。あっちゅー間に溶ける。
キャラメルは甘すぎない感じ。もっと入れてくれてもいいのよ。

【プレスバターサンド 黒】
高級オレオって感じなココア生地。
中のバタークリームはココア生地との方がバター感を感じられるかもしれない。
チョコは若干洋酒が施されている感じ。

個人的にはノーマルの方が100倍くらい旨いと言い切れる。
下手な紅茶などで口の中をリセットするのが勿体ないくらい(トワイニングのアールグレイでは受け止めきれなかった。汁物が必要なら水でいいw)

気軽に手に入れられない道民にとっては、東京土産でこのノーマルのバターサンドくれる人はセンス良いなって思うわ。
六花亭のマルセイバタサンドとは全くの別物で、甘すぎずこってりもしていないオサレ菓子ですの。

逆に東京土産で東京ばな奈寄越す奴は、北海道土産で白い恋人を買ってしまう奴と同じくらいセンス無いと思われ。
白い恋人、10数年前にやらかしてしまってから、ラングドシャがシャリシャリしすぎてて不味くなったんよ…。まぁ好きだけどね。

並んで買って良かったです。ホンマ。
東京には旨い菓子わんさかあるんだなぁ…羨ましい。

◆9/14◆
令和おじさんが新総裁になった模様。

ジャンプ新連載、読み切りの時の方が良かったと思うんじゃが。
なんつーか説明セリフ多くね?「血が大鎌になった」とかって見りゃ分かるっつーの!

今週号アンケートハガキ送るとしたら、ロボ子1位で出してしまいそうな件。
ガチゴリラの母ちゃん美人だったー!

◆9/13◆
7/1の夜に申し込んだ羽生結弦展2020のグッズが今朝届きましたー(≧▽≦)

先着順で手に入るという『仙台巡り』も入ってました♪
コレで保存用も手に入ってしまったじゃないか~!

今治タオルが大人気過ぎて発送が遅れたとのことで、SEIMEI柄のタオル複数買いしとけば良かったかも。
じじいが風呂場で使いたいとかほざくんで首締めたくなったわw

あとSEIMEIキーホルダーも金具の部分がゆづちゃまの拘りで金色になっていて、コレも2個買いしておくべきでした。ぐぬぬ…。
いいもん、前回のホプレガキーホルダーめっちゃ大事に使ってるからさ…。

でも個人的に一番のお気に入りは、ルマンドクレイジーのボックスメモですわ。
見本からして気に入って真っ先にカートにぶち込んだけど、実物は予想以上に箱がしっかりしていて、これも複数買いを…。

写真集は読売の若杉カメラマンの撮影で、オフショットは殆ど無く、ジャンプの連続写真がOtonal版とOrigin版と収録されていたりして、報道写真としての色合いが濃い内容です。

スーツ姿とか会場入りしてる写真がえらくカッコ良く撮れてるので、フィギュアスケート競技そのものよりも報道寄りのカメラマンなのかなといった印象でした。

読売さん、またやってくださーい!
通販も再販品また出品してくださーい!(SEIMEIキーホルダーもうなさげだけど…)

◆9/12◆
平日が無理ゲーなら土日に行けばいいじゃない!ということで、ベイクのバターサンドを並んで買って来た。
ソーシャルディスタンスもへったくれもないみっつみつやぞ!みっつみつ!

北海道にも旨い菓子はあるっちゃあるけど、東京土産で貰う菓子って外箱からして小洒落てるんだよなぁ(以前貰ったNYなんちゃらチーズとかいうやつも箱がオサレだった)

白い恋人にせよ六花亭にせよ包装がめっさ昭和!だし、ロイズだってイマイチ垢抜けないもんなぁ。

ちょいと今、大急ぎで食べてしまわないといけないスイーツがあるので、それ片付けたらのんびり食べて感想書くと思います。
あ、買ったのはプレーン(キャラメル)と黒(チョコ)です。

宇崎ちゃんの第10話が鳥取旅行回だったのだけど、これが鳥取観光PRアニメとして出色の出来で、基本旅行嫌いでせいぜいデパ地下でわざわざ並んで菓子を買うくらいの行動力しかないわしでも、マジで鳥取に行きたくなるすんばらしい内容だった!

コナン空港と、水木しげるロードと、グッドスマイルカンパニーのフィギュアミュージアム(ねんどろいど系ね)と、中々にオタク心をくすぐるスポットが多いではないかっ!

EDが特別仕様で、宇崎ちゃんが鳥取の観光名所を次々と巡るスライドショーみたいで、しっかりロケハンして描いてるのが窺えて好感度大UP!

宇崎ちゃんってフェミ発狂案件のやべーやつだと思っていたけど、今回で考えが改まりました。マジで。

◆9/11◆
暖かく夏らしかったのも今日までで、明日からは冷え込むようです。夏終わらないで~!

ベイクの旅するバターサンドが大丸札幌のデパ地下で15日まで期間限定出店しているのだけど、行列で昼休みには買えないし、帰りに寄っても売り切れだし、どないせいっちゅーねん!

7/1の夜に申し込んだ、ゆづるてんのグッズの発送のお知らせが来ましたお。
すっかり忘れとったわい。届くのは明後日かな。

ブックレット見るのも勿論だけど、祭壇を更にカオスにするのが楽しみ~。

◆9/10◆
マガジンの新連載が星つぶの人だったんだけど、絵が半端なく上手くなっててビビった。
けれどヒロインの性格がお世辞にもよろしくないので、ぼく勉の文系のように軌道修正するか、サブヒロイン登場に期待かなぁ。

でも私が読んでる週刊漫画誌、現状で序列を付けるとしたら、ヤンジャン>サンデー≒マガジン>ジャンプといったところ。

ヤンジャンは、かぐや様、推しの子、元気くん、少年のアビスが私の中では強すぎる。
バス江やオタサー姫など短いのも揃ってるし。
ただ休載が不定期にあるので、掲載号によっては当たり外れがでかすぎるのが痛いところではある。

サンデーは、あおざくら、魔王城、天野めぐみ、古見さんなど長くやってるのは基本全部好き。
新連載?(やんごとと池田)が酷すぎるのがアレだけど。

マガジンは、五等分やドメカノなど長くやってるのが抜けたのが痛い。
最初に探して読むのが(他はちゃんと頭から読むのに)ヒットマンと成れ果てって自分頭おかしいとしかw
カッコウはガリ勉女よりも許嫁か義妹に絞ってくれた方がいいんじゃが…。

ジャンプは、鬼滅、約ネバよりもハイキューが抜けたのがホンット辛い。
ぼく勉で桐須先生のターンが来るまで流し読みしかしてない感じ。

◆9/8◆
2年振りくらいにばーちゃんの家に行ってきたのだが、コロナ禍・正月でもGWでもお盆でもないド平日なもんだから、高速ガラガラでストレスフリーだった。

…にしても北海道の9月なのに真夏日って頭おかしくなるお。

◆9/7◆
ジャンプで磯兵衛描いてた仲間りょうの新連載が始まったんだが、内容が親バカ青春白書だった件。
いや、父だけじゃなく母も妹も飼い猫も高校生とかいう斜め上設定だったけどさ。

石の龍水がどえりゃーカッコ良かったです。このシーン早くアニメで見たい。

マッシュルの作者、みるみる絵が上手くなっててビックリな今日この頃。

◆9/6◆
アニソン総選挙があるのを知らずに前半見逃したーっ!
20位以内にうたプリの曲が入ってて、ゴールデンのお茶の間に『マジLOVE 1000%』の映像が流れたのかと思うと恥ずかしさで震えが止まらないw

10位からは見れたんだけど、6位にレールガンの曲が入ってたりして、どういった層の人が投票したのかが謎すぎる。
ツイッターとか他SNSで、アニソン総選挙あるからレールガンに投票しようぜ!って流れになったんじゃろうか?

そんなしょーもない妄想垂れ流し所感は置いといて、私の一番の関心事は『残酷な天使のテーゼ』と『紅蓮華』のどちらが1位・2位にくるかでした。

平成で一番カラオケで歌われた残酷な天使のテーゼが、去年たまたまアニメが当たったポッと出の紅蓮華に負けてるようじゃ日本終わってるだろと思った訳です。

まぁチャリに乗ってる時に思わず熱唱してしまうのは専ら紅蓮華なんですけどねー(マスクは装備しているぞ。あと人とすれ違う時はやらんぞw)

結果は1位が残酷な天使のテーゼで万々歳でした!歴史が違うのだよ歴史が。
ナレーションが石田彰だったのもナイスキャスティングだったぞ。

因みに好きなアニソンは?と訊かれたら、咄嗟に出るのは残酷な天使のテーゼだなぁ。対外的にも収まりが良いし。

ちょっと考えると、『This game(ノゲノラOP)』か『Redo(リゼロ1期1クール目OP)』で迷ったりもするんだけど。このみん大好きすぎかよw
…30位以内にかすりもしてなくて俺様超涙目。

ネット見てるとめちゃコミックとかのマンガの広告がガンガン入るんだけど、たまたま見かけた『青のオーケストラ』というマンガの無料配信分を読んでたら、うっかりハマってしまいそうな件。

丁度ライバルキャラが演奏するシーン直前で無料分が終わってしまって、このモヤモヤをどうしてくれよう!

仕方ないから裏サンデーに飛んで今配信している分を読んでみたんだが、キャラの関係性が分からないで最新読んでもダメって分かっちゃいるけど、演奏シーンの熱量がヤバイ。

私の書棚に音楽関連のマンガがまた増えそうな悪寒。

◆9/4◆
ゆづちゃま、早稲田卒業おめでとう~(*゚▽゚)/゚・:*【祝】*:・゚\(゚▽゚*)
大学の公式HPの主な卒業生欄に名前があるって事は確定でよろしいな?

図書館での文献や論文などの蔵書数が凄まじいらしく、与えられた課題をこなして単位を取るだけならどうとでもなるけど、文献などを読み漁りたいとか言ってたから、7年半で知識の泉を飲み尽くそうと、競技生活の傍らでコツコツ励んでいたのだろうなぁ…。

早稲田の会報でちょいちょいゆづちゃまのネタも載るらしく、早稲田卒の人が心底羨ましい。

会報大事に取っておいて、わしに全部譲ってくれる奇特な人はおらんかのぅ…(そもそも大学の会報取っておいてる人って居るんか?わしは全部読まずに捨ててるぞw)

◆9/3◆
《8月の読書備忘録》
『シアター!』有川浩

7月に読んだ本がイマイチ続きだったのですが、コレは久方振りに大当たりでした!

冒頭の主人公・司と巧兄弟の幼少期からがっつり引き込まれてしまう掴みで、昨今本を読もうにもエンジンが掛かるまで数十ページを要し、碌に頭に入っていない冒頭だけ読み直す体たらくだったワタクシですのに、その冒頭僅か数ページでこれは当たり本だ!と確信が持てるくらいでした。

自閉気味な弟・巧の独り遊びの世界に付き合ってきた兄の司は、幼いながらも弟・巧の行く末を案じていたのだが、全く売れない演劇青年の父の伝手で巧が劇団に入ると、巧の閉じた世界に扉が開き、どんどん演劇の世界にのめり込み才能を開花させてゆく。

十数年が経ち、巧主宰の劇団“シアターフラッグ”は、どんぶり勘定のなあなあな運営で300万もの借金を抱え、半数の劇団員に逃げられ路頭に迷っていた。
巧は物語を紡ぐ才能には長けているのだが、経理をはじめとした経営はてんでダメっ子なのだ。

そこへ兄・司が巧に借金を肩代わりする救いの手を差しのべるのだが、司が突きつけた条件は非情なものだった。

2年以内に劇団の純益だけで300万の借金を返済しろ。
さもなくば劇団を畳め、と。

無理ゲー気味な条件に涙目の巧の前に、更なる救いの女神が現れる。
子役時代からプロとしてならしてきた人気声優・羽田千歳(冗談みたいな名前だが本名らしい)が、シアターフラッグに入りたいと申し出てきたのだ。

千歳という強力なカードを手にした、シアターフラッグ再起の物語が始まる…。

とにかく兄弟をはじめ劇団員たちのキャラがものっそ立っていて、元々魅力的な人物描写に長けている有川氏ですけど、軍要素などお堅い要素が無い分、物語がいつにも増してスッと頭に入ってくる。面白!

初回公演を終えて確かな手応えを感じた所でいったん幕を引いたのですが、続刊があるだなんて~!うれちー!

『シアター!2』
家にあったのは『もう一つのシアター!』だったのですけど、そで部分に2巻も出てることが発覚し、大急ぎで図書館に駆け込むことに。

1巻は司と巧兄弟に徹底的にスポットが当たっていたのですが、2巻は劇団員たちの関係性やそこに渦巻く恋心などが明らかになってきて、2年というタイムリミットの一歩手前で終わるのがなんとももどかしい。

このシアターシリーズは角川のラノベ扱いなので、カラーページに劇団員の紹介があり、付けられたあだ名(あだ名を付ける担当も居る訳で)込みでホント分かりやすい。

小劇団の内情なども垣間見れてそれも楽しい。

わしが小中学生だった時でも絶対読書感想文書いてると思う。こんなしょっぱい文だけども。

『有川浩脚本集 もう一つのシアター!』
シアター!2の中で、ほんの数行サラッと高校で客演したというエピソードを、舞台用に膨らませたものです。

しかもその高校というのが、3匹のおっさんシリーズで私が一番好きなキャラの祐希(キヨの孫)が通う高校で、祐希もゲスト出演しています。

脚本という体なので台詞とト書きが殆どですが、註釈が各章に付いていて、それを照らし合わせながら読むと思ったより時間が掛かりました。

声優・羽田千歳は子役から演っててキャリアが長いって事で、私は勝手にざーさん(花澤香菜)辺りを想像していたのですが、有川氏によると図書館戦争で柴崎役を演って、それ以来交友のある沢城みゆきがイメージだったようです。

3巻は未だに出ておらず、早く完結編が読みたいですわ。


というわけで、こんな感じに随時書き足しますが、書き足す場合は読みやすいように、上の方にどんどん追記しますわ。

以上です。ご静聴ありがとうございました!